大都市東京に覚悟を決めて住む。大都市東京と田舎は世界がまったく違う【小さな成長3000】

大都市東京に住むには、覚悟がいる。

大都市東京で10年20年と生活し、その後田舎で暮らすには、想像もできない覚悟がいる。

最近感じるのは、大都市東京と田舎の格差は拡大するばかりということ。

時代は21世紀。

さらに22世紀へ向け視野を広げる必要がある。

未だにスマートフォンを毛嫌いしている人がいる。

今は、時計にもメガネにもコンタクトレンズにもコンピューターが入る時代。

最近は、スマートフォンを持っているのは時代遅れなんじゃないかと私は感じている。

と言う私も、ようやくスマートフォンで電車の改札を通れるようになった。

今までは、PASMOでしか定期が作れない区間に住んでいた。

無理矢理JRを使えないこともなかったのだが、かなり遠回り。

定期代が毎月2万円を超えるのはつらいかと感じていた。

今は、月2万円以上通勤に使う。

JRに乗るので、モバイルSuicaにできる。

職場の自動販売機も、SuicaとPASMOが使える。

自動販売機でSuica支払いができるので、小銭はいらなくなった。

携帯電話が財布換わりというのは、10年くらい前から言われていたような気がする。

コンビニエンスストアでも、多くの客が電子マネーで支払いをしている。

釣り銭のやり取りがないから速い。

小銭をいちいち財布から取り出すのは、並んでいる後ろの客に迷惑である。

電子マネー専用のセルフレジを、たくさん作ってほしいものだ。

現金使用お断りのコンビニエンスストアがあってもいいんじゃないかと思う。

田舎で電子マネーが使えるのは、コンビニエンスストアくらいか。

田舎では、依然としてガラケーを使っている人が多い。

都会でガラケーを使っていては、かなり不便である。

仕事のやり取りも、今はスマートフォンが当たり前。

ガラケーを使っている人は、仕事にも乗り遅れる。

仕事もろくにできなくなる。

10年くらい前は、メールが間に絡んだ。

今は、すべてネット上で完結するので、メールも必要ない。

スマートフォンがないと、友達付き合いもできなくなる。

待ち合わせは、LINEでやるのが当たり前。

地図アプリで簡単に待ち合わせ場所へ行ける。

東京や大阪で生活して、18年くらいが経った。

大阪は2年くらいだから、ほとんど東京で生活してきた。

大都市暮らしが長くなり、田舎で言葉が通じなくなった。

日本語を話しているのだが、田舎で日本語が通じない。

東京には、田舎者が多い。

地方から出て来た人がたくさんいる。

田舎者が、東京へ出てくるときには覚悟がいる。

覚悟して東京へ出てこないと、大都市には住めないと逃げて田舎へ帰ることになる。

逆に、大都市東京で3年でも7年でも生活することができれば、もう田舎には帰る気がしなくなるだろう。

大都市東京で経験値を上げ、これから田舎に帰って一旗揚げようというときは覚悟がいる。

大都市東京と田舎の差が、想像もつかないくらいにある。

これからどうするかを決めるのは、自分自身である。

■成長するために<3000>
覚悟して、大都市東京に住もう。

休む年なのか行動する年なのかをよく考える【小さな成長2940】

休む年なのか行動の年なのかを、よく考えることだ。

新年になると、今年の目標を立てる。

たいがい目標は、達成できないまま終わる。

今年も何もできなかったとがっかりする。

行動するばかりが目標ではない。

何もしないというのも、立派な目標である。

即決断即実行というのは、聞こえはいい。

特に、これから何かをやろうと考えている人にとっては、背中を押される言葉だ。

よく考える必要がある。

自分にとって、行動を起こしていい年なのか悪い年なのか。

30年40年と生きていれば、いい年とよくない年が周期的に起きていることに気づく。

自分の過去を客観的に振り返ることだ。

■成長するために<2940>
行動していい年なのか、じっくり考えよう。

急がずしっかりと土台をつくる【小さな成長2412】

余裕が出てくると、柔軟になれます。

相手の話を聞くことができるようになります。

タイミングがよくない時には、頑張ることはないのです。

タイミングがよくない時に頑張っても、致命傷を負うだけです。

時が満ちるまで気長に待つことです。

タイミングが合うまでの間は、自分のことに集中しましょう。

自分が今まで考えていた目標達成に向け集中しましょう。

新たな希望が見えてきたら、そこから先は自分のことをまずは終わらせることです。

自分の目標が達成できていないまま走りだしても、うまくはいきません。

遠回りでいいのです。

遠回りをして、自分の目標に向かって前進するのです。

足元を固めましょう。

土台をつくって、今後やってくる未来の準備をしましょう。

急ぐことはありません。

まずは、未来をつくる礎をしっかりと築くのです。

■成長するために<2412>
急がすに、進もう。

逆境のときほど、人の成功を喜ぶ。【小さな成長1620】

足を引っ張らないことです。

妬まないことです。

人の成功を喜ぶことができれば、自分も成功できます。

成功している人をうらやむと、災難は自分に降りかかります。

隣の人が成功しているから、自分もすぐ成功できる訳ではありません。

成功するには、根本的な鍛練が必要です。

今、輝きだしている人には、暗い20年があります。

祖先が苦労してきた歴史を、背負っています。

背景を、想像できるようになることです。

がたがたうるさい人は、大物にはなれません。

学問も必要です。

経験も必要です。

成功したければ、20年忍耐することです。

そうすれば、未来は拓けてゆきます。

簡単にうまくいくようなことは、長くはもちません。

目先のことに、とらわれないことです。

遠い先を見据えて、努力していくことです。

焦っても、いいことはありません。

どっしり構えて、日々を過ごしていくことです。

時節は、焦っても求め難いのです。

■成長するために<1620>
どっしり、構えよう。