疲れたときは、ゆっくり休む【小さな成長2948】

スポンサーリンク

疲れたときは、ゆっくり休みましょう。

旅にでるのもいいし、近くの温泉にいくのもいい。

銭湯や健康ランドもいい。

湯船につかると、不思議と疲れがとれる。

よし、また、明日から頑張るぞなんていう気合いは入れないこと。

気合いを入れると疲れるのです。

適当でいいのです。

■成長するために<2948>
疲れをとったあとは、のんびりしよう。

引きこもりを馬鹿にしない。引きこもりは凄い奴なんだ【小さな成長2908】

多くの達人たちと出会えた今回の職場であったが、その中でもいい男だなと思う奴がいた。

仕事や職場の人間関係のことをよく知っていて、初めて働くような人間には仕事も教えていて、雰囲気は社員のようではなかったし、つけているストラップは日雇いの色ではなかったのでバイトかと思っていたら、同じ日雇いですとのこと。

日雇いもレベルの高い奴は、バイトのストラップをつけれるんだと驚いた。

ストラップの色を見れば、こいつは偉い奴なのか日雇いなのか、それとも客なのかというのが分かる。

スーツ姿で綺麗なヘルメットをかぶっている奴に普段は偉そうな社員がペコペコしている時は、そいつは客なのでちゃんと「いらっしゃいませ」と元気に挨拶しておくといい。

まあ、挨拶っていうのは、普段からやっていないと咄嗟にはできないのだが。

話が横道に逸れたが、そのバイトのストラップをつけている日雇いは、朝から夜までよく働く人だ。

それでいて、いつもだるそうなところがなかなかいい。

でも、だるいとか面倒くさいとは言わない。

仕事のできる人は、無口である。

だるそうだけれども、朝から夜まで淡々と無言で仕事をしている。

朝から夜までの労働を1週間毎日やるわけだから、いちいち気合いを入れていては体が持たないし精神が崩壊する。

だがやる時にはやる男で、瞬発力がめちゃくちゃある。

一気に仕事を片づける。

バタバタうるさいのではなく、空気を切るようないい音が聞こえてる。

かと思いきや、3分間だけですと言ってまたどよ〜んとしている。

ウルトラマンですね。

いやカップラーメンです。

今回の職場で仕事をしていて凄く感じたのは、上から目線だと人は動かないということ。

上から目線だと人は動かないというのは、前から意識していたことではあったけれども、今回はそれがはっきりとよく分かった。

上から目線の社員やパートやバイトに、頭に来ることもよくあった。

今までの職場では、はいはいと言うことを聞いてやったが、今回の職場では、威張っている奴は社員で偉そうな肩書きがついていようがバイトであろうが関係なくある程度逃げ道を作ってやってボコボコにしてやった。

先ほどの彼は腰が低くて、質問もしやすい。

聞きやすい人というのは、かなりストレスがたまるはずである。

分からないことはみんなその人に聞きにいくし、面倒くさい仕事は、偉そうな奴らは文句を言わない仕事のできるバイトや日雇いへ振ってくる。

俺も、それで今まで苦労した。

見ていると案の定面倒くさい仕事は、どんどん社員やバイトは彼のところへ持っていく。

それでよくストレスがたまらないなあと思っていたけれども、やはりストレスはたまっているようだ。

そのうち仲良くなって、昼飯はよく一緒に食うようになった。

話をしていると、いいことを言う。

長時間労働は嫌いだし、ちゃんと15分の休憩取るなら取らせてほしいですよね。

その通りである。

でも、僕は怒れないんです。

そうか、そういうことか。自分の感情を表に出せないんだ。

俺は、元々は百姓だから気性が本来は荒い。

俺が子供の頃、親父がよくテレビを見ながらこいつらは世間を知らないと政治家のことを言っていたので、サラリーとか都会の世界を知っておこうと思って北海道から本州へ出て本州の田舎から徐々に東京を目指した。

東京でもただ単純にネクタイを締めるサラリーの世界だけでは親父の言う世間というものは分からないのではと思って、ネクタイを締めるサラリーの世界をやりながら、西新宿や渋谷の道玄坂や虎ノ門や霞が関や銀座とかでレストランやコンビニとかで掛け持ちでバイトをして、あと日雇いの肉体労働も経験できる時に経験しておこうと思って働いた。

そして、大阪の地へやってきた。

大阪は、東京とは違う世界、人間を見ることができた。

大阪の人は、一見の奴には絶対にいつもおおきにとは言わない。

特にミナミ辺りの人がそうだった。

さすが、商人の世界。人間をよく見ている。

サラリーの世界で生き始めて約18年。

高校から大学へ行くと同時に百姓の世界から消えたので、丁度同じ18年くらいは百姓の世界にいた。

またまた、話が横道に逸れた。

どこまで話したっけ?そうそう15分の休憩の話。

だらだらと残業になる時に、15分の休憩を取らせようとしない管理側の人間。

余計に効率が悪くなることに気づいていない。

気づいてはいるのだろうけれども、なかなか15分休憩入れてくださいねとは言えない空気。

まあ、日雇いは残業代で日銭を稼げるから、文句は言わないでだらだらと働けばいい。

だらだら働いていても、今日来て今日去っていく日雇いよりよっぽどちゃんと仕事をするから、誰も文句は言わない。

それにできる日雇いをぞんざいに扱えば、奴らの面倒くさい仕事が日雇いへ振れなくなるわけだから、暗黙の了解である。

2日連続で休まないと、疲れが取れないですね

僕は、引きこもりなので

でも、働きゃなきゃと思って

休みの日は、1日中部屋に引きこもって、テレビ見てるか漫画読んでるかネットサーフィンしてます

話していて凄くアニメや漫画やネットの世界のことをよく知っている。

ドラゴンボールや北斗の拳、ジブリやカイジ、エヴァンゲリオンの話でめちゃくちゃ盛り上がる。

逃げちゃ駄目だで爆笑する。

アニメや漫画の世界は熱い。

ボロボロにされる弱者。

弱者を喰い物にする悪い奴がいて、権力に立ち向かっていくヒーローがいる。

彼は、大阪の寝カフェの穴場を熟知している。

別れの最後の仕事をした日、金なんかそんなに持ってないはずなのにラーメンと俺の大好きな生中をおごってくれた。涙が出る。

とてもいかした奴。

彼は、俺の一生の友だ。

お元気で。

また、世界のどこかで会いましょう。

■成長するために<2908>
引きこもり王に、なろう。

続けようと気合いを入れると続かない。1日で終了してもいいやというくらいの気持ちでいることだ【小さな成長2880】

続けるというのは大変で、生活が変わると続けることができなくなります。

環境が変わっても続けられるようにしていくには、毎日続けようとすることは最低限にしておくことです。

掃除というのも、毎日続けるのは大変。

3年くらいできたことでも、そのあと住むところ仕事、人間関係が変わって続けられなくなる。

毎日続けるにはたくさんやらないことです。

玄関の掃除というのも、続けるのが難しい。

新しいことを始めようとする時は、往々にして気合いが入っている。

気合いを入れて始めたことというのは続かない。

今まで自分の生活を振り返ってみると、気合いを入れて始めたことは続いていないのです。

何かを毎日やろうと思った時には、気合いは入れないことです。

そして、毎日続けようとも思わないことです。

毎日続けるというルールは、続けるのが大変です。

そういうルールは、最初からつくらないことです。

何となくやってみようかなと思ったことを何となく始めていくのです。

いつやめてもいい。

明日できなくてもいい。

今日始めて今日終わりになってもいい。

それくらいの軽い感覚で始めていくのです。

だらだら続けているうちに、8年くらい気づくと続けられていたり続けられていなかったりする。

5年くらい毎日続くと、続けないのももったいなくからまあやっておくかというくらいの気持ちもでてきて何となく続けられるようになる。

いつやめていい。

それくらいの気持ち、1日で終了それくらいの気持ちでのんびり始めてみるのです。

■成長するために<2880>
明日できなくてもいいやというくらいの気持ちでいよう。

好きなこと楽しいことをするということを思い出して、楽しんで集中するようにする【小さな成長2446】

自分をあまり追い込まないようにしていきましょう。

追い込むよりも、自然にできるようにしていきましょう。

自然に、毎日の生活に組み込んで、淡々とできるようにしていくのです。

たまには思いっきり遊んで、気分転換というよりもハメを外してみて、普段のペースを変えてみて、そして、また戻ってきて気持ちを切り替えてスタートするのです。

マンネリ化してしまうと、集中力が続かなくなります。

一日中集中しようと思う時には、集中する準備が必要です。

毎日朝から夜まで集中することができる習慣がつくりあげられていれば苦労はしませんが、そう簡単に朝から夜まで集中できるものではありません。

あまり難しいことをしようとすると続きません。

簡単なことでも、簡単過ぎるとそれも飽きてしまいますから難しい。

自分の性格と、よく相談しましょう。

性格は人それぞれで自分の性格に合わないことをしていては、集中力が途切れてしまいます。

自分が楽しめる状態をつくっていきましょう。

苦しんでしまっては、耐えて1日集中するということはできても、それを毎日続けるということは難しい。

楽しめて息抜きもできて、あまり頑張るとそれもまた疲れてしまいますから頑張り過ぎないようにして淡々と集中する。

遊べる時間、心に余裕を持つ時間をつくりましょう。

一生の時間に比べて、今の短期間で集中は終わりというわけではありません。

今目指している目標を達成した後は、次の自分が目指す目標があります。

好きなことをやっているのだから、苦しんでしまっては、やっていることがおかしくなってしまいます。

苦しまないようにしましょう。

好きなことをするという原点へ戻ってきましょう。

好きなことを続けているはずなのに、いつの間にか苦しんでしまっては、それを一生続けることはできません。

楽しいこと好きなことを我慢をしないでやって、そのことをしながら1日を過ごして目標に近づくようにしていくのです。

■成長するために<2446>
好きなこと楽しいことを、思い出そう。

うまくいかない時には、腹が立っても頭を下げてやり過ごす【小さな成長2325】

相手の言葉に、反応しないようにしましょう。

相手の言うことに、腹を立てないことです。

相手が言ったことを気にしてしまうと、ペースがおかしくなってしまいます。

うまくいっていない時は、気にしないで忘れてしまうのが鉄則です。

相手のことを気にしないようにするには、十分睡眠をとることです。

気をつけないといけないのが、寝不足の時です。

寝不足になると、言わなくていいことを言ってしまって失敗します。

体調がよくない時期は、意識して寝ましょう。

寝る時間を削って働くと、頑張っている自分に酔ってしまいます。

自分が思うことを相手に押しつけてしまって、トラブルになるのです。

うまくいっている時には、多少寝不足になっても、相手を受け入れる余裕があります。

それが、うまくいっていない時には、相手を受け入れる余裕がありません。

私はこんなに頑張っているのにどうして分かってくれないのとなってしまいます。

うまくいっていない時には、相手の話を聞くようにしましょう。

体調がよくない時には、大きな決断はしないようにして、頭を下げて、うまくいかない時期をやり過ごすのです。

新しいことや決断は、うまくいき出してからしても遅くはないのです。

うまくいかない時期は、焦ってしまいがちですが、不調な時にじたばたしてもいいことはないのだから、どっしり構えていることです。

何もしないというのは、実は意外といいのです。

何もしないで静かに待っていると、自分にいい時期がやってきます。

自分にいい時期がやってきたら、笑顔で円満に、行動を開始することです。

人間関係でギクシャクしそうな時は、時期がよくないと考えて、静かに時間が経つのを待ちましょう。

ギクシャクしそうな原因が自分にあるのではないかと考えると、謙虚になれます。

うまくいかない時期というのは、良好な人間関係の築き方を学ぶ時期でもあるのです。

■成長するために<2325>
頭を下げて、謙虚に話を聞こう。