何もできていなくても焦らない。今は春に向け体調を整える時期と考える【小さな成長3023】

何かしようと思っても、何もできないときがある。

自分にとってタイミングが悪いのである。

頭の中で考えていることがあるのだが、できない。

いろいろなことが重なって、今すぐには行動に移せないときがある。

気持ちは焦る。

1月2月3月と、何もできなかったと焦る。

焦ってもいいことはない。

待つ時期というのは何も進んでいなくて、あまりいい気はしない。

それでも、待つ時期は待つ時期なのだから待つ。

何もしないで待つ。

準備とか段取りとか余計なことは考えない。

何もしない。

もし、働かなくてもいいのなら働くのもやめる。

何もしないという時期は、大事である。

真冬に下手に行動を起こせば、命を落とす。

東京の真冬はそうでもないが、北国の真冬は極寒。

マイナス30度になる地域もある。

真冬でなくても、外にいつまでもいては死ぬ。

北国の夜中、太陽がなくなる時間帯は、寒いでは表現できない冷たさ痛さ体が凍る。

それでも、真冬の星座は綺麗なので、真冬の夜空は楽しいのだが。

自分の体や心のタイミングにも真冬がある。

カレンダー上の季節は真夏でも、自分の体や心にとっては真冬という人もいる。

四季の移り変わりは毎年同じタイミングであるように、自分の体や心の四季も毎年同じタイミングである。

わざわざ自分の体や心にとって真冬の時期に、行動を起こすことはない。

真冬に行動を起こせば、命を落とす。

何もしないというのは、実は自分の命を守っているのである。

正月がきて1月2月3月は、あっという間に過ぎて行く。

もう3月も終わると焦ることはない。

日本の1月2月3月は、真冬の季節である。

真冬の時期1月2月3月に行動を起こすのは、そもそもいいタイミングではないのである。

真冬なのだから、無理に行動を起こせば命を落とすとまでは言わないまでも、体を壊すし風邪を引く。

1月2月3月は、暖かくしてゆっくり体を休める。

これからやってくる春。

4月5月6月の春の季節に行動を開始できるよう、もう少しの間は体と心を休めておけばいいのである。

■成長するために<3023>
気長に、春を待とう。

毎日を精一杯生きる。そうすれば20年後好きなことができる【小さな成長3011】

毎日の生活の中に好きなことで飛躍するヒントがある。

仕事をしていて、これは自分の好きなことに活かせそうと思うときがある。

思ったことは、試してみる。

今までと違うことを、ふと思うときがある。

今までと違う路線。

なぜ、今まで気づかなかったのか。

何となく思ったことは過去にあったのだが、実現できなかったこと。

昔は、しようと思わなかったこと。

19年前に興味は持ったができなかったこと。

歳月と共に、実際にやってみようと思えるようになってくる。

心の準備というほど大げさなものではない。

どちらかというと、心に余裕ができたということか。

なぜ、昔は実際にやろうとは思わなかったのか不思議である。

昔も、やろうと思えばできたような気もする。

19年前は、社会に出て働くことで精一杯だったのだろう。

年齢と共に心に余裕ができる。

昔チャレンジできなかったことに挑戦していく。

19年20年経ってやりたい好きなことが思い切りできる。

幸せな毎日だ。

■成長するために<3011>
今を精一杯生きよう。

未知の新たな挑戦を開始する。自慢話を始める前に【小さな成長2983】

器の大したことのない人は、自慢話が増える。

昔は昔はと、話していることが何十年も昔の話ばかりだ。

今がない。

未来がない。

自慢話は、やめることだ。

自慢話に本人は気づいてない。

誰も自慢話をしていますとは教えてくれない。

自分で気づく。

年を取ると自慢話が増える。

知り合いの話が増える。

あいつは社長になった、あいつは部長になったという話ばかり。

昔はああしたこうしたと武勇伝が増える。

口を開く前に、未知の新たな挑戦を開始することだ。

■成長するために<2983>
自慢話はやめ、新たな挑戦を始めよう。

ガキにならないよう気をつける。待って最短距離を摑む。思ってもすぐに始めないことだ【小さな成長2980】

自分の感覚を信じない。

自分の感覚は信じないことだ。

自分の感覚というのは怪しいのである。

決断するときは、それで間違いないと思って決断する。

実際は、追い込まれて決断する。

追い込まれて決断したものは間違いである。

間違いではないと思っている時点で間違っている。

自分が正しいと思ってやっていることを否定されると腹が立つ。

腹が立つということは、図星を指されたのである。

腹が立ったら省察するいい機会だ。

腹が立つということは、短慮ということ。

短慮とは浅はかということ。

相手の思う壺。

ガキは、待つことができない。

早く早くと強請る。

ガキにならないよう気をつけることだ。

何かしたいと思ったとき、思ったらやらずにはいられないのはガキと同じである。

金がある分、ガキよりも厄介だ。

失敗は、敢えてすることはない。

最短距離のイメージは大事だ。

待って、最短距離を手に入る。

待って、最短距離を摑むことだ。

■成長するために<2980>
じっと待って、最短距離で行こう。

金を一瞬で得る練習をする。金をコツコツ貯めても金は一瞬でなくなる【小さな成長2973】

頭で考えたことをやってみる。

考えたことを実際にやっていく。

どうすれば実現できるか。

始められないと思っているのは、自分。

やってみれば意外とできる。

何百万円何千万円することは、コツコツという発想でできるかは不明だ。

1年に100万円貯金しても1千万円貯めるには10年かかる。

確かにコツコツ10年かければ1千万円は貯まる。

10年後1千万円を手に入れたときにどうなるか。

本当にその1千万円を有効に使えるか。

貯める発想は、時間がかかる割に使えば一瞬でなくなる。

一瞬で1千万円がなくなり、また、10年かけて1千万円貯めるのか。

金を使って、金をもっと楽に得る方法を考える。

1千万円を一瞬で得る方法を考え実践する。

借金ではなく、不法ではなくギャンブルでもなく合法で金を得る。

コツコツやるなら、1千万円を一瞬で得る練習をコツコツやっていくことだ。

■成長するために<2973>
金を一瞬で得る練習を、少額から始めよう。