理解できなくても受け入れる。相手のことは理解できなくて当たり前。親兄弟でも理解するのは余容易ではない【小さな成長3184】

腹を立てない。

腹を立ててもいいことはない。

虫の居所が悪い時には、特に腹を立ててはいけない。

腹の立つ相手とのコミュニケーションは、特に気をつける。

考え方価値観がまったく違う。

わざわざ、そんな難しい人とコミュニケーションを図ることはないのだが、仕事となるとそうもいかない。

こういうまったく価値観の違う人とのコミュニケーションは、無理はしない。

距離感というのはとても大事である。

少しでも理解を深めようなどというようなことは、考えることはない。

理解は深まらない。

親兄弟であっても、理解するのは容易ではない。

仕事の知り合いなら、なおさら理解できるはずがない。

価値観が違うことを楽しむといい。

相手のことを理解するには、そういう人と今までに出会った経験が必要である。

経験したことのない人のことは理解できない。

突然電車の中で怒鳴り出す人も、世の中には普通にいる。

大都会では当たり前の光景で、誰も驚きはしない。

そういう人と出会った場合にどうすればいいかは、経験しないと分からない。

本やインターネットで読んだことや人から聞いた話と、実際は大きく違う。

理解できない人がいても無理に理解しようとしない。

そういう人もいるんだという自分の経験にする。

経験が増えて次からは余裕ができる。

■小さな成長<3184>
理解できないまま受け入れよう。

突然相手が切れても気にしない。しょっちゅう切れる人は元に戻るのも早い【小さな成長3152】

なぜ、あの人は突然切れるのか。

病気だで片づければそれまでだが、病気で片づければもっと相手は病気になる。

相手はなぜ切れるのか。

切れる相手に攻撃的な態度で接しては、ますます相手は切れる。

切れる人は世の中にたくさんいるし、自分自身も切れる人間になる可能性がある。

切れる人間が悪くて切れない人間が正しいという訳ではない。

切れたことのない人間は、切れることに弱い。

修復不可能な切れ方になっては残念である。

しょっちゅう切れている人は、元に戻るのも早い。

突然叫び出す。

そういうのにも、慣れてしまえばいい。

そのうちまったく気にならなくなる。

存在すら忘れる。

■小さな成長<3152>
切れる人に慣れよう。

仕事を教える才能のない奴に腹を立てない【小さな成長3144】

仕事を教える才能のない人に腹を立てるのはやめることだ。

仕事はできるけれども仕事を教える才能のない奴はたくさんいる。

仕事を教えるには、才能がいる。

仕事に限らず、チームを率いるリーダーになるには才能がいる。

いくら天才的に仕事ができても、仕事を教えるのは凡人以下。

人をクズ扱いするが、実は仕事を教える能力がないのにのさばっている奴のほうがよっぽど人間のクズだ。

仕事はとてつもなく速くできるが、まったく人とコミュニケーションの取れない奴が威張っている。

自分の思い通りにならなくて罵声を浴びせる。

人を罵倒する奴は、かなり精神病が進んでいる。

不思議なもので、いつも人を罵倒し罵声を浴びせている奴がいるのに会社は何の対処もしない。

見て見ぬふり。

仕事はとりあえずめちゃくちゃできるから、会社側はあまり文句を言えない。

そうすると、どんどんつけあがる。

会社側にも人がいなくて、人に仕事を教える才能のある人間を見分けられない。

■小さな成長<3144>
罵声を浴びせる奴は、適当にあしらおう。

感情的になるのは未熟だから。暴言罵倒とまともに戦ってはいけない。かわす術受け流す術を覚えることだ【小さな成長3128】

嫌な人とも同じ環境にいやければいけない時がある。

嫌な人というのは、どこにでもいる。

様々な人間がいる。

最近は、壊れた人間も多い。

頭がおかしくなっている。

暴言罵倒を浴びる人間というのは、すでに頭が壊れかけている。

暴言や罵倒は、自分で気づくしかない。

誰も、暴言罵倒を浴びせる人に真実は言わない。

暴言罵倒を浴びせる人が王となる場合がある。

皆、奴隷になる。

暴言罵倒を浴びせる人とまともに戦おう何ていうことは考えてはいけない。

精神的に非常に良くない時間を過すことになる。

暴言罵倒を浴びせる人に従うということではない。

暴言罵倒を浴びせる人は、弱い者が好きだ。

弱い者を見つけて言葉の暴力を振るう。

そういう弱い者いじめの暴言罵倒を浴びせる人間には、失礼のないように毅然とした態度を取る。

変にペコペコしてはいけない。

理不尽な内容は、きっぱり意見する。

言いなりになってはいけない。

意見しながらも、相手の攻撃は適当にかわす。

暴言罵倒は、受け流す。

暴言罵倒と戦うには、人間的な成長が欠かせない。

懐の深さが必要である。

感情的に意見するというのは一番やってはいけないことである。

感情的になりそうな時は、何も言わず退却する。

感情的になるということは、まだまだ未熟ということだ。

■成長するために<3128>
感情的になるなら、退却しよう。

ベテランの大丈夫安心してと言う言葉に騙されてはいけない【小さな成長3030】

ベテランの意見などあてにはならない。

この道20年です、この道30年ですという人間が、人の命を奪う致命的なミスを犯す。

この道何十年なんていう奴の言うことを聞いていたら殺される。

この道10年もすればベテランである。

ベテランの悪魔の囁き。

大丈夫、できるから、安心して。

この道30年と言うベテランの大丈夫だからと言う言葉を信じて命を落す。

自分の命は、自分で守る。

ベテランの大丈夫と言う無責任な言葉を信じてはならない。

ベテランの言うことを聞いてカモにされる。

カモにされるならまだいい。

ベテランの言うことを聞いて命を落す。

死んでは何もできない。

■成長するために<3030>
ベテランの大丈夫、安心してと言う言葉には気をつけよう。