簡単にできることが才能。努力してできるようになるのは才能がないんだ【小さな成長3234】

スポンサーリンク

簡単にできることがある。

スポーツは、簡単に才能の差が分かる。

できる奴は、練習しなくても上手い。

上手い上に、練習している奴には敵わない。

他の人は苦労しているのに、自分はいとも簡単にできるというのが才能だ。

簡単にできることは才能。

簡単にできてしまうから、才能と気づかないでいる。

見ていて、下手だなと思う時がある。

単純に、その人には才能がないだけの話である。

努力してできるようになるのは、才能がないんだ。

努力しなくても簡単にできることに、もっと磨きをかけることだ。

■小さな成長<3234>
簡単にできることを、一生懸命やろう。

感じ良くできるのは才能。感じ良くできる秀でた才能を大事にする【小さな成長3230】

挨拶というのは、意外と大事である。

心が荒んでくると、挨拶ができなくなる。

挨拶をしない人と一緒にいると、挨拶ができなくなる時がある。

挨拶をしない淀んだ空間。

挨拶ができなくなると、さらに心が荒む。

元々挨拶をする習慣のない人がいる。

挨拶をしない人と同じ環境にいても、挨拶することだ。

挨拶できるのは、実は能力があるということ。

わざわざ挨拶できない人に合わせることはない。

感じの悪い人に合わせて、自分まで感じ悪くなることはない。

感じの良い人というのは、多いようで少ない。

感じが良いのは、秀でた才能だ。

■小さな成長<3230>
感じが良いことに、自信を持とう。

熱く語るより沈黙。熱くは語らず独りになって自分の好きなことに打ち込むことだ【小さな成長3094】

熱く語らないことである。

熱く語ると引かれる。

熱く語ってしまいがちだ。

いいなと思っていたけれども、そんなに熱く語られては引く。

自分の好きなことを仕事にしたのに、思ったようにいかないという悩み。

多分頑張っているからだ。

好きなことを独りでやるならいくらでも頑張ればいいが、誰かと組んだりチームで仕事をやったりする時は頑張り過ぎてはいけない。

頑張ると空回りになる。

頑張らなくても、いくらでも仕事はできる。

冷めたくらいの感じが丁度良い。

誰かに分かってほしい何ていうことは、思わないことだ。

励ましも快く受け取れなくなる。

好きなことでうまくいかない時は、そういう時期なのである。

毎回絶好調なはずがない。

友達と熱く語り合うのをやめることだ。

熱く語るというのは虚しい。

熱く語るより、独りになって好きなことに打ち込むことだ。

語らず独りになって好きなことを徹底的にやる。

沈黙し語らないというのは大事である。

ふわふわした気持ちにならずに済む。

語らずともいくらでも仕事はできるし、語らない人は仕事ができるのである。

■成長するために<3094>
語るより、沈黙しよう。

天才が考えたことを考える【小さな成長3050】

嫌なことというのは、自分が動いていなくても向こうからやってくることがある。

嫌なことがあったときは、寝る。

嫌なことがあったときは動かない。

嫌なことがあったときに下手に行動すると自滅する。

寝て気持ちをリセットする。

寝ると少しは嫌な気持ちは薄れる。

起きてぼーとしながら、自分が今まで好きと思っていたことがそうでもないと分かる。

本当に好きなことは、まだ自分の周りにはない。

家の中にも1つも好きな物はない。

これから好きなことをやっていく。

自分の周りに何もないと好きなことを忘れる。

天才というのは本当にいるんだなと、いろいろ読んでいると分かる。

到底今の自分ではできない。

が、これからやっていけば50年くらい経って、天才の10才くらいのときの能力にはたどり着けるかもしれない。

天才は、あまり表には出てこない。

天才が死んだあと、学者が調べて、おそらくこうだろうということをまとめる。

天才が頭の中で考えていたことは、天才にしか分からない。

人に振り回されることは、好きなことではない。

人のことを振り回しにくる人は、好きな人ではない。

好きな人ではないのにどうしよう何て迷うことはない。

好きではない人は無視。

相手にしない。

天才は、自分は天才です何てことは言わない。

静かに目立たず生きている。

■成長するために<3050>
天才が10才くらいにできたことを一晩考えよう。

夢を叶えるのも悪くないんじゃないか【小さな成長3041】

この間、市バスに乗ったら、女性運転手であった。

この4月から働くことになったフレッシュなようで、隣でベテランがサポートしていた。

最近は、バスにほぼ毎日乗るが女性運転手は珍しい。

2ヶ月くらい前に1回女性運転手が運転していて、そのときも珍しいなと思って記憶に少し残っている。

この間のフレッシュな女性運転手は、とても落ち着いていた。

バスは遅れはしたが、乗客としては落ち着いて運転してくれるのが一番である。

二種免許を持っているわけだから、そもそも運転はうまい。

長く運転手を続けてほしいものだ。

こういう手に職を持つのもいいんじゃないかと思った。


■成長するために<3041>
子供の頃からの夢を叶えよう。