絶好調を、普通と思わない。【小さな成長80】

スポンサーリンク

いい状態もあれば、わるい状態もあります。

わるい状況のときは、しんどいものです。

たくさん仕事をしたくても、できなくなってしまうようなときもあります。

でも、いろいろ試しているうちに、解決策が見つかってきます。

なんとかできる状況に戻ってきます。

今、絶好調なら、今の状況が普通と思わないことです。

状況がわるくなると、わるい状況に耐えられなくなります。

わるい状況が普通と思える人は、強いです。

今の状況でも、感謝しましょう。

今、結構最悪だなあと思っても、もっと最悪は人は世の中にたくさんいます。

「もっとたいへんな人がいるんだなあ」と思うと、自分の状況でも続けられます。

サクサクできなくなっても、あきらめずに続けられます。

自分は、全然幸せだなあと思えます。

本当に最悪の状況にあるときは、最悪と思うヒマはありません。

思うヒマもなく、最悪な状況は終わっています。

最悪な瞬間は、「最悪」と思ったときにはすでに通りすぎているのです。

■成長するために<80>
「最悪」と思ったときには、もう最悪な状況は終わっている。

家計簿を、始めよう。【小さな成長59】

来年の家計簿を、買ってきましょう。

幸せへの第一歩は、お金の管理です。

お金を管理できない人は、いくら仕事ができてもお金持ちにはなれません。

感情をコントロールできない部分があるからです。

欲を制御できないのです。

欲をコントロールできないと、働いても働いてもお金は出ていくばかりです。

貧乏生活にピリオドを打つ第一歩は、感情のコントロールです。

欲といっても、大きな欲ではありません。

いつも負けているのは、小さな欲です。

ちょっとした小さな無駄遣いです。

小さな無駄遣いをしている限り、お金持ちにはなれません。

あと、5万円あれば何とかなると思っている人は、たとえ5万円を得たとしても、何とかならないのです。

根本を断ち切らない限り、今の状況は変わらないのです。

■成長するために<59>
家計簿で小さな欲望を、コントロールしよう。