迷ったら行動に移す時と、迷ったら行動しない時を決めておく【小さな成長2965】

迷った時、判断に迷う。

どうしようと思う。

迷ったらやるという選択と、迷ったらやらないという選択がある。

今まで、私も両方やってきた。

迷ったらやると決めてやってみた時期と、迷ったらやめると決めて、やらない時もあった。

最近は、

迷った時はやる時期、日、年、月、

迷った時はやらない時期、日、年、月

というふうに分けている。

毎年の繰り返しで、私達は生きている。

毎年同じことを繰り返している。

毎年を見直していくと、自分にとってよくないことが起きる月というのは意外と決まっていることに気づく。

そういう月は、迷ったらやらないようにする。

わざわざ、悪い方向へ自分から向うことはない。

毎日過ごしていると、基本は悪い方向へ向うのである。

毎日人と会う。

人と会えば、悪いものの影響は必ず受ける。

良いオーラの人を意識してみる。

悪いものを出している人とは関わらない。

無口になって気づくことがある。

この人は、落ち着きがないということ。

そういう落ち着きのない人とは関わらないことだ。

■成長するために<2965>
落ち着きのない行動を、やめよう。

腰を痛めないように気をつけながら好きなことを今日もスタートする【小さな成長2834】

朝目覚ましが鳴っているけれども、何度も止めてしまってなかなか起きられない時があります。

何度も何度も目覚ましを止めてしまう。

起きなきゃ起きなきゃと思うのだけれども、1時間くらい無駄にしてしまう。

体がかなり疲れているなと思います。

目覚ましの音に気づいたら目覚ましを止める前に体を起こしましょう。

目覚ましの音に気づいているのにまた寝てしまってはもったいない。

目覚ましの音に気づいたら目覚ましを止める前に体を起こして顔を洗ってしまいましょう。

体を起こしてから目覚ましを止めましょう。

横になったまま目覚ましを止めるともうそこからは起きません。

もう少し寝ていたいけれども寝ていてはもったいない。

体が疲れていても、3時間4時間夜中に寝ていれば体は蘇ります。

目が覚めて体が動かないと思っても、そこからゆっくり体を動かし始めましょう。

目が覚めてゆっくり動きだす時に腰を痛めないよう十分注意して起き上がりましょう。

腰を痛めてしまうと何もできなくなります。

朝は腰を痛めないよう十分注意することです。

顔を洗う時にも腰を痛めないよう気をつけましょう。

せっかく起き上がったのに腰を痛めてしまってはショックです。

朝は、急激な動きはしないよう気をつけましょう。

腰は伸ばし過ぎないようにして腰を意識してゆっくりお腹に力を入れてお尻をゆっくりキュッと締めるようにして腰を痛めないようにしましょう。

腰は身体の要です。

腰を痛めないよう大事にして今日も元気に好きなことをスタートしましょう。

ストレッチも伸ばし過ぎないことです。

何をするにもほどほどが大事です。

早起きも頑張り過ぎないことです。

目覚ましがなったらゆっくりとぼちぼち起き始めて腰を痛めないように動き始めて、今日も好きなことを前進させるのです。

■成長するために<2834>
頑張り過ぎずに、好きなことを前進させよう。

継続することで、姿勢がよくなる。【小さな成長1219】

★メルマガご紹介★

姿勢は、大切です。

姿勢のいい人は綺麗だし、パワーが内側からあふれています。

本日ご紹介するのは、大阪の治療家yoshikoさんのメールマガジンです。

yoshikoさんは、骨格矯正&肩こり、腰痛の根本治療やヨーガ・骨格調整エクササイズなどの指導歴が15年以上です。

姿勢を治す方法を、分かりやすくアドバイスしてくれます。

・体の歪みを治したい
・小顔になりたい
・綺麗になりたい
・食生活を見直したい
・自分に自信をつけたい

という方にオススメのメルマガです。

転ばぬ先の杖
長年の治療経験から先を予測して予防法をお伝えさせて頂きます
★『治療家yoshikoの潜在意識・健康通信』★

パソコン用
http://www.mag2.com/m/0000255832.html
携帯用
http://mobile.mag2.com/mm/0000255832.html

継続することで、姿勢がよくなる。【小さな成長1219】

一日の中で、姿勢を意識する時間をつくりましょう。

姿勢を意識するときには、最初は頑張り過ぎないことです。

短い時間から、始めていきましょう。

今、このメールを読んでいるときに、両肩を少し下げてみましょう。

両肩を下げると、自然と背筋が伸びます。

一日中、ピシッとした姿勢でいようとすると、大変です。

一日3秒背筋を伸ばすことから始めていくことです。

背筋を伸ばすことが習慣になってくると、パソコンに向かっているときや、歩いているときに応用できるようになってきます。

姿勢がよくなるために大切なことがあります。

自分の中で自信のもてることをつくることです。

自信がついてくると、自然と姿勢もよくなります。

視線を遠くにおいて歩けるようになります。

ちょこちょこした歩き方から、落ち着いた歩き方へと変わっていきます。

実際に背筋を伸ばすことと合わせて、自信をもてることを始めていきましょう。

「こうなりたい」という目標に近づいていくと、自信がついてきます。

自信をつくるのに大切なことは、続けることです。

続けることで、自信がついてきます。

続けるには、やめてしまわない程度の量にしておくことです。

毎日続けられる量を、日々欠かさずにやっていくのです。

■成長するために<1219>
一日30分を、毎日続けよう。