大量生産された安物は買わない。大量生産された安物を買っていてはいつまで経っても裕福にはなれない【小さな成長3175】

スポンサーリンク

自分には合わないと思う環境がある。

人の噂話や悪口ばかり話している職場がある。

有名で身近な企業だが、現場の実態は人の悪口ばかりである。

こういう会社の商品は、買ってはいけないなとつくづく思う。

1つ一つの商品に、まったく心がこもっていない。

大量生産されている商品には、心はこもらない。

大量生産された商品には、恨みつらみしかこもらない。

大量生産された商品が安いのは、恨みしか込められていないからだ。

大量生産は、人を奴隷のように扱う。

大量生産された商品には、奴隷のように扱われた人々の怨念がこもっている。

怨念のこもった大量生産された安物を買ってばかりいる人は裕福になれないのである。

■小さな成長<3175>
大量生産された安物を買うのはやめよう。

人間関係で疲れるのは頭を使うから。失敗を恐れず心の感じるままに動けばいい【小さな成長3166】

腹を立てるのは図星だから。

一瞬でも腹が立ったのなら、図星である。

腹を立てれば相手の思う壺。

感情的になればますます相手の思う壺である。

変に頭を使って計算することは何もない。

素直に自分の心が感じたことを大事に直感を大事に。

頭でいくら計算しても、人間関係というのは答えは出ない。

うまくいくもいかないも、自分の心が感じるままに素直に自分の心に任せることだ。

人間関係で苦労するのは頭を使うから。

もっと自分の心が感じた直感を大事にすることだ。

■小さな成長<3166>
人間関係は頭で考えるより心で感じよう。

暴言罵倒に腹を立てて切れてはいけない。礼儀正しく暴言罵倒の中では生きることだ【小さな成長3127】

心の安定というのは大事である。

ゴミ扱いクズ扱いのろま扱いをされれば誰だって腹が立つ。

が、そういう環境で生活していかなければいけない時がある。

こういう生活しにくい環境に何ヶ月も何年もいなければいけない時は、切れないことが必要である。

切れないようにするには、腹を立てないこと。

腹を立てないようにするには、無能扱いに慣れること。

こういう人間扱いされない環境で生き抜くのに大切なのは礼儀正しさである。

どんなに暴言を吐かれても、礼儀正しくいる。

罵倒されても礼儀正しく受け流す。

暴言罵倒を真剣に受け止めてはいけない。

暴言罵倒は、耳には聞こえる。

暴言罵倒は聞こえるが、聞き流す。

礼儀正しくあるために必要なのは心構え。

礼儀正しくあるためには、心の準備が欠かせない。

腹を立てるのが当たり前になってはいけない。

腹を立てるのが当たり前になると人間がおかしくなる。

逆に嫌な人間になる。

いつも腹を立ててばかりいると異常者になる。

突然切れるというのは気をつけないといけない。

人間扱いされない時こそ礼儀正しく生きることだ。

■成長するために<3127>
暴言罵倒は、礼儀正しく受け流そう。

自分に合わない環境にいては精神が歪む。精神が歪んでは元に戻らない【小さな成長3123】

自分に合った環境というのがある。

自分に合わない環境に居続けては病気になる。

合う合わないというのがあって、自分には合わないと感じるのは当たっている。

自分に合わない環境にいると精神が歪む。

人がいいと言っても、合うか合わないかは本人にしか分からない。

自分の感覚を大事にすることだ。

自分に合わない環境にいると精神が歪む。

嫌な人間になる。

気持ちが否定しているのに合わないところにいるというのは心をねじ曲げている。

心を無理にねじ曲げていると精神が歪む。

精神が歪むと深い傷になり元に戻らなくなる。

心の傷は、簡単には治らない。

人にどう思われるかより自分の精神が歪まないよう守ることが大事だ。

■成長するために<3123>
自分に合わない環境にいつまでもいるのはやめよう。

仕事を一生懸命やらされて病気になっては割に合わない【小さな成長3063】

気合いと根性の会社がある。

一生懸命というのは、ほどほどにしておくことである。

たまにいつの間にか一生懸命になることはある。

たまにではなく毎日一生懸命では精神がおかしくなる。

仕事中一生懸命を強要する会社は、朝礼で気合いをいれさせる。

働いている本人も気合いを入れれば、確かに一時的にいい成績が出るから、気合いを入れる。

その代わり仕事が終わったあとはどっと疲れる。

朝、仕事に行くのが非常に憂鬱になる。

こんな気合いを毎日入れなければいけない仕事を続けていたら、うつ病になる。

仕事が楽しいと勘違いさせられる。

仕事何て気合いを入れて毎日やっていたら病気になるのである。

精神的におかしくさせられては割に合わない。

病気になる前に辞めることだ。

■成長するために<3063>
病気になるような仕事は辞めよう。