いくら過去を分析しても、答えはない。答えは自分でつくるんだ。【小さな成長1438】

スポンサーリンク

行動計画を、立てないことです。

計画を立てると、予定通りにしか行動できなくなります。

「計画的に」というのは、一見よさそうに聞こえます。

消費なら計画的にということもあります。

挑戦していくときには、計画的ではいけません。

計画的では、過去からの予測になるのです。

過去のデータを一生懸命分析しても、ブレイクする未来はありません。

未来は、自分で考えないといけないのです。

未来は、自分でつくるものです。

自分でつくるものなのに、いくら過去を分析しても、答えはないのです。

自分で、未来をつくって、その未来にするにはどうすればいいのかを考えることです。

成功体験は、邪魔でしかないのです。

発想が、成功体験に縛られてしまうからです。

これまでうまくいったことは、これからはすべてうまくいきません。

今までにないことを考えて、試していくことです。

ぼんやりとしている未来を、深掘りしてより具体的なものにすることです。

「いや、こうした方がいいんじゃないか」と、さっきまでの自分を否定してみる。

「本当にこれでいいのか」と、全否定してみる。

過去からの延長線を伸ばさないことです。

今までにない未来を、イメージすることです。

誰もやらないことを粘り強く考えて試しつづけるから、ブレイクするチャンスが生まれるのです。

■成長するために<1438>
うまくいったことは、忘れよう。

タイミングが合わないなら、追わない。【小さな成長1434】

「タイミングが合わない」と、悩まないことです。

元々タイミングの合わない人も、います。

みんなとタイミングを合わせようと、しなくてもいいのです。

タイミングが合わない人を、追いかけないことです。

タイミングの合わない人と、無理にタイミングを合わせても苦しいのです。

一緒にいても、つらいのです。

「この人」と思って、頑張ってしまいます。

メールも一生懸命に、してしまいます。

追いかければ、煙たがられるのは当たり前です。

追いかけても、いいことはありません。

みじめになるだけです。

無理をすると、冷めるのも早いのです。

「自然に」「偶然に」が、いいのです。

「何年後に」というのも、重いです。

「何年も待たれても困るんだけど」と、思われます。

何年も待つのは、やめましょう。

過去を、追いかけないことです。

過去を追いかけるよりも、未来を自分でつくることです。

「タイミングが合わない」と、くよくよするくらいなら、別なことに打ち込んだ方がいいのです。

タイミングの合わない人と一緒になろうとしても、将来苦労するばかりです。

一時の感情に支配されてしまわないことです。

好きなことに打ち込んでいれば、これからいくらでもタイミングの合う人と出会うのです。

好きなことは、自分を成長させてくれます。

自分が生き生きしてくれば、よりよい新たな出会いが生まれるのです。

■成長するために<1434>
好きなことに打ち込んで、未来を変えよう。

眠くてもやるから、未来に近づくんだ。【小さな成長1308】

眠くても、仕事を終わらせることです。

寝る前に、仕事を終わらせましょう。

仕事を早く終わらせましょう。

仕事を先に終わらせることで、テンションが上がります。

一眠りしてからやろうとしていることを、今やることです。

今やるから、いいものができるのです。

眠くてもやりましょう。

眠くてどうしよもないというときでも、仕事を終わらせることです。

眠いなら、顔を洗えばいいのです。

睡魔が襲ってきたら、何度でも、水で顔を洗えばいいのです。

眠いなら立って仕事をすればいいのです。

電車の中で寝てしまうのは、座るからです。

電車の中でも、眠たくなったら立てばいいのです。

目をひんむいて仕事をするのです。

「時間がない」と言っていては、永遠に時間はできません。

未来をイメージできれば、あとは突き進むだけなのです。

楽をしていては、未来は実現できません。

眠い目を擦りながらでも、今日もやっていくから、一歩また一歩と前進していけるのです。

■成長するために<1308>
眠くても、寝ない。

自分の頭に言い聞かせる言葉を前向きにすることで、未来は明るくなっていく。【小さな成長1237】

★メルマガご紹介★

こんにちは、しまぷーです。

本日ご紹介するのは、

「うまくいく人の目標達成術」

というメルマガです。

未来を変えるというのは、気になります。

そういえば、やりたいことができるようになる人の考え方は、うまくいかないままの人とはちがうような気がします。

成功する人というのは、無意識のうちにうまくいく方法を選んでいるのでしょうね。

うまくいく人の考え方を学んで、夢や目標を叶えていきましょう。

携帯からはこちらのurlで確認してくださいね。
http://mobile.mag2.com/mm/0001294492.html

===============================
◇◆うまくいく人の目標達成術◆◇
===============================
メルマガ登録はこちら
http://archive.mag2.com/0001294492/index.html

ビジネスにおいて、うまくいっている人の思考や行動は、
他の人と何が違うのでしょうか?
そして、もしあなたがその「違い」を手に入れることが
出来たとしたら、明日からの成果や未来はどう変わって
いくでしょうか?
NLPやLABプロファイルなど、実践的な観点から「違い」
を手に入れて大きな成果を出して見ませんか?
無料ダウンロードレポートも好評です!
ここから http://blog.livedoor.jp/umakuikuhito/
===============================

自分の頭に言い聞かせる言葉を前向きにすることで、未来は明るくなっていく。【小さな成長1237】

毎日つかう言葉を、変えていきましょう。

自分が話したり書いたり考えたりしている言葉が、未来へつながります。

腹立たしいことを「ムカつく」と言っていては、自分の人生がイライラした一生になってしまっていけません。

たとえば、上司というのは、ムカつくものなのです。

うるさいこと、面倒臭いことを言うのが上司の仕事です。

上司に腹が立つときには、「自分を成長させるためにあるんだ」と思えば、接し方もよくなります。

何かを始めれば「なんで相談しないんだ」と、叱られます。

相談すれば、「いちいち、そんなことで聞いてくるな」と言われます。

ここで「じゃあどうすればいいんだよ」と、ならないことです。

いちいち相談した方が、いいのです。

「話しを通していない」というのが、一番まずいです。

「聞いていない」と言われると、つらいのです。

「そんなことは聞いていない」と言われないように、マメにメールをしておくことです。

メールをするときには、一つにつき一つのメールです。

二つのことを一つのメールの中に入れてはいけません。

二つ目のことは、読まれないのです。

タイトルに結論を書いておきましょう。

「上司は、メールは開かない」と思っておけば、タイトルの書き方も工夫するようになります。

あとで検索されやすいように、キーワードをタイトルに入れておくことです。

メールを送っただけで、安心してはいけません。

さりげなくメールで送った内容を、口頭でも伝えておくことです。

ムカつく上司にムカつかなくなれば、コミュニケーション能力は、数段アップしているのです。

嫌なことを嫌なままで終わらせないことです。

不愉快なことを粘り強く解決していくことで、自分の頭は、よりタフになっていくのです。

■成長するために<1237>
ムカつくことを、克服しよう。