心ときめく物はあっていい物。無理に捨てずいらなくなったら捨てればいい【小さな成長2989】

物が多いというのは、そんなに気にすることはないそうだ。

定位置に戻すことが出来ていれば、物の多さは関係ないというようなことをその道の達人が書いた本で読んだ気がする。

達人は、物心ついたときから、片付けの研究をしている。

今は、世界中の人々と片付けをしているそうだ。

今の自分に必要な物は、変わる。

私は、今まで物を捨てるというのを3回ほどやった。

1度目は、ダンボール1個くらいにした。

2度目は畳1畳くらいにした。

3度目は、普通のリュックサックに楽に入るくらいの持ち物にした。

2度目の畳1畳は、大した捨てたうちには入らないか。

今、少し荷物が増えたが、それでも、すぐにリュックサックよりも少ない量に減らすことができる。

物を減らすのは、難しいようで簡単だ。

もし今金があるなら一瞬で終わる。

いくらかかるかは知らないが、10万か20万くらい払って、全部業者に処分してもらえばいい。

金で解決できる。

私は、今までコツコツと言ってもある程度一気にだが、1週間から10日くらいかけてコツコツ捨てていた。

コツコツ捨てるのは時間の無駄というのが最近分かってきた。

捨てるときに迷うのが醍醐味の時期は、終わった。

捨てるには大いに迷うといい。

迷いに迷って、迷っているうちは捨てられない。

荷物と共に引っ越しする。

迷いというのは、同じことをしていては消えない。

今までとまったく違う生き方。

生き方を変えたときに、捨てることができる。

今の生き方が合っているなら、無理に変えることはない。

今周りにある物は、自分にとって心ときめく物なのだから。

■成長するために<2989>
いらなくなったら、捨てよう。

チャレンジする。未知の世界へ挑戦自分の知らない世界に挑戦する【小さな成長2971】

今日、某ハンバーガーショップに行った。

そこに、輝いている女子高生スタッフがいた。

最近、できる女子高生をよく見かける。

漫画喫茶でも、活躍しているのは、女子高生スタッフ。20代前半の女性スタッフ。

いい接客をする。

海外のことは、私は分からない。

20年くらい前に、シンガポールとニューヨークへ行っただけなので、海外の感覚は知らない。

海外では、笑顔というのはどうなのか。

海外の接客というのは、どうなのだろう。

日本人の笑顔が、海外では変なのではないかと私は思うのだが、その辺は、今後海外へ行ったら分かることだろう。

今日行ったハンバーガーショップに、外国人が2人来た。

今、周りを見渡しても、外国人はいない。

日本人ばかりだ。

日本は、外国人が少ないのだろうと改めて思う。

地方都市で、外国人を見ることは、相変わらず少ないのではないか。

その2人の外国人は、まったく日本語が分からないようだった。

日本語が分からなくても、日本へはやってこれるところが日本はいいところなんだろうと思う。

日本の治安は、恐ろしいほどいい。

大阪のあいりん地区も、真夜中の3時4時頃は、異様な空気があるが、暗闇に入らなければ命を落とすことはそうそうないだろう。

新宿歌舞伎町も渋谷も大阪のミナミも、札幌のすすきのも、初めていくと怖い空気はあるが、慣れればそうでもない。

私は、渋谷の早朝が好きだ。

そういえば、六本木の夜の雰囲気はいい。

外国人がたくさんいる。

六本木の夜は、ノリノリである。

話が横道に逸れた。

日本語がまったく通じない外国人には、「これ」も通じない。

どうやら、指を指しても通じなかったようだ。

ポテトも外国人は希望したようだが、女子高生には、ハンバーガーと飲み物の単品注文に思えたようだ。

多分、ポテトとかハンバーガーとか日本語のまったく知らない外国人に言っても通じない。

外国人にpotatoと言うと、料理に使うスーパーで買ってきたジャガイモが出てくると思われるのだろうか。

あとで、その外国人2人の近くを通ったら、ポテトもトレーに載っていた。

英語は、最近は小学生からカリキュラムに組み込まれているようだが、日本の英語教育は今も昔も変わっていないと感じる。

ところで、日本語をまったく知らなくても日本へ来てしまう外国人に私は感心した。

そして、うまくいかなかったが、終始笑顔で接客している女子高生にも感心した。

最近は、いろいろな人から学ぶことが多い。

■成長するために<2971>
チャレンジしている人から、学ぼう。

心が折れたら綺麗な場所で未来へ向けた決断をする【小さな成長2962】

心もそのうち壊れるものと考えると気持ちは楽になる。

心を折っちゃいけない、傷つきすぎてはいけないと思うと意外としんどい。

心は折れてもいいし傷ついてもいいと考える。

心が折れたり傷ついたりしたときに大事なのは、新たな行動を考えていくということ。

過去を見ても嫌になる。

未来を見る。

心が折れると、気持ちの整理がつくまで時間がかかる。

心が折れると、何をしても逆効果。

心が折れたときは、静かにあまり口は開かず気持ちを安定させる。

何日か寝て起きて日の出の太陽を見ていると、そのうち気持ちは穏やかになる。

新しいことをする決断は、心が折れた場所でしてはいけない。

心が折れた場所というのは、よくない場所。

そういうよくない場所で、未来に向けた決断をしてはいけない。

場所を変え環境を変える。

どの場所へいけば、いい決断ができるかは、30年40年と生きてくれば自然と分かってくる。

できるだけ綺麗な環境で考える。

ぼんやりと考える。

■成長するために<2962>
心が折れたら、綺麗な場所ですごそう。

心も壊れるのが自然なのか。好きなことをすぐ始めないのは老い。暇な時間をつくる前に行動開始だ【小さな成長2961】

年をとると、いろいろな理由を付けて行動しない。

足が痛い

腰が痛い

疲れがとれない

と、ため息ばかり。

老けた証拠だ。

持ち物が壊れたら、捨てて新しい物を買えばいい。

若い人は、バリバリ働いて好きな物を手に入れる。

老いてくると、人間関係がどうとかストレスはためないようにしないととか、寝不足じゃいけないとか、いろいろ行動しない都合のいい理由を考えて、新しい物を買わない。

持ち物が、壊れてもがっかりしないことだ。

壊れたら、また新しい物を買えばいい。

その時は、ケチケチしないで、新品の最新にする。

働いて金を手に入れればいい。

新品の最新は、すごいのである。

行動しない理由ばかり考えていては、どんどん年寄りくさくなる。

スマートフォンを落として、カメラのレンズが割れる。

せっかく買ったのに

買ったばかりなのに

と、思う。

割れたレンズは、元には戻らない。

コップは、落せば割れる。

子供の頃、よく茶碗を落して割った。

子供心に、ショックだった。

物は、そのうち壊れるのが自然である。

物は、壊れる方向へ向かうのが自然な流れ。

今、ふと思った。

心も、そのうち壊れるのが自然なのか。

心は、壊れないに越したことはないが、もし、心も、壊れる方向へ向かうのが自然だとするならば興味深い。

心には、壊れたのに元に戻ろうとするすごい力がある。

心が壊れても、時間と共に修復はする。

しかし、修復の仕方を誤ると、とんでもない悪のパワーを身につける。

私は、スター・ウォーズが好きだ。

といっても、まだ、ローグ・ワンは見ていない。

なので、好きといってもたいしたことはない。

最近の日本ドラマにも、面白そうなのがあることをこの間知った。

私は、海外ドラマが好きなはずで、2、3年前はよく見ていた。

海外ドラマも、好きと思っているが、最近は見ていない。

見る暇というのは、つくろうと思えばいくらでもつくれる。

暇をつくらないということは、そんなに好きではないということか?!

話が脇道にそれたが、心もそのうち壊れるのが自然の姿なら、壊れた仲を元に戻そうとするのは、自然の摂理に反する。

壊れた仲を、一生懸命ボンドでつけようとしても、歪になるだけ。

壊れたものを元に戻すより、未来を思い描いて新しい出会いを考えていくことだ。

新しく誰かと出会うには、成長が必要。

同じ場所に留まっていては成長しない。

新たな場所へ向って飛び出す。

飛び出すとは、行動を起こすということ。

夢では、いつまで経っても夢のまま。

行動に移せば、夢が現実になる。

夢が叶わないのは、行動が止まっているということ。

一度や二度の失敗は、失敗のうちには入らない。

100回200回くらいの失敗は普通にしている。

30年40年生きていれば、失敗は100、200なんて少ないはずがない。

行動に移せなくなったら、一気にジジイ、ババアだ。

行動に移す前に、あれこれ理由を付けて動かないのは、老けているのである。


■成長するために<2961>
老けている自分に気づこう。

何度でも挑戦し集大成の年にする。諦めたらそこで終了なのだから【小さな成長2960】

感じのよくないところには、近づかないことである。

掃除をして気づくことは、必要な物はほとんどないということ。

必要な物は、また買えばいい。

今まで必要と思っていた物でも、捨てる決断ができて実際に捨てることができると、驚くほど身も心も身軽になる。

物を持たなくなると、感じのよくない物やことに気づけるようになる。

10年以上、捨てることのできなかった物がある。

断捨離をするのだけれども、どうしても捨てられなかった物がある。

そういう思い出の品々が、ようやく捨てられる時が来る。

捨てる時は、生き抜くのに本当に必要なのかという決断の時に捨てることができる。

生きていれば、いくらでもやり直しがきく。

死んだらお終い。

もう死んでもいいという人が、たまにいる。

そういう人は、天才肌。

発想が、天才なのである。

天才の大変なところは、命を捨てることもできてしまうというところ。

あまり天才にならなくてもいいのではないか。

せっかく、この世に生を享けたのである。

苦しみもがくのは大変。

苦しまなくていい。

苦しいからといって、死を選ぶことはない。

馬鹿にされて非常につらいのは、家族からである。

家族に馬鹿にされるのは、とてもつらい。

家族から馬鹿にされることは、かなりつらいことだと知っておく。

家族からとことん馬鹿にされる経験をする。

そうすると、自分でも信じられないくらい心身はタフになる。

タフになるまでには時間がかかる。

タイミングによっては、1年2年、10年12年、下手をすると一生かかるダメージかもしれない。

ダメージを受け行動力が上がる。

心にダメージを受けた時には、同じ場所にいてはいけない。

退却は、大切な決断である。

ひどいダメージを心に受けた時に、その場所で耐えていては、心が歪む。

心が歪んでは、心を修復するのが至難の業となる。

ひどい時には、もう歪んだ心は、元に戻らないかもしれない。

なので、一度決めたことでも、やめるという決断は非常に大事だ。

勝負の年。

振り返れば、毎年この時期は勝負の年と言っている。

それでいい。

諦めたら、そこでお終い。

何度でも挑戦し直していけばいいんだ。

■成長するために<2960>
12年の集大成にしよう。