くやしいことが起きたら、楽しいことをたくさんインプットして寝ると、その分早く元気になる。【小さな成長1188】

スポンサーリンク

◎メルマガご紹介

本日ご案内するマガジンは、人間関係を良好にするヒントを教えてくれます。

このメルマガを読んで、聞き上手になってくださいね。

★『幸せになれるコミニュケーション力アップカフェ』★

コミニュケーション力を磨きたい、心理学を学び
たい、パートナーやビジネス相手の本音を見抜き
たい、人を喜ばせるような行動がしたい、恋愛力
を向上させたい方向けにちょっと役立つ小ネタを
提供しているメルマガです。

携帯からは空メ登録★
⇒a0001186130@mobile.mag2.com
携帯用詳細ページ★
http://mobile.mag2.com/mm/0001186130.html
PC用詳細ページ★
http://www.mag2.com/m/0001186130.html

くやしいことが起きたら、楽しいことをたくさんインプットして寝ると、その分早く元気になる。【小さな成長1188】

くやしいことが起きた日は、家に早く帰って、お風呂にゆっくり浸かって、大好きな作家さんの本を読んで、笑顔で寝ましょう。

できるだけ笑顔になって寝ることです。

笑顔でベッドに入って、たくさん寝ましょう。

くやしいこと、嫌なこと、つらいことを、自分の中でプラスに変えていくことです。

くやしいことや屈辱を、憎しみにしないことです。

嫌なことは、将来、自分が幸せになるために必要なことです。

「そんなこともあったな」と、笑顔で思いだせる日がきます。

耳から聞いたことは、心に強く残ります。

なので、耳から入ってくる言葉は、傷つきやすいのです。

気にしないことが、大事です。

落ち込んだ時には、いい言葉をたくさん聞くようにしましょう。

お気に入りの文章を、声にだして読んでみましょう。

凹んだ時には、自分の耳にたくさんいい言葉を聞かせてあげることです。

たくさん好きな表現を聞かせてあげて、嫌なことを頭の中から追いだしてしまいましょう。

頭は、新しいことを仕入れれば、古いことは忘れるようにできてきます。

新しい仕事が始まって、大量に勉強をすると、前の仕事の知識が薄れていくのは、そのためです。

つらいことが起きてくよくよしたままでいると、頭の中に嫌なことが残ってしまっていけません。

楽しいことをたくさん頭にインプットして、嫌なことは忘れてしまうに限るのです。

■成長するために<1188>
好きな本を声にだして読んで、笑顔を取り戻そう。

どん底の過ごし方は、 どん底の時にしか学べない【小さな成長1185】

どん底 [DVD]

どん底を耐える

辛い時期がある人は、幸せです。

誰もが辛い時期があるわけではありません。

Continue reading “どん底の過ごし方は、 どん底の時にしか学べない【小さな成長1185】”

最悪な時期は幸せになるために必要な時期。感謝を忘れない【小さな成長1139】

心の支え方 人生の試練を乗り切るための心理学

最悪な時期に乗り越え方を学ぶ

「何でこんなにつらい思いをしなければいけないのだろう」と思う時期があります。

「最悪だな」と思う時期は、自分に必要だから起きています。

最悪な時期は、学ぶ必要があるから起きたのです。

Continue reading “最悪な時期は幸せになるために必要な時期。感謝を忘れない【小さな成長1139】”

愚痴を言っても、変わらない。【小さな成長1094】

愚痴を言わないことです。

弱気になると、愚痴が出ます。

愚痴を言っても、幸せにはなれません。

同情してもらっても、うれしくはありません。

愚痴を言いそうになっても、我慢しましょう。

愚痴は言わないで、その日を終えることです。

愚痴を言わないで、寝てしまうことです。

愚痴を言っても、あと味が悪いだけです。

大変な時は、あるものです。

大変な時期を生かすには、丁寧に、慎重に過ごすことです。

思い切ったことは、しないことです。

勢いに任せた行動をしないことです。

今日も最悪だったと思います。

最悪な時は、誰でも経験出来る訳ではありません。

最悪なことを経験出来るもの、運が必要です。

良いことばかりでは、タフにはなれません。

良いことばかりが続くと、うまくいかなくなった時に、すぐに終了してしまうのです。

最悪な時期は、大事です。

どうやって、最悪な時期を乗り切れるか経験出来るのです。

今日も最悪だったと思ったら、周りを見てみることです。

周りを見ると、脱落していく人ばかりです。

あっという間に、いなくなります。

どこまでやれるか、楽しむことです。

とうやって、ひどいダメージを受けないで一日を終えるかを、研究することです。

■成長するために<1094>
最悪な日でも、最後まで集中して乗り切ろう。

辞めたい仕事をつづける工夫をする。【小さな成長695】

「仕事を辞めたい」と思ったときは、つづけることです。

本当に辞めてもいいときは、神様が自然に引っ張りあげてくれます。

神様が自然に引っ張りあげてくれるまで、つづけることです。

「夢があるから」「やりたいことがあるから」という理由で、今の仕事を辞めます。

辞めて、ほかのことをしても、うまくはいきません。

辞めれば、同じことの繰り返しになります。

危険なのは、辞め癖がつくことです。

うまくいかなくて辞めて、ほかの職場でもうまくいかなくて辞めて、転々とするのです。

辞めたい仕事には、たくさんのノウハウがあります。

誰もが辞めたいと思う仕事ほど、宝の山です。

つらい状況を進んでいくから、このあとハッピーの状態が長くつづくのです。

目の前にある課題は、自分に必要だからあります。

つらくてうつ病になりそうで、内蔵がキリキリ痛くなる。

このつらい状況をどうやれば楽しくできるか、工夫していくことです。

相手に嫌な顔をされない方法は、その仕事に直面している自分にしか分かりません。

実は、相手は自分よりももっとつらい状況にいます。

自分のほうが、らくなポジションです。

なのに、自分のほうがつらそうな態度をとるから、相手にもっと嫌な感じで当たられるのです。

「この人感じがわるそうだな」と感じたら、こちらは、めちゃくちゃ感じ良くすることです。

感じわるく、感じ良くするのではありません。

自然に、めちゃくちゃ感じ良くするのです。

そうすると、不思議と相手も感じのわるいのが薄れます。

ただ、いつなんどきも感じ良くしているのは、かなり疲労します。

疲れきってしまう原因です。

疲労を回復できないまま、つぎの日に突入して、どんどん自分の中に感じわるさが蓄積してしまうのです。

自分の中に感じわるさが渦巻くと、リフレッシュすらできなくなります。

リフレッシュは、意識してすることです。

シャワーだけになってしまった人は、湯船につかりましょう。

掃除ができなくなったら、掃除をしましょう。

肉ばかりになったら、野菜を勢い良く食べましょう。

好きな本を、何度も読みましょう。

旅に出なくなったら、旅をしましょう。

ウロウロしましょう。

リフレッシュのきっかけをつかんで、リフレッシュの回転数をあげていくことです。

凹むことが多ければ、お金のかからないリフレッシュをたくさんすることです。

■成長するために<695>
お金のかからないリフレッシュ方法を、たくさん持とう。