疲れている時に無理な挑戦はしない。疲れている時に無理矢理挑戦すると嫌になる【小さな成長3238】

スポンサーリンク

疲れている時は、無理な挑戦はしないことだ。

挑戦は、疲れていない時にする。

疲れているに無理矢理挑戦すると嫌になる。

挑戦する前は、疲れを取ることを第一に考える。

疲れが溜まったままでは、挑戦は続かない。

自分の好きなことがある。

1人でやりたいことが、自分の好きなこと。

好きなことの中にも、面倒くさいと思うことがある。

面倒くさいことも、何か楽しむ方法はないか探してみる。

楽しむ方法は、実はいろいろあるのだろうが、なかなか楽しむ方法にたどり着かない。

面倒くさいと思ったことでも、やってみると意外と夢中になれることがある。

何でも面倒くさいで片付けないことだ。

面倒くさいことをやろうという時は、疲れていない時にする。

好きなことをするというのは、結構大変だ。

面倒くさいけれども、やってみたいということが好きなこと。

好きなことは、手間がかかる。

何か始める時は、疲れを取ってからにする。

疲れていると嫌になる。

心が追い込まれる疲れは、二度と経験したいとは思わない。

疲れてくると、敏感になる。

感じなくていいことを、疲れてくると感じる。

疲れてくると、思わなくていいことを思う。

疲れている時に嫌な思いをすると、もう一度やってみようとは思わない。

疲れている時に感じることは「もうやめておこう」という感情。

続けるには、疲れる前にやめる。

挑戦する時は、少し物足りないくらいでやめておくことだ。

■小さな成長<3238>
疲れる前に、切り上げよう。

達成感は、始めないことにはいつまで経っても得られない【小さな成長3237】

達成感というのは大事である。

達成することで、さらなる挑戦ができる。

前々からやろうと思っていたことを始める。

前々からやろうと思っていたことは、始める時に勢いがいる。

始めれば流れに乗れるのに、最初の一歩を踏み出せない。

大きな一歩とはいかないが、それなりの一歩を踏み出す。

とにかく始めることだ。

とにかく始めて、必要なものを揃える。

イメージと実際は違う。

実際試してみると、使わなかったり合わなかったりする。

始めてみて、初めて必要なものが分かる。

始めることで、いらないものが分かる。

始めるのに何も準備しないわけにもいかないから、ある程度準備したら始める。

トラブルが起きた時の準備をしておく。

実際に起きた時と練習は違うだろうが、予測できる準備はしておく。

最低限の必要なものを揃えたら、スタートする。

実際に始めると「ようやくここまできた」という達成感がある。

始めるということは、一つの達成だ。

考えていることは、実際はなかなか始められない。

考えていたことが、ようやく始められる。

始めることで、達成感を得ることだ。

成し遂げるだけが、達成ではない。

始めることにようやくたどり着くのも、達成なんだ。

■小さな成長<3237>
今まで思っていたことを、思い切って始めよう。

家を綺麗に掃除する。毎日生活している家が汚いと新しいことを始めてもうまくいく気がしない【小さな成長3066】

家が汚いのにいろいろなことを始めないことである。

汚い空間で新しいことを始めてもうまくいく気がしない。

どうしようと思った時は掃除をする。

何をしたから劇的に生活が変わるということはない。

必要に迫られてやることというのはあまりプラスではない。

必要に迫られないほうがいいわけだ。

さて、これからどうしようと思う時も、とりあえず掃除から始める。

部屋というのは、何かとゴチャゴチャしてくる。

捨てればいいのだが、ゴミの分別というのがこれまた面倒くさい。

間違ったゴミの日に出すと間違ったゴミは持って行ってくれない。

考え事の前に掃除をする。

とりあえず掃除をする。

掃除も頑張らない。

何となく掃除をする。

何となく掃除を始める。

いい選択にならないのは、そもそもいい場所で考えていないというのがある。

考えている場所が悪い。

自分の部屋で生活する時間は長い。

毎日どこかに行くわけでもない。

仕事に行って家に帰ってくる。

家では寝るだけという生活でも、寝ている時間は家にいる。

毎日家に寝に帰ってくるだけという生活は、なおさら家が汚くなる。

そんなに頑張らなくてもいいから、少しでも家を掃除することだ。

■成長するために<3066>
新しいことは、家を掃除してから始めよう。

好きなことを7ヶ月間新しい物をそろえて快適に思い切りやる【小さな成長3055】

持ち物を新しくする。

新しい物を持つとやる気が出る。

7ヶ月間はすぐに過ぎる。

好きなことをするにしても、好きなことをするのに物がいる。

どれだけ快適に7ヶ月間を好きなことをして過ごすか。

計画を立てるとか記録するとかは、今まで散々やってきたのでやらない。

いろいろ面倒くさい計画は立てない。

好きなことというのは自分の感覚。

自分の感覚を大事にする。

休みの期間があった分、集中できる。

集中的に好きなことをする。

持ち物を新しくし、純粋に好きなことに7ヶ月間没頭することだ。

■成長するために<3055>
新しい物で7ヶ月間好きなことをとことんやろう。

行動を開始したら7ヶ月で結果を出す。12ヶ月で結果を出しては2年目が続かない【小さな成長3053】

新たなスタートを切る準備を始める。

スタートしたら、7ヶ月目に結果を出すことである。

12ヶ月目、1年後に結果を出そうとしてはタイミングが遅い。

陽気は、すっかり春である。

昼間は、半袖でもいいくらいの陽気である。

動きやすい季節になった。

自分にとっても春の季節なら、いよいよ行動開始だ。

待つことは大事だが、待ち過ぎると動かなくなる。

何もしないと何も変わらない。

自分にとって春が来たと感じるなら、行動を開始する。

行動を開始する時は、7ヶ月ビジョンにする。

1年は春夏秋冬とある。

自分の行動を開始する時が春。

春が来て夏になり、7ヶ月目頃の秋に結果を出して収穫し冬に休む。

春が来て行動を開始するのはいいが、いつまでも行動は続かない。

夏が来て秋に結果を収穫し、冬になったら休むということを忘れないようにする。

休むことを視野に入れないと、行動を開始し結果が出たのはいいが休む期間が無い。

結果が出たとしても休む時期がないと、次のサイクルで息切れする。

息切れし、次のサイクルで思うように結果が出なくなる。

休むことを計算に入れておかないと、1年で頓挫する。

3ヶ月ごとに区切って組み立てていく。

行動を開始する月が1ヶ月目。

7、8、9ヶ月目が結果を出して収穫する時期。

10ヶ月目から12ヶ月目は休む時期にする。

12ヶ月目、1年間後に結果を出そうと考えると、休む時期に結果を出すことになる。

12ヶ月目に結果が出たのはいいが、結果が出たあとすぐに春では、休めなくて2年目以降体がもたないし気力も続かないのである。

■成長するために<3053>
7ヶ月目に、結果を出そう。