寝る。とにかく寝る。とことん寝て目指す好きなことの行動を開始する【小さな成長3223】

スポンサーリンク

自分がイメージしていることを実現するにはどうすればいいのかと思う時がある。

簡単に思っていることは実現しない。

思っていることを試していくというのは大事なのだが、思っているうちに月日は流れる。

一年365日は早い。

一日は24時間。

寝る時間に6時間くらい。

寝る時間というのは、快適に生活していくのになくてはならない時間。

寝ることで、翌日の行動へつなげることができる。

寝ることで、イライラやいざこざを回避できる。

イライラしたりもめごとになったりしては、せっかくの毎日がもったいない。

ただでさえ、年々月日の流れが早くなっていくのだから、自分の心が嫌な思いをする時間をつくってはもったいない。

快適に明日の挑戦へつなげるには寝る。

気分が乗らないなら、とにかくたくさん寝る。

とことん寝る。

好きなだけ寝れば、あとは行動するのみである。

なかなか行動できないなら、まだ寝足りないんだ。

自分の体が欲するだけ寝ると良いんだ。

■小さな成長<3223>
とことん寝て、好きなことを再開しよう。

好きなことを徹底的にやる。独りになってさらに高みを目指す【小さな成長3199】

うまくいかないというのはそういうものなんだ。

うまくいかなくても気にしない。

うまくいかなくても、好きなことをする。

好きなようにする。

仕事というのは、わざわざ速くなることはない。

速いとそれだけこき使われる。

お前は仕事が遅いと言われるくらいが丁度いい。

あまり仕事が速くなると、どんどん仕事をふられて散々な目に合う。

仕事何か速くなる必要はない。

仕事が速くなってもろくなことはない。

仕事が速くなっても、もらえる給料は変わらない。

ちんたらやっていても速くやっていても、もらえる給料は同じだ。

仕事何か真面目にやっても損。

つまらない仕事は、さっさと切り上げて遊びに行くことだ。

好きなことをしていると、知り合いが増える。

この間も会いましたねということがよくある。

好きなことをすることだ。

思い切り引きこもった後は外に出る。

人とのコミュニケーションは面倒くさいが、面倒くさいことにも慣れる。

好きなことをやっていると、コミュニケーションもうまくなる。

深く関わらないというのは、自分の好きなことを好きなだけやる秘訣だ。

人と深く関わっても、大したいいことはない。

この人面倒くさいなと思う時がある。

面倒くさい人というのは面倒くさい人なのだから関わらない。

好きなことを徹底的にやる。

自分の好きなことを徹底的にやる。

諦めることはない。

最初は誰でもうまくはない。

最初はうまくはないが、続けていくとうまくなる。

好きなことならなおさら上達は早い。

好きなことを諦めないことだ。

好きなことはやっていて楽しい。

自分だけの時間。

自分だけの空間。

好きなことをする時は独りである。

独りの時間。

独りの時間がある人は生き生きしている。

今からでも遅くはない。

独りの時間を持つことだ。

■小さな成長<3199>
独りになって好きなことのさらに上を目指そう。

体を動かす趣味を持つ。汗を流したあとのシャワー。心が喜ぶ気持ちのいいシャワーを浴びる【小さな成長3155】

プライベートが充実すると毎日が楽しくなる。

趣味を持ち興味のあることをする。

仕事ばかりしていると家に帰って寝るだけのつまらない人間になる。

趣味があると、知り合いも増える。

仕事何かを生きがいにしてはいけない。

趣味があるとプライベートが充実する。

汗を流す趣味を持つことだ。

夏なわけだし外で体を動かし気持ちのいい汗を流さないともったいない。

好きなことで体を動かし汗を流すというのはとても気持ちがいい。

好きなことで体を動かし汗を流すと自分の心が喜ぶ。

どうしても、どんよりした曇ったところにも行かなければいけない時がある。

趣味を持つ。

趣味があると、趣味で人との関わりも増える。

趣味があると行動範囲も広がる。

行動範囲を広げることだ。

どんよりしたところにいる時間が増えると、自分の心もどんよりする。

行動範囲が狭くなると、毎日同じところにいることになる。

毎日同じところにいると心がどんよりになる。

一箇所に留まっていると空気が淀む。

汗を流す趣味を持ち、どんよりした空気を浄化する。

汗を流したあとはシャワーが気持ちいい。

気持ちのいい汗を流し、心にも気持ちのいいシャワーを浴びさせてあげることだ。

■小さな成長<3155>
心も気持ちのいいシャワーを浴びよう。

寝て食べて働くを充実させる。うまくいかないときには【小さな成長2995】

自分の好きなことを続けていくには、休息や食べ物が必要である。

車も、メンテナンスしないと壊れるし、燃料がないと走らない。

人間も、毎日寝ないと動けないし、食わないと力が出ない。

好きなことをするには、毎日の睡眠や食は欠かせない。

腹が減っていては、やる気もでない。

腹いっぱいに食べることはない。

疲れたときは、休憩がいる。

休憩しないで、8時間ぶっ通しでは倒れはしないまでも、ふらふらする。

もしかすると、本当に倒れる。

4時間連続で働くのも無理がある。

毎日続けるには、毎日安定した生活がいる。

普通に寝て普通に食べて普通に働く。

当たり前のことなのだが、当たり前のことが当たり前にできないときがある。

いろいろことを試しても、うまくいかないときがある。

そういうときは、基本の寝る食べる働くを充実させることである。

■成長するために<2995>
寝て食べて働こう。

いつもの店でいつもと違う席に座る【小さな成長2977】

壁というのは意外といいと感じた。

壁と言っても、困難を乗り越える壁ではなく目に見える目の前の壁のことである。

クラシック音楽が流れている。

店内には、ボックス席、カウンター席、テーブル席などいろいろある。

今日は壁に向って席につく。

目の前には壁。

壁には絵が描かれている。

この絵は誰が描いたのか。

いつも入る店でも、気づいていなかったことがある。

■成長するために<2977>
いつもの店で、新たに発見しよう。