成功も失敗も、人に話さず淡々と過ごす。成功の法則は行動に移すと見えてくる【小さな成長2951】

自分の中で、成功の法則というのが見えてくるときがある。

こういうときはうまくいく。

こういうときは失敗する。

成功の法則は、独自のものである。

最初は、見たり聞いたりしていいなと思う。

いいなと思ったことを行動に移す。

失敗する。

うまくいくときもある。

失敗したときは、心に深く残る。

成功は、忘れていく。

なぜ、失敗の方が心に深く残る気がするのか。

それは、失敗の方をいつも考えてしまうから。

やらなければ良かったと、いつまでも考える。

成功は、人に話さないことである。

うまくいったことは人に話したくなる。

人に話すと、モチベーションは下がる。

人に話さず、淡々と生活していくことだ。

■成長するために<2951>
成功も失敗も、話すのはやめよう。

毎日淡々と過ごして一定のリズムを確立する【小さな成長2739】

新たな生活サイクルをつくったら、そのサイクルに早く慣れてしまいましょう。

自分の好きなことをしていくにも、毎日の生活で疲れないことが大事です。

毎日の生活で疲れてしまっては、自分の好きなことをしようという気が起こらなくなります。

無理な働きかたをしないことです。

毎日17時で帰ると決めたら、そのサイクルを守りましょう。

朝も同じ時間で仕事に行って、夕方も同じ時間で帰ってくる。

淡々と毎日を過ごしていくことです。

淡々と過ごしていくと朝も毎日同じタイミングで起きることができます。

毎日同じタイミングで過ごして、毎日の生活を淡々としていくことです。

疲れ過ぎると疲れを取るので精一杯になってしまいます。

疲れが取れないまま1週間が終わって変なストレスがたまるのです。

疲れをためないようにしましょう。

毎日一定のリズムで生活していくことです。

毎日一定のリズムで生活しながら、自分の好きなことを前進させるのです。

■成長するために<2739>
一定のリズムを確立しよう。

早く起きて今を変える決断をする【小さな成長2645】

早起きの習慣を取り戻すために、朝、眠いけれども起きましょう。

昼のストレスを避けるためにできるだけ寝ていたいと思います。

睡眠時間をしっかりとると、昼間のストレスを聞き流すことができます。

細かなことに反応しなくてすみます。

睡眠によって危険を回避できますが、ただそうしていると、いつまでたっても、朝が遅くなるという悪循環から抜け出すことができません。

昼の安全よりも、自分のやることを優先しましょう。

できるだけ昼のストレスには関わりたくないと思いますが、それでは避けていては自分のチャンスもだめになります。

ストレスが睡眠時間が減ったことによって増えたとしても、朝を変えるために必要なことなら行動を起こしましょう。

朝を変えないと、この1年も去年と同じになります。

朝を変えて、昼間のストレスのある環境からは決別する行動を起こすのです。

自分が楽しくなければ、続けていても自分がおかしくなるばかりです。

昼間言いたいことを言って威張っている人に、自分を押し殺していつまでも合わせる必要はないのです。

いつまでも相手に合わせている自分も嫌になります。

朝を変えて昼間決断しましょう。

今の環境を変えて、自分の好きなことを何としても前進させるのです。

■成長するために<2645>
早く起きて、今の環境から決別する行動を起こそう。

休みの日に、これからについて考えてみる【小さな成長2360】

感じをよくするというのは、疲れます。

感じがいいというのは、とても大変です。

テンションがおかしくなるし、気持ちの浮き沈みは大きくなるし、仕事が終わった後は、どっと疲れます。

感じをよくするというのは、気力と体力を消耗します。

感じをよくして楽しいのならいいですが、仕事で無理やり感じよくして、それを何時間も続けないといけないような状態は、精神がボロボロになります。

あまり真面目に、考えないことです。

適当に、息抜きしましょう。

体調を崩してまで、頑張らないことです。

仕事だから頑張らなければいけない状態が続きます。

気合いを入れて、テンションを上げていかないといけない。

テンションを上げていくのは、疲れます。

無理をして感じをよくし続けるというのは、自然ではありません。

休みの日は、静かに過ごして、気持ちを楽にする時間を増やしましょう。

リラックスする時間を増やして、気分転換しましょう。

ボーとする時間をつくって、これからを考えてみることです。

これからどうするかを、休みの日はゆっくり考えてみるといいのです。

■成長するために<2360>
のんびりこれからについて、考えよう。

気分がのらないときでも、いつも通りに一日をスタートする。【小さな成長1575】

「さあ、今日もやるぞ」というテンションではないときもあります。

毎日、やる気満々というわけではありません。

ぼちぼちの日があってもいいのです。

いきなり全開では、体が壊れてしまいます。

しんどいときには、少しずつ体を動かしていきましょう。

気分も徐々に高めていきましょう。

そんなに急ぐことはありません。

いつも通りに始めれば、今日という日も自然と進んでいくのです。

日々の生活が安定すれば、焦ることもなくなります。

毎日の流れに身を任せながら、今日も何ごともなかったかのように過ごしていけばいいのです。

流れに逆らうと、うまくいきません。

流れを見ながら、自分のやりたいことを実現していくことです。

毎日は、山もあるし谷もあります。

平坦ではありません。

淡々と過ぎていく時間を、もったいないと思わないことです。

使い切れないからといって、がっかりすることはありません。

毎日は、平凡なことの繰り返しです。

使い切れない時間があるから、いいのです。

遊びが、大事です。

遊びは、余裕です。

余裕がないと、壊れてしまいます。

息抜きの時間を、つくりましょう。

ぼけっと、今日の流れに身を任せてみましょう。

落ち込み過ぎず、張り切り過ぎずです。

気分がのらないからといって、がっかりし過ぎないことです。

そのうち、気分は回復するのです。

■成長するために<1575>
自然な流れに、身を任せよう。