仕事にいく前に、自分の中の仕事を終わらせる。【小さな成長1626】

スポンサーリンク

何かやりたいことがあるなら、スピードアップが大事です。

スピードを上げるには、朝から始めることです。

夜まで先のばしにしていると、はかどりません。

朝起きたら、仕事を始めましょう。

朝仕事にいく前に、自分の中の仕事を終わらせることです。

「もう少し寝たいな」という気持ちに、負けないことです。

仕事にいく前に始めてしまえば、軌道に乗ります。

始めないと、一日はすぐに過ぎます。

定時に始めるのは、大事です。

自分の意志でやっていることは、続けるのが大変です。

さぼっても、誰も注意はしてくれません。

自由なだけに、続けるには自分でモチベーションを上げていくしかありません。

眠たくても、時間がきたら仕事にいくように、自分がやろうとしていることも、時間がきたら強制的にやっていくことです。

朝やらないで、夜やろうと思っても、眠くてできません。

「朝やっておけば良かった」と、がっかりすることになります。

朝始めてしまえば、動き出します。

少ししかできなくても、朝やる習慣をつけることです。

朝やってしまえば、楽なのです。

始めることで、やることは次から次へと出てきます。

止まると、次が出てきません。

切りのいいところまで、一気にやってしまいましょう。

目が覚めときは、眠いです。

眠いですが、ベッドから出てしまえば、目は覚めます。

机に座って、すぐに始めてしまいましょう。

机に座ってしまえば、目は覚めるのです。

■成長するために<1626>
朝のうちに、仕事を終わらせよう。

普段やっていることを速くやれば、自然とモチベーションは上がる。【小さな成長1456】

普段の生活の中で、緊張することをやってみましょう。

緊張と言っても、挑戦となると力が入ってします。

普段しないやり方でやってみることです。

やり方を変えると、緊張します。

どきどきします。

一回考えてからやっていることを、考えないでやると緊張できます。

普段より速い分、ひやひやします。

一度、勢いよく仕事をしてみることです。

即決即答をしてみると、いつもとちがう感覚です。

「速いからまちがえてもいい」ということではありません。

正確さが、第一です。

正確に速く、やってみることです。

そうすると、何年もやっている仕事でも、見え方がちがってくるのです。

「毎日がつまらない」と思ってしまうと、新たな発見ができなくなります。

輝いている人は、毎日やっている同じことで、新たな発見をしているのです。

仕事を「やらされている」と考えてしまうと、思考が停止してしまいます。

自分から仕事をした方が、前向きになれるのです。

モチベーションを上げるのは、難しいことではありません。

速くやることです。

速く仕事をすると、次の仕事がちゃんとやってくるのです。

次の仕事も、速くやる。

正確にやらないと、次の仕事はきません。

ゆっくりやっていても、新たな仕事はきません。

正確に速くやっていくことで、二回目三回目の仕事がやってくるのです。

仕事が速い人は、量もこなしています。

速く量をこなすことで、次のチャンスがくるのです。

まずは、いつもの仕事を速くやってみることです。

速度を上げれば、毎日は変わるのです。

■成長するために<1456>
つまらないと思う仕事を、誰よりも正確に速くやってみよう。