感情的になるのは未熟だから。暴言罵倒とまともに戦ってはいけない。かわす術受け流す術を覚えることだ【小さな成長3128】

嫌な人とも同じ環境にいやければいけない時がある。

嫌な人というのは、どこにでもいる。

様々な人間がいる。

最近は、壊れた人間も多い。

頭がおかしくなっている。

暴言罵倒を浴びる人間というのは、すでに頭が壊れかけている。

暴言や罵倒は、自分で気づくしかない。

誰も、暴言罵倒を浴びせる人に真実は言わない。

暴言罵倒を浴びせる人が王となる場合がある。

皆、奴隷になる。

暴言罵倒を浴びせる人とまともに戦おう何ていうことは考えてはいけない。

精神的に非常に良くない時間を過すことになる。

暴言罵倒を浴びせる人に従うということではない。

暴言罵倒を浴びせる人は、弱い者が好きだ。

弱い者を見つけて言葉の暴力を振るう。

そういう弱い者いじめの暴言罵倒を浴びせる人間には、失礼のないように毅然とした態度を取る。

変にペコペコしてはいけない。

理不尽な内容は、きっぱり意見する。

言いなりになってはいけない。

意見しながらも、相手の攻撃は適当にかわす。

暴言罵倒は、受け流す。

暴言罵倒と戦うには、人間的な成長が欠かせない。

懐の深さが必要である。

感情的に意見するというのは一番やってはいけないことである。

感情的になりそうな時は、何も言わず退却する。

感情的になるということは、まだまだ未熟ということだ。

■成長するために<3128>
感情的になるなら、退却しよう。

ベテランの大丈夫安心してと言う言葉に騙されてはいけない【小さな成長3030】

ベテランの意見などあてにはならない。

この道20年です、この道30年ですという人間が、人の命を奪う致命的なミスを犯す。

この道何十年なんていう奴の言うことを聞いていたら殺される。

この道10年もすればベテランである。

ベテランの悪魔の囁き。

大丈夫、できるから、安心して。

この道30年と言うベテランの大丈夫だからと言う言葉を信じて命を落す。

自分の命は、自分で守る。

ベテランの大丈夫と言う無責任な言葉を信じてはならない。

ベテランの言うことを聞いてカモにされる。

カモにされるならまだいい。

ベテランの言うことを聞いて命を落す。

死んでは何もできない。

■成長するために<3030>
ベテランの大丈夫、安心してと言う言葉には気をつけよう。

ライバルは自分自身。20年前の自分に負けていないか【小さな成長2998】

最近、いい接客をよく目にする。

今日、階段でつまずいた。

つまずいたはずみで、コーラはこぼれ食べ物はグチャグチャになった。

するとすぐスタッフが新しい食べ物に替えてくれた。

「服は汚れませんでしたか」

と気遣ってさえくれた。

この「服は汚れませんでしたか」

は、接客について考えていないと言えない言葉である。

「怪我はございませんか」

聞き間違えてはいないのだが、

「聞き間違えました」

客は、悪いと思っている。

客の誇りを傷つけない接客。

最近は、20代からやる気をもらう。

20代は、やる気に満ちている。

40代の自分が、20年前の自分に負けていないか。

ライバルは、自分自身である。

■成長するために<2998>
20代の自分に負けないようにしよう。

成功も失敗も、人に話さず淡々と過ごす。成功の法則は行動に移すと見えてくる【小さな成長2951】

自分の中で、成功の法則というのが見えてくるときがある。

こういうときはうまくいく。

こういうときは失敗する。

成功の法則は、独自のものである。

最初は、見たり聞いたりしていいなと思う。

いいなと思ったことを行動に移す。

失敗する。

うまくいくときもある。

失敗したときは、心に深く残る。

成功は、忘れていく。

なぜ、失敗の方が心に深く残る気がするのか。

それは、失敗の方をいつも考えてしまうから。

やらなければ良かったと、いつまでも考える。

成功は、人に話さないことである。

うまくいったことは人に話したくなる。

人に話すと、モチベーションは下がる。

人に話さず、淡々と生活していくことだ。

■成長するために<2951>
成功も失敗も、話すのはやめよう。

休む年なのか行動する年なのかをよく考える【小さな成長2940】

休む年なのか行動の年なのかを、よく考えることだ。

新年になると、今年の目標を立てる。

たいがい目標は、達成できないまま終わる。

今年も何もできなかったとがっかりする。

行動するばかりが目標ではない。

何もしないというのも、立派な目標である。

即決断即実行というのは、聞こえはいい。

特に、これから何かをやろうと考えている人にとっては、背中を押される言葉だ。

よく考える必要がある。

自分にとって、行動を起こしていい年なのか悪い年なのか。

30年40年と生きていれば、いい年とよくない年が周期的に起きていることに気づく。

自分の過去を客観的に振り返ることだ。

■成長するために<2940>
行動していい年なのか、じっくり考えよう。