迷ったら行動に移す時と、迷ったら行動しない時を決めておく【小さな成長2965】

スポンサーリンク

迷った時、判断に迷う。

どうしようと思う。

迷ったらやるという選択と、迷ったらやらないという選択がある。

今まで、私も両方やってきた。

迷ったらやると決めてやってみた時期と、迷ったらやめると決めて、やらない時もあった。

最近は、

迷った時はやる時期、日、年、月、

迷った時はやらない時期、日、年、月

というふうに分けている。

毎年の繰り返しで、私達は生きている。

毎年同じことを繰り返している。

毎年を見直していくと、自分にとってよくないことが起きる月というのは意外と決まっていることに気づく。

そういう月は、迷ったらやらないようにする。

わざわざ、悪い方向へ自分から向うことはない。

毎日過ごしていると、基本は悪い方向へ向うのである。

毎日人と会う。

人と会えば、悪いものの影響は必ず受ける。

良いオーラの人を意識してみる。

悪いものを出している人とは関わらない。

無口になって気づくことがある。

この人は、落ち着きがないということ。

そういう落ち着きのない人とは関わらないことだ。

■成長するために<2965>
落ち着きのない行動を、やめよう。

成功も失敗も、人に話さず淡々と過ごす。成功の法則は行動に移すと見えてくる【小さな成長2951】

自分の中で、成功の法則というのが見えてくるときがある。

こういうときはうまくいく。

こういうときは失敗する。

成功の法則は、独自のものである。

最初は、見たり聞いたりしていいなと思う。

いいなと思ったことを行動に移す。

失敗する。

うまくいくときもある。

失敗したときは、心に深く残る。

成功は、忘れていく。

なぜ、失敗の方が心に深く残る気がするのか。

それは、失敗の方をいつも考えてしまうから。

やらなければ良かったと、いつまでも考える。

成功は、人に話さないことである。

うまくいったことは人に話したくなる。

人に話すと、モチベーションは下がる。

人に話さず、淡々と生活していくことだ。

■成長するために<2951>
成功も失敗も、話すのはやめよう。

残り日数を計算し集中し直し、次のステージへ向けて飛躍する【小さな成長2348】

気持ちを切り替えていかなければいけない時があります。

残りは何日なのかを計算して、気持ちの切り替えをおこなっていきましょう。

残り1ヶ月と考えると、まだ1ヶ月あると思ってしまいます。

しかし、残りは1ヶ月はなく、実際に計算してみると自由な日は残り17日とか19日くらいしか残っていない。

そう考えてみると、のんびりしている場合ではなくなります。

残り日数や残り時間が分かってくると、意識が変わります。

残りの日数を、計算してみましょう。

計算してみると、自分が思っているよりも、残りの期間は少ないことが分かってきます。

ペースを早めて、スピードをアップしていきましょう。

具体的に日数が見えてくると、仕事が終わった後の過ごし方が変わってきます。

この1時間で何かできないかと、考えるようになります。

全部終わらなくても、途中まで進めようと思えてきます。

どうも毎日が何となく過ぎていくという時には、残り日数や残り時間を意識することです。

仕事が終わった後に時間をつくろうと考えると、仕事の取り組み方にもメリハリが出てきます。

残業しないでさっさと終わらせて帰ろうと思えて、時間がたつのが早くなります。

自分の目指す目標をクリアして、次へ進みましょう。

早送りして、やることを加速していきましょう。

スピードを上げて、早く目標を達成することです。

行動を、開始しましょう。

できないと思ってしまうと、できることもできなくなってしまいます。

一気に集中して、飛躍に向けて始動するのです。

■成長するために<2348>
残り日数を意識して、攻めていこう。

仕事の遅い人は、自分が仕事が遅いことに気づけていない。【小さな成長1623】

数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。

仕事の遅い人は、反省が足りません。

仕事が遅い原因を、人のせいにします。

仕事が遅い原因を突き止めなければ、速くはなりません。

一生仕事が遅いままです。

考えている間に、仕事を取られてしまう

「ちょっと待って」と考えている間に、仕事を取られてしまいます。

もっと、スピードを意識して仕事をしましょう。

「速くやっても、遅くやってももらう給料は同じ」と思っている人は、実は同じではありません。

遅くやっている人は、人生がどん尻になるのです。

誰からも相手にされなくなります。

構われなくなっていることにも、気づけません。

話かければ、人は話を合わせてくれます。

わざわざ、「そんなんじゃだめだよ」と言ってくれるお人好しはいないのです。

「あの人は、ぜんぜんだめ」という烙印を押されていることに気づくことです。

もたもたしたくないと思ったら、スピードを上げることです。

即答する意識を持つことです。

一言で答える訓練です。

仕事が速くなるには、量をこなすしかありません。

「あの人は、何であんなに仕事が速いのか」と、思います。

仕事の速い人はますます速くなる

仕事が速いのは、当たり前なのです。

誰よりも仕事をしているから、仕事が速いのです。

仕事の速い人が、一番仕事をしています。

一番仕事をしているから、ますます仕事が速くなります。

能力の差は、たいしたないのです。

同じ人間です。

速くやろうとしているか、そうでないかの差です。

気持ちの問題が、大きいのです。

「こんなに速くはできない」と思ってしまえば、それまでです。

自分で自分にブレーキは、いくらでもかけることができます。

「仕事が遅くてもいいや」と、思ってはいけません。

仕事の遅い人には、二度と仕事はいかないのです。

仕事の遅い人に、仕事は頼みません。

仕事の速い人に、仕事は頼みます。

仕事の速い人は、仕事が来るので、ますます儲かります。

仕事の遅い人は、誰も仕事を頼まないから、貧乏になる一方です。

ゆっくり仕事をしていないことです。

弱肉強食です。

人生行き詰まっても、誰も助けてはくれないのです。

■成長するために<1623>
甘えていては、いけない。