普通をやめる。働いて毎日を送りやらなければいけないことを集中的に終わらせ普通をやめる【小さな成長3019】

毎日、家に寝に帰るだけという時がある。

職場と家の往復で1日が終わる。

働いて寝て働いて寝て。

働いて毎日を送る。

寝ているから体の疲れは取れているかと言うと、そうでもない。

電車で移動中も、目をつむって体を休める。

家で寝ているときも、熟睡できればいいのだが、途中で目が覚める。

スマートフォンを見て、まだ寝れると目をつむる。

寝て仕事に行ってという日々が続く。

何も変わったことはない。

最近知ったのが、普通がいいという感覚はあまりよくないということ。

普通がいいというのは、好きなことを諦めている。

好きなことをしたいと思ったら、普通ではいられない。

人に気に入られようとすると失敗する。

いい顔をしていると失敗する。

誰かに気に入られようとする生き方は、そのうち躓く。

自分がいいと思う生活を充実させていくには、普通をやめることだ。

気持ちが充実していないときは、そういうときは独りになる。

独りになって、淡々と日々を過ごす。

頭の中で描いていることというのは、すぐには実現しない。

淡々と毎日を過ごす。

体が重いと感じても、止まらないようにする。

働くというのは、働いている時間帯は体が動いている。

やらなきゃという状況は、できるだけ作らないようにする。

やらなきゃいけないことを増やさないようにする。

やらなきゃというのは、自分の気持ちに無理をしている状態。

それでも、まずはやらないといけない。

やらなければいけないことは、集中的に終わらせる。

強制的に終わらせる。

強制的に終わらせるは、無理矢理にでも仕事を入れる。

働いて現状を打破する。

普通の生活をやめる。

働いて、普通の生活に終止符を打つ。

■成長するために<3019>
集中的に働いて、普通を終わらせよう。

人に好かれようとしない【小さな成長3014】

人に好かれようとすると疲れる。

自分がやりたいと思うことを素直にやるというのは大事。

人にどうしても好かれようとする。

人に好かれようとすることは長続きしない。

わざわざ嫌われることはないが、好かれることもない。

自分の中でやってみようと思ったことがある。

自分の中でやってみようと思ったことをどんどんやっていく。

何か言われても気にしない。

自分がやりたいと思うことを大事にしていけばいい。

■成長するために<3014>
人に気を使うのはやめよう。

汚いところに気づく。綺麗なところに住んでモチベーションを上げる【小さな成長3005】

汚いことはやめる。

汚い言葉遣いをやめる。

汚い生活をやめる。

丁寧に話をする。

綺麗にするとモチベーションが上がる。

汚い言葉を使うと、モチベーションが下がる。

モチベーションの下がることはやめる。

自分の中でモチベーションが下がるときがある。

自分が嫌だなと感じるのは、人とは限らない。

自分の行動にも嫌だなと感じるときがある。

自分の選択にも嫌だなと感じるときがある。

嫌と感じたときに、リッチな人ならどうするかを考える。

貧乏神が憑くと物を溜め始める。

要らないものを溜め始める。

ゴミを捨てることだ。

ゴミは、いつの間にか溜まっていく。

そのうち使うと思っていても使わない。

結局、引っ越しのときに一生懸命捨てることになる。

紙が意外とゴミになる。

紙は、すぐに捨てることだ。

紙も溜まると重い。

部屋に物を置かないようにする。

嫌なことはやらないに越したことはない。

嫌なことはやらないと決めていても嫌なことはある。

嫌なことになったら、割り切って終わらせる。

次からは二度とやらない。

嫌なことを割り切ってやるときは、淡々と終わらせる。

部屋の掃除は、物を捨てることから始める。

部屋が汚れてくると掃除をしなくなる。

掃除をしなくなるのでますます汚れる。

最初は、嫌だなと感じていたのに、汚い部屋に住むのが普通になる。

汚いことに気づくことだ。

汚い物を捨てることだ。

汚い場所を掃除する。

汚い場所からは引っ越す。

綺麗なところに住んでモチベーションをアップしていくことだ。

■成長するために<3005>
綺麗なところに住んで、モチベーションを上げよう。

大都市東京に覚悟を決めて住む。大都市東京と田舎は世界がまったく違う【小さな成長3000】

大都市東京に住むには、覚悟がいる。

大都市東京で10年20年と生活し、その後田舎で暮らすには、想像もできない覚悟がいる。

最近感じるのは、大都市東京と田舎の格差は拡大するばかりということ。

時代は21世紀。

さらに22世紀へ向け視野を広げる必要がある。

未だにスマートフォンを毛嫌いしている人がいる。

今は、時計にもメガネにもコンタクトレンズにもコンピューターが入る時代。

最近は、スマートフォンを持っているのは時代遅れなんじゃないかと私は感じている。

と言う私も、ようやくスマートフォンで電車の改札を通れるようになった。

今までは、PASMOでしか定期が作れない区間に住んでいた。

無理矢理JRを使えないこともなかったのだが、かなり遠回り。

定期代が毎月2万円を超えるのはつらいかと感じていた。

今は、月2万円以上通勤に使う。

JRに乗るので、モバイルSuicaにできる。

職場の自動販売機も、SuicaとPASMOが使える。

自動販売機でSuica支払いができるので、小銭はいらなくなった。

携帯電話が財布換わりというのは、10年くらい前から言われていたような気がする。

コンビニエンスストアでも、多くの客が電子マネーで支払いをしている。

釣り銭のやり取りがないから速い。

小銭をいちいち財布から取り出すのは、並んでいる後ろの客に迷惑である。

電子マネー専用のセルフレジを、たくさん作ってほしいものだ。

現金使用お断りのコンビニエンスストアがあってもいいんじゃないかと思う。

田舎で電子マネーが使えるのは、コンビニエンスストアくらいか。

田舎では、依然としてガラケーを使っている人が多い。

都会でガラケーを使っていては、かなり不便である。

仕事のやり取りも、今はスマートフォンが当たり前。

ガラケーを使っている人は、仕事にも乗り遅れる。

仕事もろくにできなくなる。

10年くらい前は、メールが間に絡んだ。

今は、すべてネット上で完結するので、メールも必要ない。

スマートフォンがないと、友達付き合いもできなくなる。

待ち合わせは、LINEでやるのが当たり前。

地図アプリで簡単に待ち合わせ場所へ行ける。

東京や大阪で生活して、18年くらいが経った。

大阪は2年くらいだから、ほとんど東京で生活してきた。

大都市暮らしが長くなり、田舎で言葉が通じなくなった。

日本語を話しているのだが、田舎で日本語が通じない。

東京には、田舎者が多い。

地方から出て来た人がたくさんいる。

田舎者が、東京へ出てくるときには覚悟がいる。

覚悟して東京へ出てこないと、大都市には住めないと逃げて田舎へ帰ることになる。

逆に、大都市東京で3年でも7年でも生活することができれば、もう田舎には帰る気がしなくなるだろう。

大都市東京で経験値を上げ、これから田舎に帰って一旗揚げようというときは覚悟がいる。

大都市東京と田舎の差が、想像もつかないくらいにある。

これからどうするかを決めるのは、自分自身である。

■成長するために<3000>
覚悟して、大都市東京に住もう。

考えていても迷いは消えない。考えるより行動することだ【小さな成長2991】

立ち止まらないようにする。

立ち止まって考えると、いいことがあるようで大したいいことはない。

止まると、迷いが多くなる。

行動することだ。

行動に移していくことだ。

立ち止まると迷い始める。

迷っている時間がもったいない。

歩くと気分転換になるのは、行動しているから。

ずっと座っていると、色々なことを考え始める。

じっと考えるのは、何もすることが無くなったときにする。

やることが毎日あるときには、考えない。

疲れて寝てしまうぐらいが丁度いい。

寝ると疲れがとれる。

寝るのは薬になる。

寝ると楽になる。

毎日、必ず寝るようにする。

徹夜はしないことだ。

徹夜すると、いい仕事ができない。

無駄な喧嘩が起こる。

疲れたら寝る。

寝てから行動する。

毎日の行動を積み重ねていくには、行動力が欠かせない。

疲れてくると、口で呼吸し始める。

意識して鼻で呼吸してみることだ。

疲れてくると、下を向き始める。

意識して顔を上げてみることだ

疲れてくると背中が丸まり始める。

意識して背筋を伸ばすことだ。

意識して行動していると、心地よい疲労感がある。

疲れたら、寝たらいい。

心地よい疲れのあるほうが、気持ちが充実する。

気持ちが充実し、さらなる行動へつなげることができる。

嫌な思いをしたらどうしようと悩むことはない。

嫌な思いをしたら、もうやらなければいいだけのこと。

嫌な思いをしたら、迷いが1つ減る。

もう二度とやらないと決断できる。

考えるより、今すぐ行動を開始することだ。

■成長するために<2991>
考えるより、行動しよう。