愚痴をやめると、集中力が上がる。【小さな成長905】

スポンサーリンク

時間を、意識しましょう。

やらされている状況から、自分でやる状況へ変えましょう。

自分でやるようにすると、取り組み方が変わります。

「よし、15分で終わらせるぞ」と、始めます。

21分に始めれば、36分に終わりです。

暗算力もつきます。

スタートしながら、時計を見て素早く計算です。

時間を区切ると、頭が刺激を受けます。

気持ちが変わります。

集中します。

普段、時間を意識していない時よりも集中していることが分かります。

頭が回転していることが分かります。

頭に浮かんだことを、すぐに書き出します。

手をとめないことです。

手をとめると、頭の回転もとまります。

手がモーター替わりです。

手を高速で動かして、頭を回転させましょう。

集中力の上げ方を、学ぶことです。

集中力のある人は、文句を言いません。

文句や愚痴は、集中力を下げます。

愚痴をやめると、集中力が上がります。

仕事の終わり間際に、面倒くさい仕事がきます。

この時に、嫌な顔をするのをやめてみることです。

逆に、「面倒くさいことを引くぞ」とワクワクしてみることです。

本当に面倒くさい仕事を引いて「よし」と気分をのせるのです。

集中力が上がります。

集中しているので、スラスラ解決策を提案することが出来ます。

集中しているから、頭が高速で回転してくれます。

お客様にも「本当にありがとうございます」と、大感激してもられます。

「面倒くさい」と思うから、余計に時間がかかるのです。

嫌々やると、時間貧乏になるのです。

■成長するために<905>
「面倒くさい」ことをニコニコやって、時間を手に入れよう。

少し掃除をしたら、寝る。【小さな成長365】

仕事から帰って来て少しでも家の掃除をしたら、寝てしまいましょう。

眠い目をこすりながら、さらに仕事をしようとしても、眠いだけです。

仕事はうまく進まないし、寝ながらしているので失敗します。

余計なところをいじってしまって、元に戻らなくなってしまうのです。

■成長するために<365>
「寝るのがもったいないなあ」と思っても、寝よう。

これまでの仕事に、さらに力を入れる。【小さな成長66】

新しいことを始めるときは、いままでしていたこともできるだけ続けていくことです。

新しいことは、うまくいくことよりもうまくいかないことの方が多いです。

いままでしていたことをやめてしまうと、新しく始めたことがうまくいかなかったときにあせることになります。

あわてて、いままでしていたことをもう一度始めようと思っても、すでにできない状態になっています。

不景気で仕事自体がなかったり、新しい人が補充されていて自分の居場所がなくなっていたりします。

「仕事をもらえませんか?」とたずねていっても仕事はありません。

「困ったときだけ仕事をくださいだなんて、虫がよすぎるんじゃないの」といわれてしまいます。

毎日仕事をもらう努力をしておけば、嫌味をいわれずにすみます。

面倒くさい仕事も進んで引き受けておけば、いざというときに考慮してもらえる可能性が増えます。

新しいことを始めるときは、いままで以上に、いままでの仕事にも力を入れることが、大切なのです。

■成長するために<66>
忙しくなってきたら、いままでしていた仕事の量も増やそう。

お客様と将来の夢を語り合える関係を築いていく。【小さな成長39】

お客様と、お酒を飲みに行ける関係は素晴らしいです。

決して、接待ではありません。

お客様を、会社の忘年会にお呼びできることは、すごいことです。
Continue reading “お客様と将来の夢を語り合える関係を築いていく。【小さな成長39】”