喧嘩するほど仲がいいというのは嘘である【小さな成長2942】

無理に、コミュニケーションしないことだ。

コミュニケーションしなければいけないということは、相手を信頼していないということ。

喧嘩するほど仲がいいのかどうか、よく考えてみることだ。

もし、本当に喧嘩するほど仲がいいのなら、1年中喧嘩している家族はとても仲がいいということになる。

実際は、1年中喧嘩している家族は、仲が非常に悪い。

喧嘩は、いわなくていいことをいってしまう。

相手に、いわせなくていいことをいわせてしまう。

いわせなくていいことは、いわせる必要などない。

喧嘩しそうなときは、何もいわないことだ。

思ったことは一切口にださない。

ふくれっ面になりそうなときは、笑う。

笑って、何もそれ以上いわないことだ。

■成長するために<2942>
いわせなくていいことは、いわせないようにしよう。

家族は他人と考える。イライラは家族を破壊する【小さな成長2941】

家族は他人と考えることだ。

仕事で大変だったこと、今まで苦労しないつもりでも苦労したこと、本音を話したり愚痴をいったり家族についしてしまう。

家族なんだからと考えてしまう。

社会の中で我慢している分を、家族にぶちまけてしまう。

会社で我慢した分家族に当たり散らしていては、家族は幸せでなくなる。

イライラは、家族を破壊する。

家族、家庭はすべての礎。

家庭がぎくしゃくすれば、仕事にも身が入らなくなる。

そうなると、家族家庭にさらに八つ当たりという悪循環。

家庭内に不平不満をぶちまけていては、幸せになれるはずがない。

家族や家庭に不平不満をいわないことだ。

家族を他人と考える。

他人に不平不満をぶちまけることはそうそうない。

友達にも不平不満をいってはいけない。

友達に不平不満をいえば、友達の家族、家庭を壊すことになる。

家に帰ってきてまで、我慢したくないという。

家族に八つ当たりしてはいけない。

家族への八つ当たりこそ、我慢しなければいけないのである。

家族に八つ当たりすれば、家族は崩壊する。

家の中に、外でのイライラを持ち込まない。

イライラした状態のまま、家に戻ってきてはいけない。

ストレス発散は、家族や友人とやってはいけない。

1人でストレス発散はやる。

家族や友人には何も話さず、1人で風呂や温泉にでも入って、ストレス発散をすればいいんだ。

■成長するために<2941>
家族や友人の前では、絶対にイライラしないようにしよう。

腹が立ったら口を開く前に寝る【小さな成長2937】

喧嘩になる前に寝る。

腹が立ったら、口を開く前に寝る。

腹が立ったら、話す前に寝る。

腹が立ったら寝るのが一番。

腹が立っているときに話したら負けである。

相手を立てておけばいいんだ。

腹が立ったら、笑い飛ばす。

笑ってんじゃねえっといわれても、笑っておく。

自分が一番キレやすい時間帯を知ることだ。

自分は、どういう時にもろいのか。

自分を知るのは、簡単なようで難しい。

頭で考えているのと、実際やることは違う。

追い込まれているときに、素の自分が出る。

■成長するために<2937>
追い込まれているときは、我慢しよう。

疲れを癒やす発想をやめる【小さな成長2935】

「このページはフィクションである。実在の人物や団体などとは関係ない」

1日1つにすることである。

1日1つにする。

1日1つできなくてもいい。

1日にたくさんはできない。

1日に10も20もやろうするから疲れる。

1日1つと決めると、断ることを覚える。

断ることを覚えると、自分を守ることができる。

疲れた疲れたといっている奴は、自分は仕事はできないし自分は断ることができない意志がない人間だといっているようなもの。

疲れることを、やめることだ。

疲れることが好きな奴に、仕事は任せられない。

疲れれば、何かやった気になる。

しかし、実際は何も前進していない。

疲れることを前提にしている奴とは、話が合わない。

疲れを癒やしてくださいといわれても、疲れるためにわざわざ来たのではない。
■成長するために<2935>
疲れを癒やす生活をやめよう。

上司を立てながら新たな提案をし毎日楽しく仕事をすることを考える【小さな成長2790】

仕事が楽しくなくなるというのは、もったいない。

楽しく仕事をしましょう。

どこの職場にいってもムカつく上司というのはいて、仕事を早くやっていても文句を言われます。

何だコイツと思うことはたくさんありますが、そういうヤツともうまく付き合っていかないといけない。

上司が気に入るような仕事をやってあげることです。

どういう仕事のやり方だってできるのです。

聞く人聞く人言うことが違うというのは、人それぞれこういうふうにしたいというのがあって、大きなルールがないのなら、自分のルールを優先させたいのです。

上司も同じです。

自分がこうだと思うルールを部下に押し付けたいのです。

そういう上司とケンカをしていても時間がもったいない。

時間を有効に使うには、面倒な言い合いは避けることです。

上司の言うやり方で、まずは結果を出してあげましょう。

上司の言うやり方でまずは結果を出して、その上でもっと効率のいいやり方を提案しましょう。

最初から上司のやり方を全否定してしまうと、上司がヘソを曲げてしまうのです。

上司がヘソを曲げてしまうと、対立ばかりで仕事が面白くなくなります。

上司を立てながら、上司のやり方で結果を出してあげて、その上でこういう方法もどうですかと新たな提案をしていく。

上司に相談しないでいきなり新しい方法で仕事を始めると、上司はびっくりしてこれは何なんだという事態になってしまう。

提案して却下されても気にしないことです。

却下されるのは理由があるのです。

こういう理由があるからダメというのがあります。

ならこういうのはどうでしょうとさらなる提案をしていく。

上司とケンカをしていても疲れるし、毎日の仕事が面白くなくなります。

上司を立てながら新たな提案をして、毎日楽しく仕事していくことを考えていくのです。

■成長するために<2790>
新たなことを始める前に、提案しよう。