朝早起きしたら少し止まる時間をつくると新たな気づきがある【小さな成長2873】

スポンサーリンク

朝早く起きると、毎日の気持ちよさを思い出します。

毎日やっていることは、前にもやったことはあることばかりですが、いつの間にかできなくなっていることというのもたくさんあります。

早起きもその1つで、早く起きればその分たくさん時間ができるのに早くそのうち起きなくなる。

それでも、そのまま遅起きということでもなくて、また気持ちを持ち直して早く起きることができる日もやってくる。

夜食はもっと大変で追い込まれなければ、夜食をやめるということができません。

それでも追い込まれて夜食を我慢することができたら、朝ゆっくり手を合わせて朝食を食べましょう。

米を、1粒1粒ゆっくり食べるのです。

そうすると、米のうまさが分かってくる。

食事のありがたさが分かってくる。

それでも、そんなにゆっくり食べている時間もないので、頭を切り替えて朝の準備を始めましょう。

朝少しの間、止まる時間をつくるのです。

手をゆっくり合わせて、そこで動作を止めてみる。

そうすると、いつもとちがう朝の瞬間があるし新たな気づきがある。

少し止まる時間を朝つくって、いつもの生活へ戻っていく。

時間はほんの少しでいいのです。

少し動作を止めることで、新たな発見があるのです。

■成長するために<2873>
朝、少し止まる時間をつくろう。

好きなことを始発から始めて1日を充実させる【小さな成長2871】

始発から行動を開始しましょう。

遅くまで寝ていてはもったいない。

寝不足はそれはそれであまりいいことがなくて、膝の上においたノートパソコンを、うとうとしている時に落としそうになるのでいけません。

睡眠は、寝不足にならない程度に寝て、朝早く動き始めましょう。

夜遅くなるのも悪くはないのですが、夜遅くまでやっていると、1時が2時になって、2時が3時になって、そのうち始発で帰ることになります。

昼夜逆転は、体によくないので太陽に合わせて動きましょう。

朝早く起きたら、昨日できなかったことをさっそく始めましょう。

本当の好きなことを始めると時間を忘れて夢中になります。

夢中でやりたいけど、なかなかそうもいかないのがこれまた楽しい。

好きなことをして生きていくと、毎日が飽きません。

これはどうなんだろうと、とことん追究できる。

好きなことを始めると、毎日新しい発見があるし新しいアイデアが浮かびます。

どんどん自分の好きなことをやっていきましょう。

自分の好きなことを朝始発を目安に開始して、1日を充実させていくのです。

■成長するために<2871>
好きなことを、始発から始めよう。

腰を痛めないように気をつけながら好きなことを今日もスタートする【小さな成長2834】

朝目覚ましが鳴っているけれども、何度も止めてしまってなかなか起きられない時があります。

何度も何度も目覚ましを止めてしまう。

起きなきゃ起きなきゃと思うのだけれども、1時間くらい無駄にしてしまう。

体がかなり疲れているなと思います。

目覚ましの音に気づいたら目覚ましを止める前に体を起こしましょう。

目覚ましの音に気づいているのにまた寝てしまってはもったいない。

目覚ましの音に気づいたら目覚ましを止める前に体を起こして顔を洗ってしまいましょう。

体を起こしてから目覚ましを止めましょう。

横になったまま目覚ましを止めるともうそこからは起きません。

もう少し寝ていたいけれども寝ていてはもったいない。

体が疲れていても、3時間4時間夜中に寝ていれば体は蘇ります。

目が覚めて体が動かないと思っても、そこからゆっくり体を動かし始めましょう。

目が覚めてゆっくり動きだす時に腰を痛めないよう十分注意して起き上がりましょう。

腰を痛めてしまうと何もできなくなります。

朝は腰を痛めないよう十分注意することです。

顔を洗う時にも腰を痛めないよう気をつけましょう。

せっかく起き上がったのに腰を痛めてしまってはショックです。

朝は、急激な動きはしないよう気をつけましょう。

腰は伸ばし過ぎないようにして腰を意識してゆっくりお腹に力を入れてお尻をゆっくりキュッと締めるようにして腰を痛めないようにしましょう。

腰は身体の要です。

腰を痛めないよう大事にして今日も元気に好きなことをスタートしましょう。

ストレッチも伸ばし過ぎないことです。

何をするにもほどほどが大事です。

早起きも頑張り過ぎないことです。

目覚ましがなったらゆっくりとぼちぼち起き始めて腰を痛めないように動き始めて、今日も好きなことを前進させるのです。

■成長するために<2834>
頑張り過ぎずに、好きなことを前進させよう。

朝好きなことを毎日続けて最高の1日にしていく【小さな成長2819】

毎日働こうという時には、自分の好きなことは朝しましょう。

夜は疲れているので、寝ながら好きなことをする状態となります。

うとうと眠い目を擦りながらというのはつらいのです。

疲れている時にはすぐに眠りにつくことができます。

家に帰ってきたらすぐ寝て、翌朝冴えた頭で好きなことをスピーディーにやりましょう。

朝、どれだけ自分の好きなことに取り組めるかです。

朝なら、電車の中でも眠くならず、自分の好きなことができます。

夜だと電車の中で座ると寝てしまって、夜は自分の好きなことがはかどらないのです。

夜は、電車を乗り過ごすし膝かっくんになるし大変なのです。

毎日働く時には朝を充実させましょう。

朝、自分の好きなことをたくさんやって1日を充実させましょう。

夜は、体の疲れをとることに専念しましょう。

1日をやりきって夜銭湯に行って、1日の疲れを洗い流す。

しっかり働いた後の銭湯は、最高に気持ちいいのです。

夏場なら水風呂が格段にいい。

体がクールダウンできて快適になれます。

最高の気分で1日を終えることができます。

そして、家に帰ってきたら気持ちよく寝る。

質のいい深い睡眠をとって、朝目覚めたら、さっそく自分の好きなことに取りかかる。

半年を集中して過ごしていきましょう。

充実した毎日を送りましょう。

毎日続けるというのは、いいサイクルができるのです。

自分の好きなことで、なかなかいいサイクルがつかめないという時には、少しでもいいので毎日やることです。

毎日続けようと思うと自然といいペースを保てるようになるのです。

自分の好きなことを毎日やって、自分の好きなことで生きていくには、朝を大事に使っていくのです。

■成長するために<2819>
朝、好きなことを毎日続けよう。

半年間好きなことを徹底的にやって来年を新たな年にする【小さな成長2812】

早起きを開始して好きなことを前進させましょう。

この半年で何としても飛躍する。

新たな挑戦を開始しましょう。

好きなことも時間とともに変化していきます。

早起きすると、朝眠たくなります。

まだ、辺りが暗いうちに起きて辺りが寝静まっている時から行動を開始しましょう。

寝ているのがもったいないというのを、淡々とやっていくのです。

若い時は、勢いで起きていました。

この半年は、淡々と起きるのです。

淡々と半年間早く起きて好きなことをやりましょう。

仕事にいく前が勝負です。

仕事にいく前に、自分の好きなことを大きく前進させましょう。

朝、眠くなったら部屋を出て仕事に向かいましょう。

仕事にいく途中にある喫茶店で、自分の好きなことの続きをスタートしましょう。

早起きすると、新しいアイデアが浮かんできます。

やりたいことが頭に浮かんできます。

自分が頭の中で描いたことをどれだけ実現できるかです。

今日も好きなことを前進させて、自分の時間を増やしましょう。

自分の時間を増やすには、自分の好きなことに打ち込む時間を増やすことです。

自分の好きなことを徹底的にこの半年の間やって、何としても来年を違う年にする。

来年を新たな年にする。

新たな世界へ向けて、この半年間徹底的に好きなことをするのです。

■成長するために<2812>
朝好きなことを徹底的にやって、来年新しい世界へいこう。