家を綺麗に掃除する。毎日生活している家が汚いと新しいことを始めてもうまくいく気がしない【小さな成長3066】

家が汚いのにいろいろなことを始めないことである。

汚い空間で新しいことを始めてもうまくいく気がしない。

どうしようと思った時は掃除をする。

何をしたから劇的に生活が変わるということはない。

必要に迫られてやることというのはあまりプラスではない。

必要に迫られないほうがいいわけだ。

さて、これからどうしようと思う時も、とりあえず掃除から始める。

部屋というのは、何かとゴチャゴチャしてくる。

捨てればいいのだが、ゴミの分別というのがこれまた面倒くさい。

間違ったゴミの日に出すと間違ったゴミは持って行ってくれない。

考え事の前に掃除をする。

とりあえず掃除をする。

掃除も頑張らない。

何となく掃除をする。

何となく掃除を始める。

いい選択にならないのは、そもそもいい場所で考えていないというのがある。

考えている場所が悪い。

自分の部屋で生活する時間は長い。

毎日どこかに行くわけでもない。

仕事に行って家に帰ってくる。

家では寝るだけという生活でも、寝ている時間は家にいる。

毎日家に寝に帰ってくるだけという生活は、なおさら家が汚くなる。

そんなに頑張らなくてもいいから、少しでも家を掃除することだ。

■成長するために<3066>
新しいことは、家を掃除してから始めよう。

行動を開始したら7ヶ月で結果を出す。12ヶ月で結果を出しては2年目が続かない【小さな成長3053】

新たなスタートを切る準備を始める。

スタートしたら、7ヶ月目に結果を出すことである。

12ヶ月目、1年後に結果を出そうとしてはタイミングが遅い。

陽気は、すっかり春である。

昼間は、半袖でもいいくらいの陽気である。

動きやすい季節になった。

自分にとっても春の季節なら、いよいよ行動開始だ。

待つことは大事だが、待ち過ぎると動かなくなる。

何もしないと何も変わらない。

自分にとって春が来たと感じるなら、行動を開始する。

行動を開始する時は、7ヶ月ビジョンにする。

1年は春夏秋冬とある。

自分の行動を開始する時が春。

春が来て夏になり、7ヶ月目頃の秋に結果を出して収穫し冬に休む。

春が来て行動を開始するのはいいが、いつまでも行動は続かない。

夏が来て秋に結果を収穫し、冬になったら休むということを忘れないようにする。

休むことを視野に入れないと、行動を開始し結果が出たのはいいが休む期間が無い。

結果が出たとしても休む時期がないと、次のサイクルで息切れする。

息切れし、次のサイクルで思うように結果が出なくなる。

休むことを計算に入れておかないと、1年で頓挫する。

3ヶ月ごとに区切って組み立てていく。

行動を開始する月が1ヶ月目。

7、8、9ヶ月目が結果を出して収穫する時期。

10ヶ月目から12ヶ月目は休む時期にする。

12ヶ月目、1年間後に結果を出そうと考えると、休む時期に結果を出すことになる。

12ヶ月目に結果が出たのはいいが、結果が出たあとすぐに春では、休めなくて2年目以降体がもたないし気力も続かないのである。

■成長するために<3053>
7ヶ月目に、結果を出そう。

普通をやめる。働いて毎日を送りやらなければいけないことを集中的に終わらせ普通をやめる【小さな成長3019】

毎日、家に寝に帰るだけという時がある。

職場と家の往復で1日が終わる。

働いて寝て働いて寝て。

働いて毎日を送る。

寝ているから体の疲れは取れているかと言うと、そうでもない。

電車で移動中も、目をつむって体を休める。

家で寝ているときも、熟睡できればいいのだが、途中で目が覚める。

スマートフォンを見て、まだ寝れると目をつむる。

寝て仕事に行ってという日々が続く。

何も変わったことはない。

最近知ったのが、普通がいいという感覚はあまりよくないということ。

普通がいいというのは、好きなことを諦めている。

好きなことをしたいと思ったら、普通ではいられない。

人に気に入られようとすると失敗する。

いい顔をしていると失敗する。

誰かに気に入られようとする生き方は、そのうち躓く。

自分がいいと思う生活を充実させていくには、普通をやめることだ。

気持ちが充実していないときは、そういうときは独りになる。

独りになって、淡々と日々を過ごす。

頭の中で描いていることというのは、すぐには実現しない。

淡々と毎日を過ごす。

体が重いと感じても、止まらないようにする。

働くというのは、働いている時間帯は体が動いている。

やらなきゃという状況は、できるだけ作らないようにする。

やらなきゃいけないことを増やさないようにする。

やらなきゃというのは、自分の気持ちに無理をしている状態。

それでも、まずはやらないといけない。

やらなければいけないことは、集中的に終わらせる。

強制的に終わらせる。

強制的に終わらせるは、無理矢理にでも仕事を入れる。

働いて現状を打破する。

普通の生活をやめる。

働いて、普通の生活に終止符を打つ。

■成長するために<3019>
集中的に働いて、普通を終わらせよう。

人に好かれようとしない【小さな成長3014】

人に好かれようとすると疲れる。

自分がやりたいと思うことを素直にやるというのは大事。

人にどうしても好かれようとする。

人に好かれようとすることは長続きしない。

わざわざ嫌われることはないが、好かれることもない。

自分の中でやってみようと思ったことがある。

自分の中でやってみようと思ったことをどんどんやっていく。

何か言われても気にしない。

自分がやりたいと思うことを大事にしていけばいい。

■成長するために<3014>
人に気を使うのはやめよう。

汚いところに気づく。綺麗なところに住んでモチベーションを上げる【小さな成長3005】

汚いことはやめる。

汚い言葉遣いをやめる。

汚い生活をやめる。

丁寧に話をする。

綺麗にするとモチベーションが上がる。

汚い言葉を使うと、モチベーションが下がる。

モチベーションの下がることはやめる。

自分の中でモチベーションが下がるときがある。

自分が嫌だなと感じるのは、人とは限らない。

自分の行動にも嫌だなと感じるときがある。

自分の選択にも嫌だなと感じるときがある。

嫌と感じたときに、リッチな人ならどうするかを考える。

貧乏神が憑くと物を溜め始める。

要らないものを溜め始める。

ゴミを捨てることだ。

ゴミは、いつの間にか溜まっていく。

そのうち使うと思っていても使わない。

結局、引っ越しのときに一生懸命捨てることになる。

紙が意外とゴミになる。

紙は、すぐに捨てることだ。

紙も溜まると重い。

部屋に物を置かないようにする。

嫌なことはやらないに越したことはない。

嫌なことはやらないと決めていても嫌なことはある。

嫌なことになったら、割り切って終わらせる。

次からは二度とやらない。

嫌なことを割り切ってやるときは、淡々と終わらせる。

部屋の掃除は、物を捨てることから始める。

部屋が汚れてくると掃除をしなくなる。

掃除をしなくなるのでますます汚れる。

最初は、嫌だなと感じていたのに、汚い部屋に住むのが普通になる。

汚いことに気づくことだ。

汚い物を捨てることだ。

汚い場所を掃除する。

汚い場所からは引っ越す。

綺麗なところに住んでモチベーションをアップしていくことだ。

■成長するために<3005>
綺麗なところに住んで、モチベーションを上げよう。