能力は努力して磨く。簡単にできることは自分のやりたいことではないのだから【小さな成長3265】

スポンサーリンク

苦しい時こそ、我慢する。

苦しい時は我慢するのが当たり前のような気がするがそうでもない。

苦しい時は我慢しないのが当たり前な時代。

それだけ、厳しい時代になった。

自分で自分を律するというのはとても難しい。

自分で自分を律するというのは大変なだけにやりがいもある。

努力や忍耐は、自分が本当にやりたいことでする。

努力や忍耐をして、自分の夢を叶えている人がいる。

怠けていては、夢は叶わない。

羨ましい才能を最初から持っている人はいない。

才能があると言われる人は、人一倍努力している。

努力したって悪くはない。

もう少し努力するといいんだ。

簡単に叶うようなことは、やりたいことではない。

楽してできるようなことは、やりたいことではない。

努力して自分の能力を磨くから、やりたいことができるようになるんだ。

■小さな成長<3265>
努力して自分の能力を磨こう。

本気で、朝3時に起きる。目標達成に向け真剣になった今が朝3時起きをものにするチャンスだ【小さな成長2399】

朝、早起きできるようになってきたら、今度は朝起きる時間の期限を決めましょう。

朝、3時までに起きると決めたら、朝3時までに起きてしまいましょう。

早起きを始めると、朝3時や朝5時に起きられるようになってきます。

朝が充実してくると、昼間もモチベーションが上がり目標に向かっての前進にも意欲的になれて、早起きが続けられるようになっていきます。

朝、早く起きることができるようになると、前日の睡眠時間が少ないと、翌朝は、自然に起きるようにしていると目覚めるのが5時半くらいになってしまって少し残念です。

もうすでに、朝3時に起きることができるようになっているのだから、今度は、毎日朝3時に起きるようにしていきましょう。

朝3時から、1日をスタートして、何としても3ヶ月で結果を出すのです。

朝3時起きは、本気にならないとできません。

しかし、本気になった時にできるようになります。

本気になった今がチャンスです。

真剣に目標を3ヶ月で達成しようと取り組んでいる時が、朝3時起きをものにできるまたとない機会です。

目標達成に向けて取り組んでいる時に、朝3時起きの習慣を身につけてしまいましょう。

才能がない分を補うには、人よりたくさん時間をかけるしかありません。

早起きして、人よりたくさんの時間課題に取り組んで自信をつけ、何としても新たなステージへいくのです。

■成長するために<2399>
本気で、朝3時起きの習慣を身につけよう。

結果を出していくには、努力の無駄づかいを避ける。【小さな成長1146】

時間は、限られています。

結果が出ないなら、調べ直してみることです。

調べてみると、意外と答えが載っています。

努力をしているけれども、結果が出ない時があります。

諦めないことは大事ですが、努力の方向が合っていないとうまくまわりません。

せっかく努力をするのですから、取り組んだことが最大限に生きた方がいいです。

体力がある時には、がむしゃらにやることもできます。

がむしゃらにやっている時は、充実しているような気がします。

「私って、なんて頑張っているんだろう」と、自分に酔ってしまいます。

体力勝負は、限界があります。

結果で出る前に、エネルギー切れになってはいけないのです。

■成長するために<1146>
力技から方向転換出来ないか、考えよう。