敗者の言葉「やっても無駄」。行動力をなくさず挑戦する。無駄かどうかはやってみなければ分からない【小さな成長2999】

スポンサーリンク

自分が挑戦し失敗した。

現実を思い知る。

やっても無駄と諦める。

諦めると行動力がなくなる。

挑戦しなくなる。

行動力をなくさないことだ。

挑戦することだ。

無駄をしないようにしようとすると、行動力がなくなる。

わざわざ無駄なことをすることはないと思うときがある。

「無駄かどうかは、やってみなければ分からない」

約15年前、20代後半の頃、20代前半の女性に言われた言葉である。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

仕事を一通りこなすと、やっても無駄と感じることがある。

自分がやって失敗した。

失敗の経験があると、やっても無駄と切り捨てる。

その女性に「やっても無駄だよ」と言った。

「無駄かどうかなんて、やってみなければ分からないじゃないですか」

と言い返された。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

自分の失敗を、人に押しつけてはいけない。

人生を賭ける挑戦をし、戦いに敗れる。

同じ道を辿ろうとする若者に、お前らにできるわけないだろと言う。

私も19歳になろうという年に、40代の敗者に言われた。

「やっても無駄だ」

「お前らにできるわけないだろ」

自分ができなかったことを、若者に偉そうに言ってはいけない。

その40代の敗者は、旧帝国大学で博士までとった成功者である。

博士をとり、さあこれからという段階になり、戦いに敗れた。

自分の才能の無さを思い知る。

現実は、そんなに甘くないということを知る。

上には上の秀才がいる。

信じられない頭脳を持つ天才がいる。

現実を知り、挫折する。

負け組。

負け組、敗者。

敗者のままではいけない。

敗者なら敗者らしくしていることだ。

これからという若者に、戦いに敗れた敗者が分かったようなことを言ってはいけない。

やっても無駄というのは、行動力を失った敗者の言葉なのである。

■成長するために<2999>
20年前敗れたことに、再挑戦しよう。

本に書いてあることも18年19年くらい経つと分かってくる【小さな成長2924】

最近、驚くことが増えた。

驚くといっても、びっくりするという単純なことではない。

18年前、いや19年前か。

その頃、本を読んで、感じたこと、これは今までの自分の考え方とは違うなというなものがあった。

私は、割と単純なので、感じたことを大事にする。

あの頃は、北海道の田舎から、本州の大学へいって、さらに大学院のマスターへ進んで、そろそろ学生時代も終わる頃。

のんびりしたもので、これからどうしようとぼんやり考えてはいたものの、勉強よりもバスケばかりしていた。

今はまったくできないが、大学生活の終わり頃になってようやく興味を持った遊びもあって、よく朝までやった。

18年、19年前に思ってこんな生き方があるのかと、本で知って、やってみようと思って、そのあと社会へ出てやった。

実際は、そんな本のようにはうまくいかないことばかり。

本に書いてあることなんてうそばかりだなと働きながらよく思った。

しかし、約20年経ち、あー、本に書いてあったこと、結構当たってるなと思えるようになってきた。

まあ、はずれていることもよくあるが。

■成長するために<2924>
自分の心に熱い炎を燈してくれる本に出会おう。

普段から感じよくは、捨てたもんじゃない【小さな成長2923】

感じ悪くしても、いいことなんてたいしたない。

しかし、同じ世界で同じ職場で毎日同じことを繰り返していると、どんどん感じ悪くなっていく。

なんでどうしてなぜが増えていく。

そういう自分が感じ悪くなっていく世界に、いつまでもいてはいけない。

感じ悪くならないように、感じよくしなきゃというのは、非常に疲れる。

職場では、感じの悪い奴が持て囃される。

普段感じの悪い奴が、たまに感じがいいと、あいつって意外と感じいいじゃんとなる。

普段感じのいい奴が、たまに感じ悪くなると、何あいつ実は感じ悪いじゃんとなる。

職場では、感じのいい奴は、損である。

ただ、だからといってわざわざ感じ悪くすることもない。

わざわざ感じ悪くしないと人間関係が面倒くさい世界は辞めるといい。

感じの悪い奴が、ちやほやされると嫉妬するわけである。

だが、考えてみるといい。

知らない土地で初めて出会う人に、感じ悪くできるか。

せっかく旅に出て、わざわざ感じ悪くして気持ちが弾むか。

職場で、普段感じの悪い奴は、そもそも持っているものは感じがいい部分かもしれない。

しかし、初めての出会いで自分の気持ちが充実するのは、普段感じよくを心がけている人間である。

初めての土地で、感動の出会いがある。

そういう時に、最高の笑顔ができるかどうか。

初めての出会いは、最初で最後である。

一生の記憶に残る出会いがある。

普段から、初対面で感じよくを訓練していないと、いい出会いで活かせないのである。

■成長するために<2923>
堂堂と普段から、感じよくしよう。

カチンときてもその場でケンカはしない。ケンカは明日すると考え仕事を徹底的に覚え早くできるようになる【小さな成長2784】

ケンカは、明日しましょう。

カチンときた時に、ケンカは明日するケンカは明日すると自分に言い聞かせましょう。

カチンときた時に、そのまま感情に任せてブチ切れてしまうといいことはありません。

カチンときてもケンカは明日すると考えてその場はやり過ごしましょう。

いったんやり過ごすことで冷静になれます。

ただやられっ放しではいけません。

チャンスをうかがいましょう。

会社には、どこにいってもムカつく人がいます。

なんだコイツというヤツがいます。

たいした仕事はできないのに文句ばかり言ってくる人間がいます。

そういう人間に言われっ放しではいけません。

情報を集めて淡々とチャンスがくるのを待ちましょう。

相手を立てることは忘れずに自分をいかにして優位な状況にしていくかを考えていくことです。

自分の居心地が悪くなっては仕事が面白くなくなってしまいます。

仕事を楽しくやっていくには味方を増やしていくことです。

仕事ができるようになっていくと味方が増えます。

ムカつく相手と戦う時には、まずは仕事を徹底的に覚えて早くできるようになることです。

ムカつく相手と戦うのは、仕事ができるようになってからでも遅くないのです。

■成長するために<2784>
ムカつく相手と戦う前に、仕事をできるようになろう。

いくら仲がよくても相手と自分は違う。そもそも考え方は違うものと思っておけば尊重できる【小さな成長2773】

人は人、自分は自分というのはあって、いくら仲がよくても相手と自分は違います。

育った環境も生きてきたところも今に至るまでの道のりも違うわけですから、逆に相手と同じような感覚であるほうが不思議なくらいです。

相手とは気が合っても、考え方はまったく違っていて当たり前なのです。

相手の考え方は尊重するけれども、相手の考え方に合わせることはありません。

気の合う仲間なら、変に相手に気を使い過ぎることはないのです。

気を使い過ぎると居心地がわるくなっていけません。

自分はこう思うというのをそのまま貫いていけばいいのです。

貫くと言っても、相手を言い負かすということではありません。

逆に自分が負けるくらいが丁度いいのです。

相手を立てて自分を貫いていけばいいのです。

自分の考えを無理に押しつけることもありません。

相手が話始めたら聞き手に回る。

自分が話過ぎたと思ったら、今度は相手の話を聞くようにする。

相手に自分の話ばかりしていると、相手は疲れるのです。

相手の話を聞く時には、相手に気持ちよく話をさせてあげることです。

その考えは違うと相手を言い負かすことなどないのです。

考え方が同じ人間などいないのです。

考え方はいくら仲がよくても違うのです。

考え方はそもそも違うものと思っておけば、イライラする必要もなくなるのです。

そういう考え方もあるなと相手に合わしていくと、自分の考え方が柔軟になるし相手を尊重できるのです。

■成長するために<2773>
そういう考え方もあるなと、相手を立てよう。