口の悪い老人に腹を立てない。腹を立てるより受け流す【小さな成長3179】

スポンサーリンク

老人に優しくする。

老人というのは、いろいろな人がいる。

優しい老人もいるが、口が達者で口の悪い老人もいる。

いろいろな老人がいるが、老人に優しくする。

老人に腹を立ててもいいことはない。

ある程度冷めて優しくすることも時には必要だ。

老人が言うことに、いちいち腹を立ててはいけない。

老人が言うことに腹を立てているうちは老人の相手にはならない。

腹を立てているうちは、いろいろなことに振り回される。

腹を立てるというのは、心が乱れているから。

腹を立てるというのは、余裕がないから。

■小さな成長<3179>
腹を立てるより余裕でいよう。

普段から感じよくは、捨てたもんじゃない【小さな成長2923】

感じ悪くしても、いいことなんてたいしたない。

しかし、同じ世界で同じ職場で毎日同じことを繰り返していると、どんどん感じ悪くなっていく。

なんでどうしてなぜが増えていく。

そういう自分が感じ悪くなっていく世界に、いつまでもいてはいけない。

感じ悪くならないように、感じよくしなきゃというのは、非常に疲れる。

職場では、感じの悪い奴が持て囃される。

普段感じの悪い奴が、たまに感じがいいと、あいつって意外と感じいいじゃんとなる。

普段感じのいい奴が、たまに感じ悪くなると、何あいつ実は感じ悪いじゃんとなる。

職場では、感じのいい奴は、損である。

ただ、だからといってわざわざ感じ悪くすることもない。

わざわざ感じ悪くしないと人間関係が面倒くさい世界は辞めるといい。

感じの悪い奴が、ちやほやされると嫉妬するわけである。

だが、考えてみるといい。

知らない土地で初めて出会う人に、感じ悪くできるか。

せっかく旅に出て、わざわざ感じ悪くして気持ちが弾むか。

職場で、普段感じの悪い奴は、そもそも持っているものは感じがいい部分かもしれない。

しかし、初めての出会いで自分の気持ちが充実するのは、普段感じよくを心がけている人間である。

初めての土地で、感動の出会いがある。

そういう時に、最高の笑顔ができるかどうか。

初めての出会いは、最初で最後である。

一生の記憶に残る出会いがある。

普段から、初対面で感じよくを訓練していないと、いい出会いで活かせないのである。

■成長するために<2923>
堂堂と普段から、感じよくしよう。

毎日使うものは同じものをもう1つか2つ買って大事に使う【小さな成長2833】

便利なものは使いましょう。

部屋の掃除をする時も便利なものを使いましょう。

百均へいくと100円でコロコロが売っています。

床の掃除を手軽におこなえるようにしましょう。

百均へいって便利そうなものを見つけた時に、あれもこれもとカゴに放り込まないことです。

カゴの中にポンポン放り込んだものは結局使わないのです。

いいなと思っても1日考えてみましょう。

冷静に考えると使わないというのはよくあることです。

100円だからといって無駄に買わないことです。

ずっと考えていてこれは使えると思って、実際に1つ買ってみて思っていたように使えると100円でも長い間使えます。

百均で便利なものを見つけたら毎日使うようになります。

100円で毎日使える便利グッズを見つけられるとうれしいものです。

毎日使えるものを見つけたら、同じものを2つか3つ買い揃えて、休ませてあげる日をつくりましょう。

毎日使ってしまうとすぐ壊れてしまいます。

1日使ったら1日2日休ませてあげて、もう1つのものを使う。

百均のものでも丁寧に使えば長持ちします。

気に入ったものは同じものをもう1つか2つ買ってきましょう。

いいものはいくつか買ってきて、大事に使えば長く使えるのです。

■成長するために<2833>
気に入ったものを、もう1つ買ってこよう。

一人になって、リフレッシュする。【小さな成長1378】

優しくなるには、余裕が大事です。

余裕がないと、優しくなれません。

修羅場をくぐってきている人は、優しいのです。

優しくなれないときは、自分に余裕がないんだと反省しましょう。

優しくなるには、手が離せないときに気をつけることです。

Continue reading “一人になって、リフレッシュする。【小さな成長1378】”