寝ている間に準備できることは準備してしまう。アウトプットの時間はアウトプットに集中する【小さな成長2421】

1時間集中するための準備をしましょう。

意外と準備と行動が一緒になっているのです。

調べものとまとめるということを、一緒にやってしまっています。

調べる時間は調べる時間、まとめる時間はまとめる時間というように分けて、まとめる時には、まとめることに集中するのです。

インプットとアウトプットも、インプットする時間とアウトプットする時間を分けてみましょう。

インプットしながらアウトプットしていると効率が悪いのです。

アウトプットに集中する時には、アウトプットすることだけを考えられるように、事前に準備を終わらせておくのです。

アウトプットも早くできる時と時間がかかる時があります。

一度早く終わる体験ができると、時間がかかる時にストレスを感じます。

もっとスムーズにできる場合があるのに、ここで時間がかかるというようなところがあります。

そのちょっとのストレスが、時間を遅らせる原因となります。

ストレスがあると、続かなくなります。

細かなことでも、何回もしなければいけないことだと、そのストレスはなくせたほうがいいのです。

いつも同じことをしなければいけないということを、なくすことができないか考えてみましょう。

アウトプットしている時に、ストレスを感じる時間のかかる部分を考えてみましょう。

この部分のストレスがなくなれば、仕事や勉強がはかどるということは、いくつもあるはずです。

時間がたくさんある時には、まあまあそんなことは気にしなくてもいいかなというようなことでも、時間が限られてくると、何とかしないと間に合わない状況になっていきます。

毎日やっていることを、何倍か早くやってみて、時間を区切ってやっていることなら、もっと時間を短くして試してみるのです。

短時間で終わらせる方法は、やってみないと、何に時間がかかっているのか分かりません。

情報収集に時間がかかっているのか。アイデアを考えるのに時間がかかっているのか。単にやる気の問題なのか。

時間を短くしてみると、もっとこういうことはできないかとアイデアが浮かんできて、そのアイデアを試してみて、失敗して、ではこの方法ならどうだろうというように次のアイデアが浮かんできます。

うまくいかなくても気にしないで、まずは早くやってみましょう。

早くやってみると、のんびりしていた時には気づかなかった発見があります。

意外と早くしても分かるなということに気づいたりのんびりやっても早くやってもたいした変わらないということが分かったりして、それなら早く終わらせて残りの時間を、もっと他のことに使おうと思えてきます。

考える時間は、寝る前や移動のちょっとした時間でやるようにして、机に向かっている時には、机の前でしかできないことに集中できるよう事前に準備をしてしまいましょう。

机に向かったら、今日の仕事や勉強を一気に終わらせられるよう寝ている時間や移動の時間を活用するのです。

■成長するために<2421>
寝ている間に、準備を終わらせよう。

落ち込んだ時は寝て、目が覚めたら一気に終わらせる【小さな成長2418】

起きている間が、勝負です。

起きていないと行動できません。

眠い目をこすりながらでは、集中できません。

夜寝て、目が覚めたらそこからが勝負です。

夜の眠りは深いです。

昼間3時間寝るのと夜3時間寝るのでは、夜の3時間のほうがスッキリしています。

夜寝て、目が覚めたら、頭は軽くなっていて集中できます。

夜寝て、目が覚めたら行動再開です。

昨日集中できなくて、これからどうしようと迷っていたことも、夜寝て起きた後は迷いは消えていて、よしやるぞという気持ちに切り替わっています。

疲れてしまっている時間帯と疲れが取れている時間帯があります。

夜寝て目が覚めた後は、疲れが取れています。

寝る前の時間帯は、疲れています。

疲れている時に悩まないことです。

何でうまくいかないんだと悩んでしまう時は、もうそれ以上は悩まないで寝る準備を始めましょう。

寝て目が覚めた後に行動を再開して、頭がスッキリしている時に、大きく前進するのです。

夜中の2時まで続けるのと、夜の10時までに寝て、2時前に目が覚めてそこから集中するのでは、夜の10時前に寝てしまったほうがその後のはかどり方が違います。

昨日の迷いを挽回するチャンスは、目が覚めた時です。

朝、目が覚めたら、よしと思って起きましょう。

新しい朝が来たと思って、スタートしましょう。

朝のまだ夜が明ける前は静かで集中できる時間帯です。

新しいことに挑戦するには、朝を有効に活用しましょう。

朝のたっぷり時間がある時にスタートを切って、一気に終わらせていきましょう。

自分が思っていることが前進すると、気持ちが充実します。

気持ちを充実させることが大事で、達成感をつくっていくには、行動の時間が必要です。

よしよくやっていると思えるには、どれだけ時間を費やせるかにかかっています。

自分の好きなことだから嫌々はやっていません。

1日中やっていても飽きないことなのだから、あとはどれだけ毎日好きなことに時間をかけることができるかです。

落ち込んだ時には寝て、目が覚めたら、もうそこからは気持ちは切り替わっていますから、一気に駆けていくことです。

目が覚めた後は、ストップウォッチを使って時間を計って、早く終わらせていきましょう。

どれだけ今日1日の間で前進できるか試してみましょう。

昨日のうちに目標をつくって、目が覚めたらすぐに行動を開始するのです。

■成長するために<2418>
目が覚めた後に、一気に終わらせよう。

3ヶ月間1つのことに集中して、何としても目標を達成する【小さな成長2398】

時間に余裕ができて、いろいろなことをしてしまう時には、朝早く起きたら、その日は、自分が目指す目標に向かって1日中取り組んでみましょう。

自分のしようとしていることを常にその日はするようにして、他のことはしないようにしてみましょう。

どこまで、1つのことに集中できるか試してみるのです。

自動でできることは自動でできることに任せて、自分がしようと思っていることに専念する。

自動でやっていてくれることを見ているだけでは時間がもったいない。

自分がしようとしていること以外でその日にしなくてもいいことは、後回しにして、その日はすることは可能な限り1つだけにしてみる。

どれだけ、自分が取り組もうとしていることに時間をかけることができるか挑戦してみましょう。

やってみないことには、始まりません。

いろいろなことをし始めると、自分の目指すものが前に進みません。

前に進まないと、ストレスがたまります。

どんな時でも、その日は、自分の目指すものを中心にして生活してみる。

歩いている時にも、目標に向かって前進する。

1つのことに専念して、専念した時の感覚をヒントに、普段の日も過ごしましょう。

どれだけ自分がやろうとしていることに、時間を費やせるかです。

3ヶ月間、そのことだけに集中するくらいの気持ちで徹底しましょう。

3ヶ月間をやり切って、何としても目標を達成するのです。

■成長するために<2398>
3ヶ月間、1つのことに集中しよう。

時間を計って何にどれくらいかかっているかを把握し、明日のモチベーションアップへつなげる【小さな成長2395】

時間を計って、何分かかるかをチェックしていきましょう。

1日10時間仕事や勉強をしたとしても、その10時間の中でもやっていることはいろいろあります。

何にどれくらいの時間がかかっているのかを把握していくことです。

時間を計っていくと、想定したよりも時間を要することが分かります。

30分くらいで終わらせたいのに実際は50分から60分くらいかかってしまう。

もう一度30分を目指して取り組んでみるのだけれども、30分で終わらせるのは難しい。

それでも、55分くらいでコンスタントに終わらせることができる。

今まで、もしかすると2時間くらいかかるかなと思っていたことが、55分くらいでコンスタントに終わらせられるということが分かると自信になります。

30分では無理でも55分でできると分かれば、次の目標ができます。

時間を計って記録していくと、集中力が高まります。

時間を調べていくと55分が57分であったり49分であったりして、よし、次は55分以内で終わらせるぞと思えて、モチベーションが持続します。

タイマーを見ながら、今の時間を把握して、今何分というのを意識してペースアップする。

1日10時間くらい集中しなければいけない時には、その10時間で行なっていることを記録していくことです。

何にどれくらいかかっているかを把握して、最後に集計してみると、トータルでどれくらいの時間がかかって、その中で気分転換を何分くらいしているかなど、細かく分かってきます。

記録を更新するために明日はどうしたらいいかを考えることができて、明日のモチベーションもアップします。

目標に向かって前進し始めると、毎日が楽しくなっていきます。

今まで、どうしてこんなに悩んでしまっていたのだろうと不思議な気分ですが、今までの悩みがあったから今があるのだろうと思って、進んでいきましょう。

目標達成は、もうすぐです。

気を抜かず、今日も前進していくのです。

■成長するために<2395>
時間を計って、モチベーションをアップしよう。

机に向かっている時は仕事や勉強をする時。悩んではいけない【小さな成長2176】

どうしても、今しなくてもいいことを、今してしまいます。

今しかできないことを、今しましょう。

机に向かっている時にしかできないことを、机に向かっている時にしましょう。

待ち時間や休憩時間にできることを、机に向かっている時にしないことです。

忘れる不安に負けない

今しなくていいことを、今やってしまうのは、忘れてしまうのが不安だからです。

思いついたことはすぐにやって、楽になろうとします。

思いついたことをやっていると、何だか何かをやっているような気がします。

しかし、実際は、やらなければいけないことが何もできていない。

思いついたことは、すぐにする必要はありません。

机に向かっている時に思いついたことのメモを始めると、メモをしているうちに一日が終わってしまうのです。

忘れてもいいように、今しなくていいリストをつくろうとします。

この今しなくていいリストをつくっている時間が、時間を奪っていくのです。

今しなくていいリストは待ち時間に考える

今しなくていいリストは、待ち時間に考えましょう。

机に向かっている時間に、考えないことです。

机に向かっている時に、今しなくしていいリストを考えだすとたくさん思いつくのでいけません。

せっかくの机に向かう時間が、なくなってしまいます。

待ち時間に待ち時間にできることを終わらせる

待ち時間になったら、実際に待ち時間にできることを終わらせていきましょう。

待ち時間に終わらせたことを、スマートフォンの中にメモしておきましょう。

スマートフォンの中にメモしておいて、待ち時間にすることを考えなくてもできるようにしておくのです。

メモは待ち時間につくる

「何をするのだったかな」と、思い出す時間を短縮していきましょう。

待ち時間は、少しの時間です。

考えているうちに、待ち時間がなくなってはいけません。

待ち時間にするリストをメモしておいて、忘れていいようにしておくのです。

メモしておくことで、考えなくてもいい時間を増やすのです。

歩いている時に思ったことは、すぐにスマートフォンの中にメモしましょう。

机に向かっている時の考える時間を、なくしていくことです。

机に向かっている時に考えていては、時間がもったいない。

調べるということは、机に向かっていなくてもできるのです。

机に向かっている時に、「何を調べよう」と考えていては、すぐに夜になってしまいます。

如何にして、机に向かっている時には仕事や勉強に専念するかです。

机に向かっている時間は、手を動かして仕事をしたり勉強をしたりする時間です。

暗記や暗算のテクニックを知る

暗記を、机に向かっている時以外にできないか考えてみましょう。

手で書いて覚える暗記のやり方だと、机が必要になってきます。

イメージで暗記ができないか、待ち時間に試してみましょう。

頭の中で計算する暗算は、頭の中でやっています。

暗算には、暗算のやり方があります。

書いたものを見ないでそらで言えるように覚える暗記にも、暗記のやり方があります。

テクニックが、必要です。

効率が上がらないと悩みだしたら、テクニックを知りましょう。

テクニックを知ることで、効率を上げるヒントをつかむのです。

自分の環境に合わせて、応用するのです。

机に向かっている時間は悩む時間ではない

考えるというのは、意外と抽象的でつかみどころがありません。

でも、考えないことには、次にすることが出てこない。

「考える」「調べる」を、机に向かっていない時にやりましょう。

「机に向かっている時には仕事をする勉強をする」と割り切って、黙々と手を動かすのです。

「考える」「調べる」を、待ち時間におこなうようにすると、時間の使い方が変わります。

机に向かっている時に「考える」「調べる」をやめると、今まで如何に机の前で悩んでいたかということが分かります。

机に向かっている時間は、悩む時間ではありません。

机に向かっている時間は、仕事や勉強をする時間なのです。

■成長するために<2176>
机に向かっている時に、悩むのはやめよう。