才能が無くても気にしない。本当に好きなことは才能が無くてもチャレンジしてみたいことなんだ【小さな成長3241】

スポンサーリンク

「才能が無い」と、がっかりすることはない。

「生きている間にどれだけ自分の才能を伸ばせるか」というのが大事である。

「何であの人は、あんなに速く仕事ができるんだ」

「どうして、あの人はあんなに運動神経が良いんだ」

「どうして、あの人はあんなに頭の回転が速いんだ」

才能の差を感じる。

才能のある人は、いとも簡単にできてしまう。

才能の無い人はかなり頑張っているのに、才能のある人にはまったく敵わない。

まったく敵わなくても、そんなに落ち込むことはない。

これから才能を磨いていけばいい。

上には上がいるし、天才の中にはさらなる天才がいる。

「自分は天才だ」と天狗になると、それ以上才能は伸びない。

「自分には才能が無いから無理だ」と諦めるのはもったいない。

自分の才能をこれから引き出していけばいい。

自分の才能が、これからどれだけ伸びるかはチャレンジしてみなければ分からない。

もしかすると、生きているうちはまったく開花しないかもしれない。

一生うだつが上がらないかもしれない。

それでも挑戦してみたい。

ということが、自分が本当にやってみたい好きなことなんだ。

■小さな成長<3241>
才能が無くたって、挑戦しよう。

自分の体を信じる。自分の体ができることの限界はこんなもんじゃない【小さな成長3239】

自分の体を信じることだ。

なんだってできる。

興味のあることは、思い切って挑戦することだ。

挑戦する前に「失敗したらどうしよう」と考えると怯む。

失敗を考えると「やめておこう」となる。

挑戦しないことには、現状を打破できない。

挑戦しないと、妥協の毎日となる。

挑戦しなくなると、毎日毎日何となく過ぎていく。

何となく毎日が過ぎ、1年はあっという間に経つ。

何となく毎日が過ぎ、自分の体はどんどん弱くなる。

失敗を恐れると挑戦しなくなる。

20代の頃のような思い切ったことを、50代に近づき始めるとしなくなる。

自分がやろうと思っていたこと。

頭の中で計算する。

頭の中で計算を始めると、挑戦しなくなる。

計算何てしないことだ。

いくら計算しても、計算したようにはいかないから新たな発見がある。

いくつになっても、挑戦することだ。

理想を高く持つ。

理想を高くすると、行動する。

理想を低くすると、行動しなくなる。

理想は高く。

練習よりも本番。

実践は一番成長する。

実践しながら変える。

挑戦しながら変える。

将来やろうと思っていることを、どんどんやる。

自分の体を酷使する。

自分の体を使って、思う存分挑戦する。

肉体の限界は、そう簡単にはこない。

自分の体はもっとできる。

自分の体をもっと使うことだ。

■小さな成長<3239>
自分の体を信じよう。

疲れている時に無理な挑戦はしない。疲れている時に無理矢理挑戦すると嫌になる【小さな成長3238】

疲れている時は、無理な挑戦はしないことだ。

挑戦は、疲れていない時にする。

疲れているに無理矢理挑戦すると嫌になる。

挑戦する前は、疲れを取ることを第一に考える。

疲れが溜まったままでは、挑戦は続かない。

自分の好きなことがある。

1人でやりたいことが、自分の好きなこと。

好きなことの中にも、面倒くさいと思うことがある。

面倒くさいことも、何か楽しむ方法はないか探してみる。

楽しむ方法は、実はいろいろあるのだろうが、なかなか楽しむ方法にたどり着かない。

面倒くさいと思ったことでも、やってみると意外と夢中になれることがある。

何でも面倒くさいで片付けないことだ。

面倒くさいことをやろうという時は、疲れていない時にする。

好きなことをするというのは、結構大変だ。

面倒くさいけれども、やってみたいということが好きなこと。

好きなことは、手間がかかる。

何か始める時は、疲れを取ってからにする。

疲れていると嫌になる。

心が追い込まれる疲れは、二度と経験したいとは思わない。

疲れてくると、敏感になる。

感じなくていいことを、疲れてくると感じる。

疲れてくると、思わなくていいことを思う。

疲れている時に嫌な思いをすると、もう一度やってみようとは思わない。

疲れている時に感じることは「もうやめておこう」という感情。

続けるには、疲れる前にやめる。

挑戦する時は、少し物足りないくらいでやめておくことだ。

■小さな成長<3238>
疲れる前に、切り上げよう。

仕事の前でも気になることは試す。失敗を恐れていては何もできない【小さな成長3203】

何かしてみようと思ったことは試す。

失敗したらどうしよう何ていうことは考えない。

失敗しないというのは平凡な毎日。

毎日同じことをしていれば失敗しない。

毎日同じことをしていれば失敗しないが何も変わらない。

失敗があるから楽しい。

失敗があるから思い出になる。

成功も思い出になるが、失敗も思い出になる。

たった30分あれば試せること。

たった30分あれば試せるのに試さない。

仕事の前だからと自分の中に言い訳をつくって試さない。

試さないまま今日も終わる。

■小さな成長<3203>
仕事前の30分に賭けよう。

理想を高くする。理想を高くし理想実現に向け前進する【小さな成長3163】

理想は下げないことである。

理想は高くする。

理想を下げると卑屈になる。

理想を下げると運気は下がる。

運気が下がるのは、向上心がなくなるからだ。

理想の低い人と話をすると、否定的な返しが多い。

話が楽しそうな話にならない。

理想を高く持つというのは大事である。

理想を高く持つと、向上心のある人と出会える。

自分の能力に足りない部分があるから、人はチャレンジする。

チャレンジし、自らの能力をアップさせる。

チャレンジし、苦手な部分を克服する。

再チャレンジは、過去の失敗に向けたリベンジである。

再チャレンジし、自分の苦手な部分を克服し、自らの能力を向上させる。

40歳50歳になると、変に落ち着こうとする。

40歳まで好きなことをしてきて40歳を過ぎたら我慢するというのはおかしな話である。

40歳まで好きなことを貫いてきたのなら、40歳以降で本当の好きなことができる。

否定的な人の言うことに振り回されて、自分を見失う。

これからどうするかというのは、自分で決める。

理想が低いと否定的な人に振り回される。

現状に満足する。

理想が低いと向上心がなくなる。

理想を持つのは10代や20代だけの話ではない。

理想の低い人は、人を理想の低い方低い方へと引っ張る。

理想の低い考えというのは、不思議な魅惑的な力がある。

弱っていると、低い理想に流される。

人の言葉には、人を振り回す力がある。

人を高みにも、低みにも流す力がある。

理想の低い人とは話をしないことだ。

理想の低い人は、部屋が汚い。

不思議なのだが、理想が低い人は部屋や持ち物や住んでいる場所が汚い。

理想が高い人は、語らない。

理想の低い人は、語る。

口をつぐむことだ。

理想を高くし、高い理想を実現していく。

理想を高くし、どうなるか分からないことにも果敢に挑戦する。

理想の低い人は挑戦しない。

理想の低い人になっては、せっかくこの世に生まれてきたのにもったいない。

つまらない人生を送らないことだ。

高い理想に向けて前進する。

理想はより高く。

今日も理想を実現すべく前進することだ。

■小さな成長<3163>
もっと高い理想を持とう。