汚いところに気づく。綺麗なところに住んでモチベーションを上げる【小さな成長3005】

汚いことはやめる。

汚い言葉遣いをやめる。

汚い生活をやめる。

丁寧に話をする。

綺麗にするとモチベーションが上がる。

汚い言葉を使うと、モチベーションが下がる。

モチベーションの下がることはやめる。

自分の中でモチベーションが下がるときがある。

自分が嫌だなと感じるのは、人とは限らない。

自分の行動にも嫌だなと感じるときがある。

自分の選択にも嫌だなと感じるときがある。

嫌と感じたときに、リッチな人ならどうするかを考える。

貧乏神が憑くと物を溜め始める。

要らないものを溜め始める。

ゴミを捨てることだ。

ゴミは、いつの間にか溜まっていく。

そのうち使うと思っていても使わない。

結局、引っ越しのときに一生懸命捨てることになる。

紙が意外とゴミになる。

紙は、すぐに捨てることだ。

紙も溜まると重い。

部屋に物を置かないようにする。

嫌なことはやらないに越したことはない。

嫌なことはやらないと決めていても嫌なことはある。

嫌なことになったら、割り切って終わらせる。

次からは二度とやらない。

嫌なことを割り切ってやるときは、淡々と終わらせる。

部屋の掃除は、物を捨てることから始める。

部屋が汚れてくると掃除をしなくなる。

掃除をしなくなるのでますます汚れる。

最初は、嫌だなと感じていたのに、汚い部屋に住むのが普通になる。

汚いことに気づくことだ。

汚い物を捨てることだ。

汚い場所を掃除する。

汚い場所からは引っ越す。

綺麗なところに住んでモチベーションをアップしていくことだ。

■成長するために<3005>
綺麗なところに住んで、モチベーションを上げよう。

心ときめく物はあっていい物。無理に捨てずいらなくなったら捨てればいい【小さな成長2989】

物が多いというのは、そんなに気にすることはないそうだ。

定位置に戻すことが出来ていれば、物の多さは関係ないというようなことをその道の達人が書いた本で読んだ気がする。

達人は、物心ついたときから、片付けの研究をしている。

今は、世界中の人々と片付けをしているそうだ。

今の自分に必要な物は、変わる。

私は、今まで物を捨てるというのを3回ほどやった。

1度目は、ダンボール1個くらいにした。

2度目は畳1畳くらいにした。

3度目は、普通のリュックサックに楽に入るくらいの持ち物にした。

2度目の畳1畳は、大した捨てたうちには入らないか。

今、少し荷物が増えたが、それでも、すぐにリュックサックよりも少ない量に減らすことができる。

物を減らすのは、難しいようで簡単だ。

もし今金があるなら一瞬で終わる。

いくらかかるかは知らないが、10万か20万くらい払って、全部業者に処分してもらえばいい。

金で解決できる。

私は、今までコツコツと言ってもある程度一気にだが、1週間から10日くらいかけてコツコツ捨てていた。

コツコツ捨てるのは時間の無駄というのが最近分かってきた。

捨てるときに迷うのが醍醐味の時期は、終わった。

捨てるには大いに迷うといい。

迷いに迷って、迷っているうちは捨てられない。

荷物と共に引っ越しする。

迷いというのは、同じことをしていては消えない。

今までとまったく違う生き方。

生き方を変えたときに、捨てることができる。

今の生き方が合っているなら、無理に変えることはない。

今周りにある物は、自分にとって心ときめく物なのだから。

■成長するために<2989>
いらなくなったら、捨てよう。

持ち物をスポーツバッグ1つにしてみる【小さな成長2915】

持ち物をスポーツバッグ1つにしてみることだ。

新天地へ旅立とうとする時、荷物の整理が始まる。

荷物をどんどん減らすには、最初からスポーツバッグ1つを用意すること。

スポーツバッグに、絶対に必要な物を入れる。

あれば便利だろうけれども、なくても何とかなるものは捨てる。

便利な物を取っておくと、いつまでたっても荷物が減らない。

買えばいい物は捨てるなりリサイクルに出すなりする。

今回持ち物を減らしてみて思ったのは、意外と減らせるということ。

今は、大きめの袋1個に普通の袋2個にまで持ち物が減った。あとママチャリか。

この間よりもかなり減った。

おそらく大きめのスポーツバッグが1個あれば全部入る。

大きめは、持ち物が重くなるから買うなら普通か小さめがいい。

移動で大変なのは、重さである。

持ち物が重たいと、移動が嫌になる。

荷物を減らす最初は、捨てるのに抵抗のある物がたくさんある。

そういう物すべてを捨てようと、気合いを入れると疲れる。

最初捨てにくい物は、取っておけばいい。

持ち物が減っていくと、次はどれを捨てようかなと思えてくる。

最初は捨てられなかった物が、どんどん捨てられるようになる。

持ち物を減らす時には、焦らないことである。

2、3日くらいで、まずは、考えなくても捨てられる物を捨てる。

次に、少し考えればすぐに捨てることのできる物を捨てる。

最後に残ってくるのが、思い出の物、仕事で必要と思っている物。

この2つは、なかなか捨てられない。

だが、そのうち思い出の物を捨てることができるようになってくる。

そのうちといってもプラス1日か2日くらい。

思い出の物を捨てることができると、荷物は一気に減る。

最後に残るのが、自分の商売道具。

商売道具がなければ商売あがったりだと思うかもしれないが、そうでもない。

商売道具も古い物は捨てるリサイクルに出す。

新しい商売道具を買うと、仕事がはかどる。

コンパクトになる。

デジタル機器は処理スピードも速くなっている。

今までどれだけいらない物に囲まれて、生活していたのだろうと思う。

もともと持ち物は、少ないと思っていたのだが。

必要な物は、必要になった時に買えばいい。

そう考えていくとスポーツバッグ1つも、持ち物はいらない気がしてくる。

持ち物なしが、目標だな。

■成長するために<2915>
物を持たない生活を始めよう。

掃除や整理整頓はあきたらやめてすぐに好きなことをスタートする【小さな成長2771】

ゆっくりできる時間ができたら部屋の掃除がしたくなります。

今までたまった物を整理していきたい。

そういう時は思った時が大事であとになるとやりませんから、さっそく部屋の掃除や整理整頓を始めましょう。

掃除や整理整頓をする時に大事なのは完璧を目指さないことです。

完璧を目指すといつまでたっても終わりません。

1日かかっても終わらなくて、次に掃除や整理整頓をしようという気が起こらなくなります。

徹底的に掃除や整理整頓ができればいいのですが、無理をせず飽きたらやめることです。

半分でも3分の1でも片づくとそれはそれで気持ちがいいのです。

物の整理は毎日コツコツはできません。

物を捨てる時には一気にやる。

それでも、捨てきれない物がある。

捨てようかどうしようか迷う物はとりあえず置いておいて捨てやすい物から捨てていく。

そう決めてやっていくとかなり部屋の中は片づきます。

それでいいことにして、自分の好きなことを始めましょう。

自分の好きなことを前進させることが大事です。

部屋の整理で1日が終わってしまってはもったいない。

好きなことをスタートする前に物を捨てて気分転換するくらいに物の整理は考えて、好きなことを中心に考えましょう。

掃除や整理整頓は大掃除の時に徹底してやればいいのです。

引っ越しの時も徹底して整理ができます。

普段は、自分の好きなことをスタートするきっかけに掃除や整理整頓をするくらいに考えておくと気が楽なのです。

■成長するために<2771>
好きなことを中心に考えて、整理整頓は気軽にやろう。