普段から感じよくは、捨てたもんじゃない【小さな成長2923】

感じ悪くしても、いいことなんてたいしたない。

しかし、同じ世界で同じ職場で毎日同じことを繰り返していると、どんどん感じ悪くなっていく。

なんでどうしてなぜが増えていく。

そういう自分が感じ悪くなっていく世界に、いつまでもいてはいけない。

感じ悪くならないように、感じよくしなきゃというのは、非常に疲れる。

職場では、感じの悪い奴が持て囃される。

普段感じの悪い奴が、たまに感じがいいと、あいつって意外と感じいいじゃんとなる。

普段感じのいい奴が、たまに感じ悪くなると、何あいつ実は感じ悪いじゃんとなる。

職場では、感じのいい奴は、損である。

ただ、だからといってわざわざ感じ悪くすることもない。

わざわざ感じ悪くしないと人間関係が面倒くさい世界は辞めるといい。

感じの悪い奴が、ちやほやされると嫉妬するわけである。

だが、考えてみるといい。

知らない土地で初めて出会う人に、感じ悪くできるか。

せっかく旅に出て、わざわざ感じ悪くして気持ちが弾むか。

職場で、普段感じの悪い奴は、そもそも持っているものは感じがいい部分かもしれない。

しかし、初めての出会いで自分の気持ちが充実するのは、普段感じよくを心がけている人間である。

初めての土地で、感動の出会いがある。

そういう時に、最高の笑顔ができるかどうか。

初めての出会いは、最初で最後である。

一生の記憶に残る出会いがある。

普段から、初対面で感じよくを訓練していないと、いい出会いで活かせないのである。

■成長するために<2923>
堂堂と普段から、感じよくしよう。

持ち物をスポーツバッグ1つにしてみる【小さな成長2915】

持ち物をスポーツバッグ1つにしてみることだ。

新天地へ旅立とうとする時、荷物の整理が始まる。

荷物をどんどん減らすには、最初からスポーツバッグ1つを用意すること。

スポーツバッグに、絶対に必要な物を入れる。

あれば便利だろうけれども、なくても何とかなるものは捨てる。

便利な物を取っておくと、いつまでたっても荷物が減らない。

買えばいい物は捨てるなりリサイクルに出すなりする。

今回持ち物を減らしてみて思ったのは、意外と減らせるということ。

今は、大きめの袋1個に普通の袋2個にまで持ち物が減った。あとママチャリか。

この間よりもかなり減った。

おそらく大きめのスポーツバッグが1個あれば全部入る。

大きめは、持ち物が重くなるから買うなら普通か小さめがいい。

移動で大変なのは、重さである。

持ち物が重たいと、移動が嫌になる。

荷物を減らす最初は、捨てるのに抵抗のある物がたくさんある。

そういう物すべてを捨てようと、気合いを入れると疲れる。

最初捨てにくい物は、取っておけばいい。

持ち物が減っていくと、次はどれを捨てようかなと思えてくる。

最初は捨てられなかった物が、どんどん捨てられるようになる。

持ち物を減らす時には、焦らないことである。

2、3日くらいで、まずは、考えなくても捨てられる物を捨てる。

次に、少し考えればすぐに捨てることのできる物を捨てる。

最後に残ってくるのが、思い出の物、仕事で必要と思っている物。

この2つは、なかなか捨てられない。

だが、そのうち思い出の物を捨てることができるようになってくる。

そのうちといってもプラス1日か2日くらい。

思い出の物を捨てることができると、荷物は一気に減る。

最後に残るのが、自分の商売道具。

商売道具がなければ商売あがったりだと思うかもしれないが、そうでもない。

商売道具も古い物は捨てるリサイクルに出す。

新しい商売道具を買うと、仕事がはかどる。

コンパクトになる。

デジタル機器は処理スピードも速くなっている。

今までどれだけいらない物に囲まれて、生活していたのだろうと思う。

もともと持ち物は、少ないと思っていたのだが。

必要な物は、必要になった時に買えばいい。

そう考えていくとスポーツバッグ1つも、持ち物はいらない気がしてくる。

持ち物なしが、目標だな。

■成長するために<2915>
物を持たない生活を始めよう。

かもしだす表情が、運を逃がしている。【小さな成長1681】

あなたは面倒くさいとは、誰もいってはくれません。

お客様は、好きでその店にきてくれている訳ではありません。

どうでもいいのです。

他に店がないから、そこにいっているだけです。

面倒くさい店員が、います。
Continue reading “かもしだす表情が、運を逃がしている。【小さな成長1681】”

何を言っているのか分からなければ、売れようがない。【小さな成長1431】

パンをたくさん売るには、お客様に声をかけることです。

置いておくだけでは、売れません。

お客様にお勧めしないことには、ものは売れません。

お勧めするときには、タイミングが大事です。

財布からお金を出そうとしているときに、いくら「いかがですか」と言っても買ってはもらえません。

しつこくても、売れません。

うるさくても、売れません。

お客様に言葉が届いていなければ、振り向いてもらえません。

お客様は、「この人からなら買おうかな」と思うのです。

目標数が、あります。

「何個売るぞ」という意気込みは、大事です。

ですが、やる気が前に出すぎると失敗するのです。

やる気は、見えないように、出すことです。

目標を、前面にもっていかないことです。

お客様にお勧めするときには、聞き取れる言葉で話しましょう。

一生懸命声を出していても、たいがい何を言っているのか、通じていないのです。

盛り上がっているのは、店員だけで、お客様には言葉が伝わっていないのです。

ゆっくりすぎるくらいが、丁度よいのです。

お客様の反応を感じながら、話しをすることです。

「じゃあ1個」と、言ってもらえる間をとることです。

お客様が話す間もなく一方的に言葉をつづけて、「結構です」と言われてしまっているのです。

■成長するために<1431>
お客様が話しやすいタイミングを、見つけよう。