金を一瞬で得る練習をする。金をコツコツ貯めても金は一瞬でなくなる【小さな成長2973】

頭で考えたことをやってみる。

考えたことを実際にやっていく。

どうすれば実現できるか。

始められないと思っているのは、自分。

やってみれば意外とできる。

何百万円何千万円することは、コツコツという発想でできるかは不明だ。

1年に100万円貯金しても1千万円貯めるには10年かかる。

確かにコツコツ10年かければ1千万円は貯まる。

10年後1千万円を手に入れたときにどうなるか。

本当にその1千万円を有効に使えるか。

貯める発想は、時間がかかる割に使えば一瞬でなくなる。

一瞬で1千万円がなくなり、また、10年かけて1千万円貯めるのか。

金を使って、金をもっと楽に得る方法を考える。

1千万円を一瞬で得る方法を考え実践する。

借金ではなく、不法ではなくギャンブルでもなく合法で金を得る。

コツコツやるなら、1千万円を一瞬で得る練習をコツコツやっていくことだ。

■成長するために<2973>
金を一瞬で得る練習を、少額から始めよう。

運気アップに向け良い方角へ良いサービスを受けにいく【小さな成長2968】

未来の予定をどんどんカレンダーに書き込む。

未来の予定をカレンダーに書き込んでいくことだ。

予定を立てると、行動できる。

じっとしていても変わらない。

動いて、自分の運気をより良いものにしていく。

自分にとって、良い方角と悪い方角がある。

ネットで調べれば、今のいい方角が分かる。

来月の良い方角が分かる。

良い方角が分かったら、さっそく飛行機や新幹線を予約。

チケットは、ファーストクラスやプレミアムクラス、グリーン車にする。

ファーストクラスやプレミアムクラス、グリーン車を使えば、移動時間にも快適に仕事ができる。

良い方角へ向って良いサービスを受け、さらに自分の運気を上げていくことだ。

■成長するために<2968>
良い方角で、良いサービスを受けよう。

何度でも挑戦し集大成の年にする。諦めたらそこで終了なのだから【小さな成長2960】

感じのよくないところには、近づかないことである。

掃除をして気づくことは、必要な物はほとんどないということ。

必要な物は、また買えばいい。

今まで必要と思っていた物でも、捨てる決断ができて実際に捨てることができると、驚くほど身も心も身軽になる。

物を持たなくなると、感じのよくない物やことに気づけるようになる。

10年以上、捨てることのできなかった物がある。

断捨離をするのだけれども、どうしても捨てられなかった物がある。

そういう思い出の品々が、ようやく捨てられる時が来る。

捨てる時は、生き抜くのに本当に必要なのかという決断の時に捨てることができる。

生きていれば、いくらでもやり直しがきく。

死んだらお終い。

もう死んでもいいという人が、たまにいる。

そういう人は、天才肌。

発想が、天才なのである。

天才の大変なところは、命を捨てることもできてしまうというところ。

あまり天才にならなくてもいいのではないか。

せっかく、この世に生を享けたのである。

苦しみもがくのは大変。

苦しまなくていい。

苦しいからといって、死を選ぶことはない。

馬鹿にされて非常につらいのは、家族からである。

家族に馬鹿にされるのは、とてもつらい。

家族から馬鹿にされることは、かなりつらいことだと知っておく。

家族からとことん馬鹿にされる経験をする。

そうすると、自分でも信じられないくらい心身はタフになる。

タフになるまでには時間がかかる。

タイミングによっては、1年2年、10年12年、下手をすると一生かかるダメージかもしれない。

ダメージを受け行動力が上がる。

心にダメージを受けた時には、同じ場所にいてはいけない。

退却は、大切な決断である。

ひどいダメージを心に受けた時に、その場所で耐えていては、心が歪む。

心が歪んでは、心を修復するのが至難の業となる。

ひどい時には、もう歪んだ心は、元に戻らないかもしれない。

なので、一度決めたことでも、やめるという決断は非常に大事だ。

勝負の年。

振り返れば、毎年この時期は勝負の年と言っている。

それでいい。

諦めたら、そこでお終い。

何度でも挑戦し直していけばいいんだ。

■成長するために<2960>
12年の集大成にしよう。

寡黙になって、隣の成功しそうな人を手伝う【小さな成長2950】

隣の成功しそうな人を手伝いましょう。

寡黙になることです。

ペラペラ話す口の軽い人は、相手にされません。

無言で成功を手伝うのです。

■成長するために<2950>
口を閉じて、成功しそうな人を手伝おう。

感謝の言葉を土産を手渡す時に直接いう。気持ちは感謝の言葉を言い切ることで伝わる【小さな成長2939】

〜の感謝の気持ちです

と言い切ること。

言い切ることが大事だ。

言い切ることで、気持ちが伝わる。

色々いう必要はない。

堂堂とゆっくり言い切る。

相手が、何かいえるようひと呼吸する。

感謝できない人に、無理に感謝することはない。

感謝できない人に感謝するというのは、相当人間ができていないとできないこと。

まずは、心から感謝できる身近な人に感謝していくことだ。

正月は、感謝しろ感謝しろといわれる。

感謝しようと思えない人に感謝することなど至難の業。

外面だけいいした奴が、ゴロゴロいる。

本当に感謝したい人、自分に身近な尊敬できる人に、まずは感謝する。

感謝とは気持ち。

気持ちの分かりやすい表し方は、土産である。

つまらないものなら渡さないことだ。

1番自分が渡したい物を、心を込めて渡す。

贈り物が、面倒くさいなら贈らないことだ。

贈り物ができる気持ちになってきたら、今まで生きてきて世話になった人に徐々に感謝の行いをする。

無理に贈ることはない。

迷ったら、また次の機会にすればいい。

本当に贈りたい。あの時支えてくれたことに感謝しますという気持ち。

感謝しますというのは、恥ずかしい。

贈り物と一緒に、土産を渡す時に、〜に感謝致しますと言い切って手渡しすると感謝の言葉をいいだしやすい。

言い切ることで、自分の思いが伝わるんだ。

■成長するために<2939>
〜に感謝致しますと、感謝の言葉を言い切ろう。