淡々と目標に向って前進する。いくら考えても前には進まない【小さな成長2985】

淡々と生活していくときに、一緒にやりたいことを組み込んでいこうとするのだけれどもうまくいかない。

淡々とやっていってもうまくいかない。

焦る。

なぜだと考える。

いくら考えてもうまくいかない。

考えるのをやめることだ。

いくら考えても、大したいい答えは出ない。

考えるだけ時間の無駄。

考えるのが、休んでいるのと似たようなものになる。

いろいろなことは考えないで、自分が設定した目標を淡々とクリアしていく。

淡々と自分の好きなことをやる。

淡々と目標をクリアしていく。

考えてもうまくいかない。

淡々と今日も目標に向って前進していくことだ。

■成長するために<2985>
淡々と、今日も前進しよう。

好きなことを淡々と続ける。向いていないことを続けても1年後何も変わらない【小さな成長2978】

淡々とできることをやっていく。

いろいろやりたいことがあるのかといえばそうではない。

やりたいことは1つである。

あとはやりたいことをやっていくだけである。

一気に何とかしようとすると疲弊する。

何としてもという気持ちは、普段使っていると長続きしない。

大体でいく。

目標は目標で決めておく。

目標達成は、時間をかける。

自分が嫌だと感じたことは当たっている。

向いていないことを必死にやるのは疲れる。

向いていないことをやっているうちに1年経つ。

1年経って何も変わらない。

向いていないことを我慢して続けるより自分が目指すことをする時間を毎日増やしていくことだ。

■成長するために<2978>
好きなことを、時間をかけてのんびりやろう。

仕事ができないと言われても気にしない。お前は仕事のできないクズ人間と言われても気にしない【小さな成長2967】

仕事ができないと言われても、気にしないことだ。

要領のいい奴が、仕事ができると言われているだけの話である。

今日、一見仕事のできなさそうな人と出会った。

お前は、仕事ができないというレッテルを貼られる。

バリバリ仕事ができる雰囲気ではなく、真逆。

2、3時間一緒に仕事をしたあと、

「何か好きなことは、あるんですか?」

と聞いてみた。

作曲家を目指しているとのことだった。

話をしていて、楽しかった。

また、世界のどこかで会いましょうと約束した日であった。

■成長するために<2967>
仕事のできる使いやすい人間になっていることに気づこう。

心も壊れるのが自然なのか。好きなことをすぐ始めないのは老い。暇な時間をつくる前に行動開始だ【小さな成長2961】

年をとると、いろいろな理由を付けて行動しない。

足が痛い

腰が痛い

疲れがとれない

と、ため息ばかり。

老けた証拠だ。

持ち物が壊れたら、捨てて新しい物を買えばいい。

若い人は、バリバリ働いて好きな物を手に入れる。

老いてくると、人間関係がどうとかストレスはためないようにしないととか、寝不足じゃいけないとか、いろいろ行動しない都合のいい理由を考えて、新しい物を買わない。

持ち物が、壊れてもがっかりしないことだ。

壊れたら、また新しい物を買えばいい。

その時は、ケチケチしないで、新品の最新にする。

働いて金を手に入れればいい。

新品の最新は、すごいのである。

行動しない理由ばかり考えていては、どんどん年寄りくさくなる。

スマートフォンを落として、カメラのレンズが割れる。

せっかく買ったのに

買ったばかりなのに

と、思う。

割れたレンズは、元には戻らない。

コップは、落せば割れる。

子供の頃、よく茶碗を落して割った。

子供心に、ショックだった。

物は、そのうち壊れるのが自然である。

物は、壊れる方向へ向かうのが自然な流れ。

今、ふと思った。

心も、そのうち壊れるのが自然なのか。

心は、壊れないに越したことはないが、もし、心も、壊れる方向へ向かうのが自然だとするならば興味深い。

心には、壊れたのに元に戻ろうとするすごい力がある。

心が壊れても、時間と共に修復はする。

しかし、修復の仕方を誤ると、とんでもない悪のパワーを身につける。

私は、スター・ウォーズが好きだ。

といっても、まだ、ローグ・ワンは見ていない。

なので、好きといってもたいしたことはない。

最近の日本ドラマにも、面白そうなのがあることをこの間知った。

私は、海外ドラマが好きなはずで、2、3年前はよく見ていた。

海外ドラマも、好きと思っているが、最近は見ていない。

見る暇というのは、つくろうと思えばいくらでもつくれる。

暇をつくらないということは、そんなに好きではないということか?!

話が脇道にそれたが、心もそのうち壊れるのが自然の姿なら、壊れた仲を元に戻そうとするのは、自然の摂理に反する。

壊れた仲を、一生懸命ボンドでつけようとしても、歪になるだけ。

壊れたものを元に戻すより、未来を思い描いて新しい出会いを考えていくことだ。

新しく誰かと出会うには、成長が必要。

同じ場所に留まっていては成長しない。

新たな場所へ向って飛び出す。

飛び出すとは、行動を起こすということ。

夢では、いつまで経っても夢のまま。

行動に移せば、夢が現実になる。

夢が叶わないのは、行動が止まっているということ。

一度や二度の失敗は、失敗のうちには入らない。

100回200回くらいの失敗は普通にしている。

30年40年生きていれば、失敗は100、200なんて少ないはずがない。

行動に移せなくなったら、一気にジジイ、ババアだ。

行動に移す前に、あれこれ理由を付けて動かないのは、老けているのである。


■成長するために<2961>
老けている自分に気づこう。

金運を上げるには好き嫌いで決めないようにする。物を捨て毎日掃除することから始める【小さな成長2955】

いくら金運のある高価な物を買っても、掃除ができなければ逆効果である。

好き嫌いで決めるとうまくいかない。

私は、以前好きか嫌いかで決めていた。

好きか嫌いは、自分の環境に左右される。

自分の金運に左右される。

自分に金運がないと、信じられないものを好きになる。

金運を上げるには、好き嫌いで決めないほうがいいと最近分かってきた。

金を生み出す力のなさそうな人間は、金運のなさそうなものを好む。

精神的につらい状況は、よくない。

精神的につらい状況が長く続くと、金運が逃げていく。

旅はいいような気がするが、旅で気をつけることは、よくない運をもらってしまうこと。

自分のレベルを上げていくには、運のないものに近づかないことだ。

運のない人間にも、近づかないこと。

自分の今までの友達、家族、知り合いを見渡してみる。

金をもっていても、金運のなさそうな人間はたくさんいる。

先祖からもらった金運で、今を何とかやり繰りしている輩はたくさんいる。

自分が、今金をもっていなくても、焦ることはない。

しかし、金運がないというのは苦労するから金運は、意識して上げていく。

金運を上げて、金を生み出す力を磨く。

物を捨てると、いい厄落としになる。

新しい物を買う前に、捨てる。

新しい物は、金を生み出す力をもっていそうな物にする。

ただし、自分が金運をもっていないといい物は買えない。

今持っている物を綺麗に捨てて、できるだけ金運のある物を買うようにする。

そのとき気をつけることが、掃除。

掃除のできない人は、物は買ってはいけない。

まずは、掃除を毎日できるようにすること。

いくら金運のあるいい物を買っても、ホコリだらけにしては、余計に金運を下げるだけである。

■成長するために<2955>
金運のある高価な物を買う前に、1年間毎日掃除をできるようになろう。