体の疲れを取る。好きなことは体の疲れを取って始める【小さな成長3135】

ぼーと一日を過す。

ひたすら一日寝る。

とにかく寝る。

寝て新たに好きなことをスタートする。

自分の好きなことを徹底的にする。

休んでリフレッシュし自分の好きなことを徹底的にやる。

休んで好きなことを再確認する。

疲れてくるといろいろなことを考え始める。

いろいろなことを考えるのは疲れているから。

いろいろなことを考えている時は、体を休めることだ。

寝て体の疲れを取る。

疲れていないと思っても疲れている。

十分体を休めることだ。

■成長するために<3135>
体の疲れを取って、好きなことを再開しよう。

何もしない日。何もしないで一日を過す【小さな成長3134】

疲れている時というのがある。

疲れは、疲れていないと思ってもたまっている。

疲れている時は休む。

たまには休みをつくる。

何もしない日をつくる。

思っていなくても疲れている。

何もしないでぼーとする。

細かなことが気になる時は疲れている時。

細かなことは何もしない。

全部リセットしたいと思う。

時間をかけるというのはいいのか悪いのか。

何もしない。

反応しない。

独りになる。

一日ぼーとする日が最近なかったなと思う時がある。

三ヶ月はすぐに経つ。

ダラダラと一日を過ごす。

あっという間の三ヶ月。

休んで寝る。

時間を気にしないで寝る日をつくる。

■成長するために<3134>
何もしないで一日を過ごそう。

心が安定している時に心を鍛える。心が安定している時に異質なことにも慣れる【小さな成長3133】

心の安定は大事だなと思う時がある。

心が不安定になると、いろいろなことに振り回される。

今、心が不安定になっていると感じる時は静かにしている。

心が安定している時に挑戦し心を鍛える。

心が安定している時は、気にならない。

心が不安定になると気になる。

気にしなくていいことが気になる時は、心が不安定になっている。

心が不安定と感じる前に休む。

心が不安定と感じる時は、すでにかなり疲れている。

睡眠は欠かせない。

シャワーも大事である。

シャワーだけではなく、湯船につかることもたまにはする。

いつも同じことをしていると、実は心は不安定になる。

いつもと同じで、変化がない。

変化がないと変化に弱くなる。

同じ環境でばかり生活していると異質なことを受け入れなくなる。

異質なものを受け入れず排除しようとする。

異質なものと共存しないで避けるようになる。

心が安定している時に、心を鍛える。

心が安定している時に、異質なことにも慣れる。

■成長するために<3133>
心が安定している時に、違うこともしよう。

疲れている時は人と関わらない。疲れている時に人と関わると関係が悪化する【小さな成長3118】

疲れている時は人と関わらないことだ。

疲れている時に人と関わると関係が悪化する。

疲れている時に人と関わると、しなくていい喧嘩になる。

疲れている時に人と関わると、言わなくていいことを言うことになる。

疲れている時は、独りで静かにしていることだ。

関係を修復しよう何ていうことはしないことである。

疲れている時に関係を修復しようとすれば、ますます関係は悪くなる。

体が疲れてくると、やる気もなくなる。

体が疲れている時は鈍感になることが大事である。

体が疲れてくると、精神も疲れてくる。

精神が疲れてくると、悪い方向へ物事を考えるようになる。

疲れている時は、喧嘩も起こる。

疲れというのは簡単には取れない。

疲れてくると悪い面ばかり見える。

疲れている時は、何も言わないことだ。

疲れている時は、何もしないことだ。

疲れている時は、疲れを取ることも大事だが、誰とも関わらないというのが大事である。

疲れている時は、独りでいることだ。

疲れている時は、独りになって静かに過ごすことだ。

■成長するために<3118>
疲れている時は、独りでいよう。

好きなことができない状態に追い込んではいけない。好きなことができない状態は人間をおかしくする【小さな成長3082】

好きなことが、時間を気にしないでできる。

そういう状態に、体を壊した時になる時がある。

体を壊すと普段と違う状態になる。

皮肉にも、体を壊した時に自分の好きなことができる。

毎日は、やりたくもないことをして生き、そのせいで体を壊し、好きなことができる。

何ともおかしな状態だ。

体は、体を壊すとつらいことはつらいが、自分の体というものを体を壊した時に知ることができる。

体は、普段は何も言わない。

つらいとか痛いとかは言わない。

体を壊した時に、自分の体が生きているのか知る。

生命ということを、今はコンピューターが、同じようなことをしようとしている。

しかし、まだ、二足で立って、人間と同じように仕事をしているコンピューターは見たことがない。

私が生きている間に、そういうコンピューターと出会えるかどうかというのも楽しみの一つだ。

もしかすると、もう出会っているのかもしれない。

相手がコンピューターと分からないくらい、実は技術は進んでいるのかもしれない。

今皆が普通に使っているスマートフォンも、30年前では想像もつかなかったことである。

こういうことも、体を壊した時にふと考える。

体は壊さないに越したことはない。

できることなら、体は壊したくはない。

体を壊した時にしていることを、普段からやっていくことだ。

自分が好きなこと。

自分が好きなことは、体を壊した時に再確認できる。

好きなことを考えるというのは、とても大事である。

人を恨んだり憎んだりというのは、嫌なことばかりやっていると、人間は恨んだり憎んだりする考えに覆われる。

人を恨んだり憎んだりしてもいいことは何もない。

嫌なことをやめることができればいいが、やめられないという状況になる。

嫌なことをやめられない状況になると人はおかしくなる。

おかしくなっているということに気づけなくなる。

ひどい状態なのは、体を壊しても嫌なことを休めないという状態。

休めない状態は、つくらないことだ。

もっと休めばいい。

休んで自分の好きなことをする。

好きなことをすれば、救われるのである。


■成長するために<3082>
好きなことができないほど、自分を追い込むのはやめよう。