暴言罵倒に腹を立てて切れてはいけない。礼儀正しく暴言罵倒の中では生きることだ【小さな成長3127】

心の安定というのは大事である。

ゴミ扱いクズ扱いのろま扱いをされれば誰だって腹が立つ。

が、そういう環境で生活していかなければいけない時がある。

こういう生活しにくい環境に何ヶ月も何年もいなければいけない時は、切れないことが必要である。

切れないようにするには、腹を立てないこと。

腹を立てないようにするには、無能扱いに慣れること。

こういう人間扱いされない環境で生き抜くのに大切なのは礼儀正しさである。

どんなに暴言を吐かれても、礼儀正しくいる。

罵倒されても礼儀正しく受け流す。

暴言罵倒を真剣に受け止めてはいけない。

暴言罵倒は、耳には聞こえる。

暴言罵倒は聞こえるが、聞き流す。

礼儀正しくあるために必要なのは心構え。

礼儀正しくあるためには、心の準備が欠かせない。

腹を立てるのが当たり前になってはいけない。

腹を立てるのが当たり前になると人間がおかしくなる。

逆に嫌な人間になる。

いつも腹を立ててばかりいると異常者になる。

突然切れるというのは気をつけないといけない。

人間扱いされない時こそ礼儀正しく生きることだ。

■成長するために<3127>
暴言罵倒は、礼儀正しく受け流そう。

自分に合わない環境にいては精神が歪む。精神が歪んでは元に戻らない【小さな成長3123】

自分に合った環境というのがある。

自分に合わない環境に居続けては病気になる。

合う合わないというのがあって、自分には合わないと感じるのは当たっている。

自分に合わない環境にいると精神が歪む。

人がいいと言っても、合うか合わないかは本人にしか分からない。

自分の感覚を大事にすることだ。

自分に合わない環境にいると精神が歪む。

嫌な人間になる。

気持ちが否定しているのに合わないところにいるというのは心をねじ曲げている。

心を無理にねじ曲げていると精神が歪む。

精神が歪むと深い傷になり元に戻らなくなる。

心の傷は、簡単には治らない。

人にどう思われるかより自分の精神が歪まないよう守ることが大事だ。

■成長するために<3123>
自分に合わない環境にいつまでもいるのはやめよう。

仕事を一生懸命やらされて病気になっては割に合わない【小さな成長3063】

気合いと根性の会社がある。

一生懸命というのは、ほどほどにしておくことである。

たまにいつの間にか一生懸命になることはある。

たまにではなく毎日一生懸命では精神がおかしくなる。

仕事中一生懸命を強要する会社は、朝礼で気合いをいれさせる。

働いている本人も気合いを入れれば、確かに一時的にいい成績が出るから、気合いを入れる。

その代わり仕事が終わったあとはどっと疲れる。

朝、仕事に行くのが非常に憂鬱になる。

こんな気合いを毎日入れなければいけない仕事を続けていたら、うつ病になる。

仕事が楽しいと勘違いさせられる。

仕事何て気合いを入れて毎日やっていたら病気になるのである。

精神的におかしくさせられては割に合わない。

病気になる前に辞めることだ。

■成長するために<3063>
病気になるような仕事は辞めよう。

利用しやすい奴にならない。便利な奴にならない【小さな成長3060】

わざわざ嫌なことはしない。

わざわざ嫌なことはしないことである。

嫌なことを耐えて続けているといいことがあると思いがちである。

実際は、いいことは何もない。

便利な奴になってはいけない。

利用しやすい奴になってはいけない。

便利な奴になっては、嫌なことから抜け出せなくなるだけである。

嫌なことを続けてもいいことは何もない。

嫌なことを続けてもまったく幸せにはなれない。

仕事は、面白いことはない。

嫌なことをやめる。

嫌なことをやめていくと毎日やることがなくなる。

毎日嫌なことばかりしていたということが分かる。

やることがなくなって考える。

憂鬱になることというのはやらないことだ。

今までしてきたことで失敗だったと思うことがある。

なぜああいう選択をしたのか。

お人好しと言われれば、それまでのこと。

嫌なことで難しいことは考えないことだ。

嫌なことの難しいことよりも、好きなことの難しいことを考える。

この間本屋へ行った。

結構読みたい本があった。

面白そうと思ったことは、今まで自分が仕事以外でしてきたことである。

仕事というのは、面白くないということが改めて分かる。

なぜ、面白くもないことを人間はやるのか。

仕事が楽しいと心から思っている奴なんてそうそういない。

仕事はつまらないもの。

いくら仕事をしても好きなことはできるようにはならない。

たくさん仕事をすればするほど好きなことから遠ざかる。

自分がやりたいことから遠ざかる。

好きなことをしていない時間は、適当に過すことが大事だ。

汗が流れるほど頑張ってはいけない。

汗が流れるほど頑張っては、利用されるだけである。

人は、使いやすい奴を利用する。

使いやすい便利な奴になってはいけない。

使いやすい便利な奴になってもいいことは何もない。

一生利用されるだけだ。

■成長するために<3060>
便利な奴にならないようにしよう。

目標づくりをやめる。目標が無くても時間は経過する【小さな成長3037】

やる気と言うのは、無いほうがいい。

やる気が無くてもできる状態と言うのは、楽でいい。

いつもやっていることは、やる気が無くてもできる。

新しいことで自分に興味のないことをしないといけないときがある。

やる気が無い。

変に気合いを入れるのは、続かない。

やる気が出ないことをどうやってやるか。

やる気の出ないことも毎日のことにしてしまえば、やる気はいらなくなる。

毎日ダルいと思いながらも、慣れてしまえば続けられる。

ただ時間が経つのを待つ。

目標をつくると、目標を達成できなくてやる気がなくなる。

目標をつくらない。

ただひたすら時間が経過するのを待つ。

■成長するために<3037>
目標の無い生活を送ろう。