普段から感じよくは、捨てたもんじゃない【小さな成長2923】

感じ悪くしても、いいことなんてたいしたない。

しかし、同じ世界で同じ職場で毎日同じことを繰り返していると、どんどん感じ悪くなっていく。

なんでどうしてなぜが増えていく。

そういう自分が感じ悪くなっていく世界に、いつまでもいてはいけない。

感じ悪くならないように、感じよくしなきゃというのは、非常に疲れる。

職場では、感じの悪い奴が持て囃される。

普段感じの悪い奴が、たまに感じがいいと、あいつって意外と感じいいじゃんとなる。

普段感じのいい奴が、たまに感じ悪くなると、何あいつ実は感じ悪いじゃんとなる。

職場では、感じのいい奴は、損である。

ただ、だからといってわざわざ感じ悪くすることもない。

わざわざ感じ悪くしないと人間関係が面倒くさい世界は辞めるといい。

感じの悪い奴が、ちやほやされると嫉妬するわけである。

だが、考えてみるといい。

知らない土地で初めて出会う人に、感じ悪くできるか。

せっかく旅に出て、わざわざ感じ悪くして気持ちが弾むか。

職場で、普段感じの悪い奴は、そもそも持っているものは感じがいい部分かもしれない。

しかし、初めての出会いで自分の気持ちが充実するのは、普段感じよくを心がけている人間である。

初めての土地で、感動の出会いがある。

そういう時に、最高の笑顔ができるかどうか。

初めての出会いは、最初で最後である。

一生の記憶に残る出会いがある。

普段から、初対面で感じよくを訓練していないと、いい出会いで活かせないのである。

■成長するために<2923>
堂堂と普段から、感じよくしよう。

元気に笑顔で声を出して、空気をかえる【小さな成長2334】

何かをしようと思う時には、テンションを上げていきましょう。

うまくいかない時というのは、テンションが低いのです。

テンションの上り下がりが激しいのは、それはそれで疲れますが、そうではなくて、ぐっと腹に力を入れるようなそういう瞬間をつくることです。

例えば初対面のあいさつ。

あいさつは先手必勝で、元気がいいのが大事なのです。

初めて会う人には、元気よくあいさつをしていく。

最初のあいさつを元気よくやると、もうそうするだけ勝手にテンションは上がるから、その後は楽なのです。

毎日の仕事は、大切なのは、朝一番のあいさつです。

朝、出勤したら、最初に上司のところへいって、元気よくおはようございますとあいさつをしてみることです。

そうするだけで、その日1日を高いモチベーションでスタートできるのです。

仕事も生活も、人と人とのコミュニケーションです。

元気のない人に仕事は頼みたいと思わないし、生き生きしていない人から商品を買おうとは思わない。

逆に、元気があれば、それだけで一歩抜きん出ることができるのです。

どうも今日はうまくいかないという日は、すでに弱気になっています。

気持ちが後ろ向きになっていて、話し方も後手後手です。

それでは、相手によくは思われないし、嫌な思いをさせられることになるのです。

うまくいかないという時には、元気に笑顔で声を出していくです。

元気に笑顔で声を出すことで、形勢は逆転できます。

凹まされた後は、元気に声を出すことです。

笑顔でゆっくり自信を持って話すことで、自分のペースを取り戻しましょう。

うまくいかない時こそ、元気にやってみることです。

元気に声を出して、悪い空気を払拭するのです。

■成長するために<2334>
うまくいかない時こそ、声を出そう。

声のトーンで、追い込まれているかが分かる。【小さな成長1412】

声のトーンは、大事です。

声のトーンが低いと、感じは悪く伝わります。

そんなつもりはないのに、感じが悪く伝わっては損です。

電話は、声が感じ悪く届きます。

会ってみると機嫌はいいのに、電話だと不機嫌に聞こえます。

感じよく話すには、電話の向こうへ笑顔を送ることです。

笑顔で、電話をしてみましょう。

笑顔で、感じ悪く話しをするのは難しいのです。

感じのよい声のトーンにするには、笑顔になることです。

反対意見を言わなければいけないときでも、笑顔です。

「はい」を、柔らかくつかうことです。

「はい」と言うときに、笑顔も同時に意識しましょう。

手が離せないときの「はい」も、笑顔で言ってみることです。

自分の思う通りにいかなくて、イライラしそうなときにも笑顔を忘れないことです。

口調が強くなりそうなときに、笑顔を思い出しましょう。

ピンチのときや追い込まれているときの「はい」で、差がつくのです。

「はい」の言い方で、余裕があるかないかが分かるのです。

■成長するために<1412>
追い込まれているときの「はい」を、笑顔で言おう。

第一声で、相手の性格を判断する。【小さな成長1368】

笑顔は、意識することです。

笑顔が、無意識に出る人は特別です。

笑顔は、意識しないとなくなるのが普通です。

普段からムッとしない工夫をすることです。

ムッとしそうなときに、声のトーンを下げてはいけません。

相手の話しをさえぎらないことです。

話しの終わりをいかに感じよくするかが、ムッとしたことをすぐに忘れるコツです。

引きずらないように、終わり方を大事にすることです。

一瞬で忘れる方法を、身につけましょう。

ムッとしたりイライラしたりするのは、それだけ感情が敏感なのです。

クヨクヨすることも多いのです。

イライラで返してしまえば、クヨクヨするのは自分です。

相手の話し方を、いかに受け流すかが大事です。

話しがゆっくりな人の話しを最後まで聞く姿勢に切り替えることです。

ムッとしたりイライラしたりする人は、気が短いです。

気が短いのを、いい方向に発揮することです。

気が短いということは、瞬発力があるということです。

思ったことはすぐにやる行動力があるのです。

相手のことを読みきれていないと、話しがちぐはぐになります。

第一声で、どんな人か見抜くのです。

想像力を働かせることです。

どんな性格か想像できれば、あとは流れに乗って話しができるのです。

■成長するために<1368>
相手の性格を、イメージしよう。

声のトーンを高くして、感じのよい状態をつくる。【小さな成長1071】

声のトーンが低いと、感じが悪いといわれます。

感じをよくするのが仕事の人は、声のトーンを高くするのも仕事です。

いつも感じをよくするのは、誰でも出来ることではありません。

どんな時でも感じがよくできるのは、プロの仕事です。

声が低くなりそうな時に、どれだけ落ち着いて明るく対応できるかです。

Continue reading “声のトーンを高くして、感じのよい状態をつくる。【小さな成長1071】”