好きなことができない状態に追い込んではいけない。好きなことができない状態は人間をおかしくする【小さな成長3082】

好きなことが、時間を気にしないでできる。

そういう状態に、体を壊した時になる時がある。

体を壊すと普段と違う状態になる。

皮肉にも、体を壊した時に自分の好きなことができる。

毎日は、やりたくもないことをして生き、そのせいで体を壊し、好きなことができる。

何ともおかしな状態だ。

体は、体を壊すとつらいことはつらいが、自分の体というものを体を壊した時に知ることができる。

体は、普段は何も言わない。

つらいとか痛いとかは言わない。

体を壊した時に、自分の体が生きているのか知る。

生命ということを、今はコンピューターが、同じようなことをしようとしている。

しかし、まだ、二足で立って、人間と同じように仕事をしているコンピューターは見たことがない。

私が生きている間に、そういうコンピューターと出会えるかどうかというのも楽しみの一つだ。

もしかすると、もう出会っているのかもしれない。

相手がコンピューターと分からないくらい、実は技術は進んでいるのかもしれない。

今皆が普通に使っているスマートフォンも、30年前では想像もつかなかったことである。

こういうことも、体を壊した時にふと考える。

体は壊さないに越したことはない。

できることなら、体は壊したくはない。

体を壊した時にしていることを、普段からやっていくことだ。

自分が好きなこと。

自分が好きなことは、体を壊した時に再確認できる。

好きなことを考えるというのは、とても大事である。

人を恨んだり憎んだりというのは、嫌なことばかりやっていると、人間は恨んだり憎んだりする考えに覆われる。

人を恨んだり憎んだりしてもいいことは何もない。

嫌なことをやめることができればいいが、やめられないという状況になる。

嫌なことをやめられない状況になると人はおかしくなる。

おかしくなっているということに気づけなくなる。

ひどい状態なのは、体を壊しても嫌なことを休めないという状態。

休めない状態は、つくらないことだ。

もっと休めばいい。

休んで自分の好きなことをする。

好きなことをすれば、救われるのである。


■成長するために<3082>
好きなことができないほど、自分を追い込むのはやめよう。

急ぐと失敗し余計に時間がかかる。休んで体の疲れを取る。体の疲れを取り好きなことを再開する【小さな成長3079】

中休みというのは大事である。

体は、疲れていないと思っていても疲れている。

無理はしないことである。

無理をして体を壊しては、好きなことができなくなる。

無理をせず、寝る。

立ったまま、座ったままでは体は休まらない。

横になって寝て、体を休める。

短期間で結果を出す必要があるが、ビジョンは遠くへ置く。

急ぐと失敗して余計に時間がかかる。

急ぐとしなくていい失敗をして、リカバリーに時間が取られる。

急がずに休むことだ。

好きなことで急いで結果を出したい。

そういう時でも休んで体の疲れを取ってから好きなこと再開する。

疲れたまま続けては長続きしない。

■成長するために<3079>
好きなことでも、休もう。

好きなことを頑張るのは禁物。一旦中休みを挟んで、再開する【小さな成長3078】

好きなことをスタートしていく。

好きなことを形にするには時間がかかる。

一瞬でできるような魔法はない。

思ってもすぐに始めないというのはいい。

時間をかける。

時期を待つ。

好きなことをする時には、頑張るのは禁物。

頑張るといいことはない。

中休みを入れて、ぼちぼちやっていく。

疲れるほど頑張ると、失敗する。

面倒くさい失敗はしないに限る。

休んで、それからまた再開する。

■成長するために<3078>
一旦、中休みを入れよう。

一つに集中する。どうでもいいことに神経は使わない【小さな成長3075】

のんびりというのはいいものだ。

待ち合わせものんびりする。

見知らぬ土地見知らぬ場所。

どうでもいいようなことは忘れる。

自分がいつも見る景色とはまったく違う景色。

過ごしやすい季節になった。

いろいろなことを考えるというのは疲れる。

いろいろなことを考えてもどれも実はどうでもいいようなこと。

一つを成功させる。

一つに集中する。

いろいろなことを考え始めたら全部やめる。

全部やめにして、一つのことに集中する。

一つを短期間に集中してやる。

一日の中で集中してやる。

集中してやったあとはのんびりする。

いろいろなことを考え始めるとのんびりしている暇がない。

どうでもいいようなことに神経を使わないことだ。

■成長するために<3075>
全部忘れよう。

何も考えない。ぼーと一日を過ごす【小さな成長3048】

ぼーとする時間というのは大事だ。

何も考えないでぼーとする。

やることを増やさない。

やることを減らす。

昼寝もいいだろうしうとうとするのもいい。

何も考えない。

予定を立てない。

掃除くらいはいいんじゃないかとも思うし、といっても特に何もないから掃除もすぐに終わる。

疲れ過ぎは良くない。

ぼーとして疲れを取る。

脳を休ませるにはどうすればいいのか。

そんなことを考えているとぼーと出来ないから考えない。

■成長するために<3048>
何も考えない日をつくろう。