過去の場所を見て、そして未来へ進む【小さな成長2919】

少しずつ昔の地を訪れていく。

昔住んでいたところに寄ってみる。

そうすると、前、その時住んでいた時には見えなかったものが見えてくる。

知らなかったことが、分かるようになってくる。

縁というのは、見えない力みたいなものがある。

未来へ進むために過去に戻ってみる。

自分が育った土地。成長した土地。

苦しんだ土地。

過去を振り返り、そして、未来へ前進する。

■成長するために<2919>
過去を見て、未来へ進もう。

石ころのように小さな好きなことのモデルをつくり今すぐ行動に移す【小さな成長2918】

好きなことも、モデルチェンジしていく。

小さく始めて、好きなこともモデルチェンジしていこう。

どんどん好きなことのモデルを新しくしていく。

Androidのスマホは、春夏とか秋冬でどんどんモデルが新しくなっていく。

iPhoneも、何年かに1度新しくなる。

自分の好きなことだけ、昔のままではもったいない。

自分の好きなことは、まさに自分が好きで自由に誰に気兼ねすることなくやっていること。

なら、モデルも1週間前からバージョンアップしていても全然おかしくないし、たくさんバージョンアップしたい部分が、好きなことで毎日が埋め尽くされると自然と出てくる。

有言実行には、大きいのと小さいのがある。

大きなでかい目標というのは、一気には達成できない。

しかし、小さな石ころみたいな誰も振り向かないくらいの目標なら、すぐ行動に移せる。

行動に移すというのは、めちゃくちゃ大事だとここ1週間はとてもすごく思う。

やろうと思ったことを行動に移すと、思っていたのと全然違うという新たな発見がある。

すると、ならこうしてみるとどうだろうという次のアイデアが出てきて、新モデルの行動を開始できる。

行動に移すことで、さらに次のモデルへいける。

思っていることを、頭の中で考えているだけでは、旧モデルのままなのである。

■成長するために<2918>
行動に移すせるくらい小さなモデルにしよう。

紙や細かい物も増えると重り。増やさず都度処分する【小さな成長2916】

物を持たない考え方をしていくと、身軽になる。

新しいことを始めようと思って実際に始める時には、事前に色々買い揃えないこと。

買い揃えても、実際に新しい環境で生き始めると、邪魔な物がゴロゴロ出てきて無駄になる。

実際に新しい生活を始めてから、絶対に必要という物から考えていく。

如何に持たないか、軽くするかを考えていく。

チリも積もると重りになる。

紙関係は1枚なら軽いが、10枚20枚と増えだすと重りになる。

たかが紙1枚、されど紙1枚である。

細かな物も、1つなら軽いが増えだすと重たい。

チリは溜めずに、都度綺麗にしていくことだ。

■成長するために<2916>
細かな軽い物でも、積もれば重たくなることに気づこう。

人生の先輩から学ぶことがある【小さな成長2906】

職場の人生の先輩に別れの挨拶をする時、胸を打たれることがある。

なら、なおさら簡単には死ねないね

寡黙でほとんど1人。

あまり人とは一緒にいない。

しかし、職場で1番仕事ができる。

約10ヶ月ほど世話になった職場。

最後に一緒に仕事をしたが、俺は足元にも及ばない。

仕事に厳しい人だ。

簡単に死んではいけない。

新天地で、これからも淡々と生きていこうと思う。

■成長するために<2906>
人生の先輩を、知ろう。

ものを新たなステージへいく時に持っていかない。必要なものは必要な分だけその都度買う【小さな成長2901】

いらないものは、持ち越さない。

いらないものは捨てて、新たなステージへいく。

いらないものを処分していくのだけれども、捨てきれずに持っていくことがある。

新たな場所へ持っていったけれども使わない。

使わないまま、結局捨てることになる。

最初から、持っていかないことだ。

捨てにくいものがある。

特に冷蔵庫や洗濯機が捨てにくい。

リサイクルに出そうとしても、古いものは買い取ってはもらえない。

冷蔵庫や洗濯機は、捨てるのに金がかかる。

新たな場所へいく時には、冷蔵庫や洗濯機は持っていかないようにする。

必要なら買えばいい。

そして、古くなる前に買い換える。

必要がないならもう買わなくてもいい。

今は便利な世の中だし、冷蔵庫や冷凍庫代りにスーパーやコンビニを使えばいい。

冷えない冷蔵庫は、電気の無駄使いである。

仕事をするのに机や椅子がなくたって、茶店はそこいらにある。

茶店がないなら、ダンボールをひっくり返して使えば机代りになる。

ものは持たないことだ。

必要なものを必要な時だけ、その都度買えばいい。

もしかすると使うかもしれないと思ってとって置いたものが、結局使わずにダンボールの中に残っているのである。

■成長するために<2901>
新たなステージへ行く前に、捨てよう。