ハッとする感覚。心が感じた感覚。瞬間に感じたことを大事にする【小さな成長3222】

スポンサーリンク

「この人は駄目だ」と、ハッとする瞬間がある。

感覚が鈍くなると、自分に合わない人が分からなくなる。

慣れというのは、自分の感覚を麻痺させる。

慣れると、ハッとしなくなる。

なぜというのは頭の感覚。

心の感覚になぜはない。

心の感覚に理由はない。

心がそう感じるから。

心の感覚が鈍くなると、自分に合わない人を逆にいい人なんじゃと思い込む。

冷静になるのとは違う感覚。

冷静に考えるのではない。

この人は合わないというのは、瞬間的に思う感覚である。

睡眠は大事だ。

しばらく間を置くというのも、とても大事だ。

睡眠を取ることで、自分の感覚が回復する。

しばらく間を置くことで、ハッとできる。

ハッとした感覚というのは、心が感じた感覚。

心が感じた感覚というのは、頭が考えた感覚とは違う。

ハッとした感覚は、頭が計算した感覚とは違う。

心は計算しない。

心の感覚は、素直な感覚。

心の感覚というのは、芸術に触れた時のような素直な感覚。

心の感覚というのは、おぞましいものにゾッとする感覚。

自分の感覚が回復すると、心が安らぐ。

心の感覚が回復すると、危険を察知する。

ハッとする感覚を大事にする。

計算しないことだ。

頭は計算したがる。

損か得かと、頭は計算したがる。

本当は良くないのに、もしかすると良いこともあるんじゃないかと頭は心を迷わす。

心で感じるには、計算しないこと。

心で感じるには、最初の素直な感覚を大事にすることだ。

■小さな成長<3222>
心が素直に感じたことを、大事にしよう。

好きなことは無駄が楽しい。分かる人には分かる無駄を楽しむ【小さな成長3193】

失敗したと思っても、実は楽しいことがある。

完成品は便利である。

完成品は便利だが、失敗したことで完成品より自分のオリジナルを目指すチャンスが生まれる。

もう少し我慢すれば違う結果にもなった。

失敗成功と考えず、今の状況を楽しむ。

次はこうしてみるかと、今を眺めているうちに思いつく。

感性で動く。

自分の感性を大事にする。

感じることだ。

完璧を目指してもその先がある。

好きなことは、面倒くさいことも楽しみになる。

さてこれからどうするか。

これからどう変えていこうか。

自分の好きなことは、状況を楽しめる。

興味のない人にとっては、何を無駄なことをしているのかと思われるようなこと。

感性を大事にすると、無駄を楽しめるようになる。

■小さな成長<3193>
効率は気にせず、好きなことを楽しもう。

心が喜ぶ物。自分の心が喜ぶ物を持つ【小さな成長3143】

快適に暮らす。

快適に暮らすというのは大事だ。

ほしい物があるなら買えばいい。

心の充実。

ほしい物を買う時には良い物を買う。

安物を買わない。

安物は持っていても楽しくない。

安物では親しみがわかない。

良い物を買う時に大事なのは、自分が持っていて楽しいかどうか。

自分の心が喜ぶかどうか。

高い買い物をしても、高いだけでうれしくないのではもったいない。

自分が気に入った物は大事にする。

持っていてうれしいかどうかというのは大事である。

持っていて自分の心が喜ぶかどうか。

頭で考えたことは、心が本当に喜んでいることではない。

自分の心が喜んでいるか。

触ったり眺めたりして心が喜んでいるか。

頭ではなく、心が感じているか。

■小さな成長<3143>
自分の心が喜ぶ物を持とう。

頭で考えない。体で感じる。心で感じる【小さな成長3141】

今まで考えてきたことは、なんだったのだろうと思う時がある。

振り出しに戻るのではなく、円を描くように登る。

前に見たアニメを改めて見る。

すっかり忘れている。

こんないいことを言っていたんだと思う。

戻るのではなく登る。

違った角度から見直すというような単純な話ではない。

単純ではないが複雑でもない。

何も考えないというのでもない。

直線的に戻るのではない。

この人が好きとか嫌いとかそういうのではない。

不思議な感覚だ。

理由や目的というはもう昔の話。

上や下という話でもない。

普通なんだが普通ではない。

普通ではないが普通だ。

頭で考えるのをやめる。

体や心がどう感じるか。


■小さな成長<3141>
体や心で感じよう。

心が感じること。心が感じるか感じないか。心で感じる頭で考えるのではなく【小さな成長3140】

心が感じることを大事にする。

心が喜ぶことをする。

気持ちが喜ぶことをする。

懐かしい道だなと思う時がある。

懐かしい道ではあるが、もう魅力は感じない。

あの時は、魅力を感じた。

今は、魅力を感じない。

体験している時は、心が弾んでいる。

体験が終わり自分が感じていたことは、もう自分の心は喜ばないと分かる。

逆に、なぜここで心を弾ませたのかと不思議に思う。

心が喜ばない。

一年に一回、十年に一回くらいのことなら少しは心が喜ぶかもしれない。

が、おそらく他に心が喜ぶことがあるなら、行くことはない。

心が喜ぶか喜ばないかというのは大事である。

頭で考えるのではなく、心が弾むかどうか。

心が喜ぶかどうか。

頭で考えて出した好きなことは、本当の好きなことではない。

心が感じることを大事にしていくことだ。

■成長するために<3140>
心が喜ぶことをしよう。