家を綺麗に掃除する。毎日生活している家が汚いと新しいことを始めてもうまくいく気がしない【小さな成長3066】

家が汚いのにいろいろなことを始めないことである。

汚い空間で新しいことを始めてもうまくいく気がしない。

どうしようと思った時は掃除をする。

何をしたから劇的に生活が変わるということはない。

必要に迫られてやることというのはあまりプラスではない。

必要に迫られないほうがいいわけだ。

さて、これからどうしようと思う時も、とりあえず掃除から始める。

部屋というのは、何かとゴチャゴチャしてくる。

捨てればいいのだが、ゴミの分別というのがこれまた面倒くさい。

間違ったゴミの日に出すと間違ったゴミは持って行ってくれない。

考え事の前に掃除をする。

とりあえず掃除をする。

掃除も頑張らない。

何となく掃除をする。

何となく掃除を始める。

いい選択にならないのは、そもそもいい場所で考えていないというのがある。

考えている場所が悪い。

自分の部屋で生活する時間は長い。

毎日どこかに行くわけでもない。

仕事に行って家に帰ってくる。

家では寝るだけという生活でも、寝ている時間は家にいる。

毎日家に寝に帰ってくるだけという生活は、なおさら家が汚くなる。

そんなに頑張らなくてもいいから、少しでも家を掃除することだ。

■成長するために<3066>
新しいことは、家を掃除してから始めよう。

部屋をゴミ溜めにしない。掃除は毎日やらないといつまでもやらない【小さな成長3026】

部屋の掃除をする。

部屋の掃除は毎日しないとゴミが溜まっていく。

早寝早起きをしながら、部屋の掃除もしていく。

掃除は、習慣にしないとやらない。

たまにやろうと考えているといつまでもやらない。

毎日掃除をするといっても、5分10分で終わる程度である。

毎日1時間2時間掃除に充てなければいけないほど広い部屋には住んでいないし、掃除に毎日1日かかるくらいの家に住むならメイドを雇えばいいだけの話。

掃除は、面倒くさいものである。

掃除は面倒くさいが、しないと部屋がホコリだらけになる。

毎日充分に寝て働いて掃除をする。

とりあえずは、寝て働いて掃除ができれば生きていける。

掃除は、やらないとしない。

明日やろうとしていると明日もやらない。

掃除の習慣があっても、掃除はしなくなるとやらなくなる。

寝て働いて掃除もする。

毎日働いているときは、特に意識して部屋の掃除もする。

部屋をゴミ溜めにしないよう気をつけることだ。

■成長するために<3026>
寝る前に、部屋の掃除をしよう。

汚いところに気づく。綺麗なところに住んでモチベーションを上げる【小さな成長3005】

汚いことはやめる。

汚い言葉遣いをやめる。

汚い生活をやめる。

丁寧に話をする。

綺麗にするとモチベーションが上がる。

汚い言葉を使うと、モチベーションが下がる。

モチベーションの下がることはやめる。

自分の中でモチベーションが下がるときがある。

自分が嫌だなと感じるのは、人とは限らない。

自分の行動にも嫌だなと感じるときがある。

自分の選択にも嫌だなと感じるときがある。

嫌と感じたときに、リッチな人ならどうするかを考える。

貧乏神が憑くと物を溜め始める。

要らないものを溜め始める。

ゴミを捨てることだ。

ゴミは、いつの間にか溜まっていく。

そのうち使うと思っていても使わない。

結局、引っ越しのときに一生懸命捨てることになる。

紙が意外とゴミになる。

紙は、すぐに捨てることだ。

紙も溜まると重い。

部屋に物を置かないようにする。

嫌なことはやらないに越したことはない。

嫌なことはやらないと決めていても嫌なことはある。

嫌なことになったら、割り切って終わらせる。

次からは二度とやらない。

嫌なことを割り切ってやるときは、淡々と終わらせる。

部屋の掃除は、物を捨てることから始める。

部屋が汚れてくると掃除をしなくなる。

掃除をしなくなるのでますます汚れる。

最初は、嫌だなと感じていたのに、汚い部屋に住むのが普通になる。

汚いことに気づくことだ。

汚い物を捨てることだ。

汚い場所を掃除する。

汚い場所からは引っ越す。

綺麗なところに住んでモチベーションをアップしていくことだ。

■成長するために<3005>
綺麗なところに住んで、モチベーションを上げよう。

心ときめく物はあっていい物。無理に捨てずいらなくなったら捨てればいい【小さな成長2989】

物が多いというのは、そんなに気にすることはないそうだ。

定位置に戻すことが出来ていれば、物の多さは関係ないというようなことをその道の達人が書いた本で読んだ気がする。

達人は、物心ついたときから、片付けの研究をしている。

今は、世界中の人々と片付けをしているそうだ。

今の自分に必要な物は、変わる。

私は、今まで物を捨てるというのを3回ほどやった。

1度目は、ダンボール1個くらいにした。

2度目は畳1畳くらいにした。

3度目は、普通のリュックサックに楽に入るくらいの持ち物にした。

2度目の畳1畳は、大した捨てたうちには入らないか。

今、少し荷物が増えたが、それでも、すぐにリュックサックよりも少ない量に減らすことができる。

物を減らすのは、難しいようで簡単だ。

もし今金があるなら一瞬で終わる。

いくらかかるかは知らないが、10万か20万くらい払って、全部業者に処分してもらえばいい。

金で解決できる。

私は、今までコツコツと言ってもある程度一気にだが、1週間から10日くらいかけてコツコツ捨てていた。

コツコツ捨てるのは時間の無駄というのが最近分かってきた。

捨てるときに迷うのが醍醐味の時期は、終わった。

捨てるには大いに迷うといい。

迷いに迷って、迷っているうちは捨てられない。

荷物と共に引っ越しする。

迷いというのは、同じことをしていては消えない。

今までとまったく違う生き方。

生き方を変えたときに、捨てることができる。

今の生き方が合っているなら、無理に変えることはない。

今周りにある物は、自分にとって心ときめく物なのだから。

■成長するために<2989>
いらなくなったら、捨てよう。

金運を上げるには好き嫌いで決めないようにする。物を捨て毎日掃除することから始める【小さな成長2955】

いくら金運のある高価な物を買っても、掃除ができなければ逆効果である。

好き嫌いで決めるとうまくいかない。

私は、以前好きか嫌いかで決めていた。

好きか嫌いは、自分の環境に左右される。

自分の金運に左右される。

自分に金運がないと、信じられないものを好きになる。

金運を上げるには、好き嫌いで決めないほうがいいと最近分かってきた。

金を生み出す力のなさそうな人間は、金運のなさそうなものを好む。

精神的につらい状況は、よくない。

精神的につらい状況が長く続くと、金運が逃げていく。

旅はいいような気がするが、旅で気をつけることは、よくない運をもらってしまうこと。

自分のレベルを上げていくには、運のないものに近づかないことだ。

運のない人間にも、近づかないこと。

自分の今までの友達、家族、知り合いを見渡してみる。

金をもっていても、金運のなさそうな人間はたくさんいる。

先祖からもらった金運で、今を何とかやり繰りしている輩はたくさんいる。

自分が、今金をもっていなくても、焦ることはない。

しかし、金運がないというのは苦労するから金運は、意識して上げていく。

金運を上げて、金を生み出す力を磨く。

物を捨てると、いい厄落としになる。

新しい物を買う前に、捨てる。

新しい物は、金を生み出す力をもっていそうな物にする。

ただし、自分が金運をもっていないといい物は買えない。

今持っている物を綺麗に捨てて、できるだけ金運のある物を買うようにする。

そのとき気をつけることが、掃除。

掃除のできない人は、物は買ってはいけない。

まずは、掃除を毎日できるようにすること。

いくら金運のあるいい物を買っても、ホコリだらけにしては、余計に金運を下げるだけである。

■成長するために<2955>
金運のある高価な物を買う前に、1年間毎日掃除をできるようになろう。