体に鞭打って働く。働けるときに働いておく。仕事は突然なくなる【小さな成長3022】

目標とする生活はあるが、まずは現状をクリアしていかないといけない。

明日は仕事を休もうかと思うときがある。

もともと決まっている仕事であれば行かないといけないが、自分で選べる状態なら行かなくてもいい。

体もしんどいし花粉も飛んでいるし、たまには休もうかと思う。

そういうときには、仕事をすることだ。

結局休むと、がっかりするのは分かり切っている。

風邪で仕事に行けないのではなく、だるいし仕事に行きたくないだけのこと。

そういうときは、体に鞭打って仕事に行く。

会社まで行けば、一日が自然に終わる。

栄養ドリンクを飲んで、一日を乗切る。

仕事ができるときに仕事をしておくことだ。

仕事は、突然なくなる。

世の中の景気が悪くなれば、仕事は一気になくなる。

働けるときに働いておくことだ。

■成長するために<3022>
今日も、仕事に行こう。

普通をやめる。働いて毎日を送りやらなければいけないことを集中的に終わらせ普通をやめる【小さな成長3019】

毎日、家に寝に帰るだけという時がある。

職場と家の往復で1日が終わる。

働いて寝て働いて寝て。

働いて毎日を送る。

寝ているから体の疲れは取れているかと言うと、そうでもない。

電車で移動中も、目をつむって体を休める。

家で寝ているときも、熟睡できればいいのだが、途中で目が覚める。

スマートフォンを見て、まだ寝れると目をつむる。

寝て仕事に行ってという日々が続く。

何も変わったことはない。

最近知ったのが、普通がいいという感覚はあまりよくないということ。

普通がいいというのは、好きなことを諦めている。

好きなことをしたいと思ったら、普通ではいられない。

人に気に入られようとすると失敗する。

いい顔をしていると失敗する。

誰かに気に入られようとする生き方は、そのうち躓く。

自分がいいと思う生活を充実させていくには、普通をやめることだ。

気持ちが充実していないときは、そういうときは独りになる。

独りになって、淡々と日々を過ごす。

頭の中で描いていることというのは、すぐには実現しない。

淡々と毎日を過ごす。

体が重いと感じても、止まらないようにする。

働くというのは、働いている時間帯は体が動いている。

やらなきゃという状況は、できるだけ作らないようにする。

やらなきゃいけないことを増やさないようにする。

やらなきゃというのは、自分の気持ちに無理をしている状態。

それでも、まずはやらないといけない。

やらなければいけないことは、集中的に終わらせる。

強制的に終わらせる。

強制的に終わらせるは、無理矢理にでも仕事を入れる。

働いて現状を打破する。

普通の生活をやめる。

働いて、普通の生活に終止符を打つ。

■成長するために<3019>
集中的に働いて、普通を終わらせよう。

人に好かれようとしない【小さな成長3014】

人に好かれようとすると疲れる。

自分がやりたいと思うことを素直にやるというのは大事。

人にどうしても好かれようとする。

人に好かれようとすることは長続きしない。

わざわざ嫌われることはないが、好かれることもない。

自分の中でやってみようと思ったことがある。

自分の中でやってみようと思ったことをどんどんやっていく。

何か言われても気にしない。

自分がやりたいと思うことを大事にしていけばいい。

■成長するために<3014>
人に気を使うのはやめよう。

汚いところに気づく。綺麗なところに住んでモチベーションを上げる【小さな成長3005】

汚いことはやめる。

汚い言葉遣いをやめる。

汚い生活をやめる。

丁寧に話をする。

綺麗にするとモチベーションが上がる。

汚い言葉を使うと、モチベーションが下がる。

モチベーションの下がることはやめる。

自分の中でモチベーションが下がるときがある。

自分が嫌だなと感じるのは、人とは限らない。

自分の行動にも嫌だなと感じるときがある。

自分の選択にも嫌だなと感じるときがある。

嫌と感じたときに、リッチな人ならどうするかを考える。

貧乏神が憑くと物を溜め始める。

要らないものを溜め始める。

ゴミを捨てることだ。

ゴミは、いつの間にか溜まっていく。

そのうち使うと思っていても使わない。

結局、引っ越しのときに一生懸命捨てることになる。

紙が意外とゴミになる。

紙は、すぐに捨てることだ。

紙も溜まると重い。

部屋に物を置かないようにする。

嫌なことはやらないに越したことはない。

嫌なことはやらないと決めていても嫌なことはある。

嫌なことになったら、割り切って終わらせる。

次からは二度とやらない。

嫌なことを割り切ってやるときは、淡々と終わらせる。

部屋の掃除は、物を捨てることから始める。

部屋が汚れてくると掃除をしなくなる。

掃除をしなくなるのでますます汚れる。

最初は、嫌だなと感じていたのに、汚い部屋に住むのが普通になる。

汚いことに気づくことだ。

汚い物を捨てることだ。

汚い場所を掃除する。

汚い場所からは引っ越す。

綺麗なところに住んでモチベーションをアップしていくことだ。

■成長するために<3005>
綺麗なところに住んで、モチベーションを上げよう。

好きなことをする。失敗したと思うことはやめる。場所を変え好きなことをやり直す【小さな成長3003】

失敗したと思ったら、やめることだ。

失敗したと思ったら、場所を変えることだ。

失敗したなと感じるときがある。

失敗したと感じたことは、当たっている。

合っているかは、やってみないことには分からない。

やってみて合っていないと分かった。

合っていないと分かったなら、撤収することである。

これは駄目だなと感じるときがある。

少し前は、いいと思っていた。

時間と共に自分には合っていないと感じる。

良いと思っても、そのうち外れてくる。

時が半月1ヶ月過ぎて、何か違うと感じる。

過去に失敗したことがある。

うまく行かなかったことがある。

同じやり方では駄目である。

自分のやりたいことをやるというのが一番。

誰かのためというのをやめることだ。

誰かのためというのは疲れる。

とりあえず何をすると駄目かというのは、今までの経験から分かる。

人には向いているが、自分には向いていない。

人には向いているが、自分には向いていないことがある。

自分には向いていない。

自分には向いていないというのは、自分にしか分からない。

自分に向いていないことは、いくらやっても毎日が嫌になるだけである。

向いていない場所があるなら、向いている場所もある。

自分が居心地の良い場所というのは、過去を見てみると、そういう場所があったなと分かってくる。

駄目なら、やり直すことだ。

やり直すのは時間がかかる。

やり直さないで、そのまま進みたい。

そのまま進むと、結局嫌なことを続けることになる。

引き返して、新たな道を進む。

嫌なことはやめて、少し戻って自分の好きなことを前進させるんだ。

■成長するために<3003>
引き返して、好きなことをやり直そう。