金運を上げるには好き嫌いで決めないようにする。物を捨て毎日掃除することから始める【小さな成長2955】

いくら金運のある高価な物を買っても、掃除ができなければ逆効果である。

好き嫌いで決めるとうまくいかない。

私は、以前好きか嫌いかで決めていた。

好きか嫌いは、自分の環境に左右される。

自分の金運に左右される。

自分に金運がないと、信じられないものを好きになる。

金運を上げるには、好き嫌いで決めないほうがいいと最近分かってきた。

金を生み出す力のなさそうな人間は、金運のなさそうなものを好む。

精神的につらい状況は、よくない。

精神的につらい状況が長く続くと、金運が逃げていく。

旅はいいような気がするが、旅で気をつけることは、よくない運をもらってしまうこと。

自分のレベルを上げていくには、運のないものに近づかないことだ。

運のない人間にも、近づかないこと。

自分の今までの友達、家族、知り合いを見渡してみる。

金をもっていても、金運のなさそうな人間はたくさんいる。

先祖からもらった金運で、今を何とかやり繰りしている輩はたくさんいる。

自分が、今金をもっていなくても、焦ることはない。

しかし、金運がないというのは苦労するから金運は、意識して上げていく。

金運を上げて、金を生み出す力を磨く。

物を捨てると、いい厄落としになる。

新しい物を買う前に、捨てる。

新しい物は、金を生み出す力をもっていそうな物にする。

ただし、自分が金運をもっていないといい物は買えない。

今持っている物を綺麗に捨てて、できるだけ金運のある物を買うようにする。

そのとき気をつけることが、掃除。

掃除のできない人は、物は買ってはいけない。

まずは、掃除を毎日できるようにすること。

いくら金運のあるいい物を買っても、ホコリだらけにしては、余計に金運を下げるだけである。

■成長するために<2955>
金運のある高価な物を買う前に、1年間毎日掃除をできるようになろう。

持ち物をスポーツバッグ1つにしてみる【小さな成長2915】

持ち物をスポーツバッグ1つにしてみることだ。

新天地へ旅立とうとする時、荷物の整理が始まる。

荷物をどんどん減らすには、最初からスポーツバッグ1つを用意すること。

スポーツバッグに、絶対に必要な物を入れる。

あれば便利だろうけれども、なくても何とかなるものは捨てる。

便利な物を取っておくと、いつまでたっても荷物が減らない。

買えばいい物は捨てるなりリサイクルに出すなりする。

今回持ち物を減らしてみて思ったのは、意外と減らせるということ。

今は、大きめの袋1個に普通の袋2個にまで持ち物が減った。あとママチャリか。

この間よりもかなり減った。

おそらく大きめのスポーツバッグが1個あれば全部入る。

大きめは、持ち物が重くなるから買うなら普通か小さめがいい。

移動で大変なのは、重さである。

持ち物が重たいと、移動が嫌になる。

荷物を減らす最初は、捨てるのに抵抗のある物がたくさんある。

そういう物すべてを捨てようと、気合いを入れると疲れる。

最初捨てにくい物は、取っておけばいい。

持ち物が減っていくと、次はどれを捨てようかなと思えてくる。

最初は捨てられなかった物が、どんどん捨てられるようになる。

持ち物を減らす時には、焦らないことである。

2、3日くらいで、まずは、考えなくても捨てられる物を捨てる。

次に、少し考えればすぐに捨てることのできる物を捨てる。

最後に残ってくるのが、思い出の物、仕事で必要と思っている物。

この2つは、なかなか捨てられない。

だが、そのうち思い出の物を捨てることができるようになってくる。

そのうちといってもプラス1日か2日くらい。

思い出の物を捨てることができると、荷物は一気に減る。

最後に残るのが、自分の商売道具。

商売道具がなければ商売あがったりだと思うかもしれないが、そうでもない。

商売道具も古い物は捨てるリサイクルに出す。

新しい商売道具を買うと、仕事がはかどる。

コンパクトになる。

デジタル機器は処理スピードも速くなっている。

今までどれだけいらない物に囲まれて、生活していたのだろうと思う。

もともと持ち物は、少ないと思っていたのだが。

必要な物は、必要になった時に買えばいい。

そう考えていくとスポーツバッグ1つも、持ち物はいらない気がしてくる。

持ち物なしが、目標だな。

■成長するために<2915>
物を持たない生活を始めよう。

疲れることは次からやらないように、疲れる状態にならないようにしていく【小さな成長2898】

頑張るというのはしんどいので、できるだけそうならないようにしていくことだ。

追い込むとしんどいので、計画的にいきましょう。

がむしゃらというのは、疲れるのです。

なので、無理なことは無理と断ること。

断れないと、結局頑張らなければいけない状態になって疲れるのです。

やらなければいけないことが増えると疲れます。

やらなくてもいい状態へできるだけもっていく。

それでも、なんとかしないといけないことがある時には、集中的に終わらせましょう。

たとえば、今日中。

今日中というようなことも、できるだけつくらないほうがいいのだけれども、どうしてもそういう状態になってしまう。

なら、とりあえず今日中にやらなければいけないことはとっとと終わらせて、次回はもう今日中という状態にならないように根本を変える。

頑張らなくてもいい状態にしていくには、自分の性格とよく相談することです。

結局頑張らなけれはいけない状態になるのは、自分の性格というのがある。

だが自分の性格というのは、今更変えられない。

自分の性格を変えるよりも、追い込まれる状態にならないようにしていく。

性格は根本は変えられない。

性格よりも追い込まれてしまうそういう状況になる根本を変えていく。

そうすれば楽になる。

とりあえず今日は、今日中のことを終わらせてしまいましょう。

今日のことを終わらせて、それからこうなった原因を考える。

対策を立てるのではなくて、そうならないようにしていく。

でも、あまり真剣に考えると疲れるのでほどほどに。

■成長するために<2898>
ぼちぼち方法を考えよう。

掃除を好調の時期にやる時間をつくって、それから徹底的に好きなことに打ち込む【小さな成長2879】

好きなことを好調な時期に徹底的にスタートする前に、身の回りの整理や掃除を1日やりましょう。

綺麗にしてからスタートすることです。

いずれやろうと思っていた掃除を好調な時にやっておくのです。

自分の周りが綺麗というのは大事です。

お金持ちで家の中が汚いというのは見たことがありません。

色々なことを始める前に掃除をすることです。

同じ捨てるでも、気分が乗っている時と憂鬱の時では気持ちの持ちかたが違います。

好調な時に、身の回りの整理をしましょう。

部屋の中を綺麗にしましょう。

自分の周りを、自分にとって大事なもので満たす。

物を置く位置を決めて、散らかさないようにする。

部屋の中が散らかる原因は、置く位置が決まっていないからです。

大きな物は、置く位置が決まっています。

小さな物の置く位置がバラバラです。

そういう小さな物の置く位置を決めていく。

最初は、決まりません。

どうしていいか分からないのです。

そういう物は、仮置きの場所をつくりましょう。

とりあえず、1日部屋を綺麗にして、自分の好きなことを徹底的にスタートする時期を開始する。

物を整理する時には、立てることです。

寝かすと、上に重ねることになって、そのうちどこにあるか分からなくなる。

立てて整理するのです。

そういうふうに1日部屋の整理をしたら、多少ここはまだだなという場所があったとしても翌日から好きなことを徹底的に始めましょう。

掃除は、徹底的に始めると1日では終わりません。

1週間2週間かかります。

掃除ばかりしていると、大切な好調の時期が終わってしまいます。

1日でなくてもいいのです。

午前中だけでもいい。

3時間だけでもいい。

掃除をして、それから徹底的に好きなことに打ち込む。

掃除をして気持ちをリセットする感覚をつくって、それから好きなことをスタートするのです。

■成長するために<2879>
好調な時期をスタートする時に、掃除の時間をつくろう。

掃除や整理整頓はあきたらやめてすぐに好きなことをスタートする【小さな成長2771】

ゆっくりできる時間ができたら部屋の掃除がしたくなります。

今までたまった物を整理していきたい。

そういう時は思った時が大事であとになるとやりませんから、さっそく部屋の掃除や整理整頓を始めましょう。

掃除や整理整頓をする時に大事なのは完璧を目指さないことです。

完璧を目指すといつまでたっても終わりません。

1日かかっても終わらなくて、次に掃除や整理整頓をしようという気が起こらなくなります。

徹底的に掃除や整理整頓ができればいいのですが、無理をせず飽きたらやめることです。

半分でも3分の1でも片づくとそれはそれで気持ちがいいのです。

物の整理は毎日コツコツはできません。

物を捨てる時には一気にやる。

それでも、捨てきれない物がある。

捨てようかどうしようか迷う物はとりあえず置いておいて捨てやすい物から捨てていく。

そう決めてやっていくとかなり部屋の中は片づきます。

それでいいことにして、自分の好きなことを始めましょう。

自分の好きなことを前進させることが大事です。

部屋の整理で1日が終わってしまってはもったいない。

好きなことをスタートする前に物を捨てて気分転換するくらいに物の整理は考えて、好きなことを中心に考えましょう。

掃除や整理整頓は大掃除の時に徹底してやればいいのです。

引っ越しの時も徹底して整理ができます。

普段は、自分の好きなことをスタートするきっかけに掃除や整理整頓をするくらいに考えておくと気が楽なのです。

■成長するために<2771>
好きなことを中心に考えて、整理整頓は気軽にやろう。