大都市東京に覚悟を決めて住む。大都市東京と田舎は世界がまったく違う【小さな成長3000】

大都市東京に住むには、覚悟がいる。

大都市東京で10年20年と生活し、その後田舎で暮らすには、想像もできない覚悟がいる。

最近感じるのは、大都市東京と田舎の格差は拡大するばかりということ。

時代は21世紀。

さらに22世紀へ向け視野を広げる必要がある。

未だにスマートフォンを毛嫌いしている人がいる。

今は、時計にもメガネにもコンタクトレンズにもコンピューターが入る時代。

最近は、スマートフォンを持っているのは時代遅れなんじゃないかと私は感じている。

と言う私も、ようやくスマートフォンで電車の改札を通れるようになった。

今までは、PASMOでしか定期が作れない区間に住んでいた。

無理矢理JRを使えないこともなかったのだが、かなり遠回り。

定期代が毎月2万円を超えるのはつらいかと感じていた。

今は、月2万円以上通勤に使う。

JRに乗るので、モバイルSuicaにできる。

職場の自動販売機も、SuicaとPASMOが使える。

自動販売機でSuica支払いができるので、小銭はいらなくなった。

携帯電話が財布換わりというのは、10年くらい前から言われていたような気がする。

コンビニエンスストアでも、多くの客が電子マネーで支払いをしている。

釣り銭のやり取りがないから速い。

小銭をいちいち財布から取り出すのは、並んでいる後ろの客に迷惑である。

電子マネー専用のセルフレジを、たくさん作ってほしいものだ。

現金使用お断りのコンビニエンスストアがあってもいいんじゃないかと思う。

田舎で電子マネーが使えるのは、コンビニエンスストアくらいか。

田舎では、依然としてガラケーを使っている人が多い。

都会でガラケーを使っていては、かなり不便である。

仕事のやり取りも、今はスマートフォンが当たり前。

ガラケーを使っている人は、仕事にも乗り遅れる。

仕事もろくにできなくなる。

10年くらい前は、メールが間に絡んだ。

今は、すべてネット上で完結するので、メールも必要ない。

スマートフォンがないと、友達付き合いもできなくなる。

待ち合わせは、LINEでやるのが当たり前。

地図アプリで簡単に待ち合わせ場所へ行ける。

東京や大阪で生活して、18年くらいが経った。

大阪は2年くらいだから、ほとんど東京で生活してきた。

大都市暮らしが長くなり、田舎で言葉が通じなくなった。

日本語を話しているのだが、田舎で日本語が通じない。

東京には、田舎者が多い。

地方から出て来た人がたくさんいる。

田舎者が、東京へ出てくるときには覚悟がいる。

覚悟して東京へ出てこないと、大都市には住めないと逃げて田舎へ帰ることになる。

逆に、大都市東京で3年でも7年でも生活することができれば、もう田舎には帰る気がしなくなるだろう。

大都市東京で経験値を上げ、これから田舎に帰って一旗揚げようというときは覚悟がいる。

大都市東京と田舎の差が、想像もつかないくらいにある。

これからどうするかを決めるのは、自分自身である。

■成長するために<3000>
覚悟して、大都市東京に住もう。

敗者の言葉「やっても無駄」。行動力をなくさず挑戦する。無駄かどうかはやってみなければ分からない【小さな成長2999】

自分が挑戦し失敗した。

現実を思い知る。

やっても無駄と諦める。

諦めると行動力がなくなる。

挑戦しなくなる。

行動力をなくさないことだ。

挑戦することだ。

無駄をしないようにしようとすると、行動力がなくなる。

わざわざ無駄なことをすることはないと思うときがある。

「無駄かどうかは、やってみなければ分からない」

約15年前、20代後半の頃、20代前半の女性に言われた言葉である。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

仕事を一通りこなすと、やっても無駄と感じることがある。

自分がやって失敗した。

失敗の経験があると、やっても無駄と切り捨てる。

その女性に「やっても無駄だよ」と言った。

「無駄かどうかなんて、やってみなければ分からないじゃないですか」

と言い返された。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

自分の失敗を、人に押しつけてはいけない。

人生を賭ける挑戦をし、戦いに敗れる。

同じ道を辿ろうとする若者に、お前らにできるわけないだろと言う。

私も19歳になろうという年に、40代の敗者に言われた。

「やっても無駄だ」

「お前らにできるわけないだろ」

自分ができなかったことを、若者に偉そうに言ってはいけない。

その40代の敗者は、旧帝国大学で博士までとった成功者である。

博士をとり、さあこれからという段階になり、戦いに敗れた。

自分の才能の無さを思い知る。

現実は、そんなに甘くないということを知る。

上には上の秀才がいる。

信じられない頭脳を持つ天才がいる。

現実を知り、挫折する。

負け組。

負け組、敗者。

敗者のままではいけない。

敗者なら敗者らしくしていることだ。

これからという若者に、戦いに敗れた敗者が分かったようなことを言ってはいけない。

やっても無駄というのは、行動力を失った敗者の言葉なのである。

■成長するために<2999>
20年前敗れたことに、再挑戦しよう。

22世紀へ向け機械とうまくやっていく【小さな成長2993】

21世紀は、確実に前に進んでいる。

機械とうまくやっていく必要がある。

いつまでも昭和ではいけない。

便利な機械を使うと、毎日の生活は数段楽だし速くなる。

昭和の発想ではなく、21世紀の発想に切り替える。

21世紀から、次は22世紀。

次の世紀22世紀へ向け自分の発想を切り替えていく。

発想といっても、大した大げさなものではない。

昭和のときはしていたけれども、21世紀になりする必要のないもの。

エレベーターは、進化している。

21世紀のエレベーターは、わざわざ開くを押しておかなくても、人が降りている間は開いている。

20世紀のエレベーターも、人が降りている間は開いていたのかもしれないが、エレベーターに乗っているだけでも21世紀は確実に進んでいると感じる。

エレベーターが止まったときに、開くボタンを押しておくと人が先に降りてくれる。

何となく開くを押しておくと、人が先に降りてくれる。

暗黙のルール。

人がどんどんいらなくなっていくと感じるときがある。

今まで人が大勢でやっていたことを、機械が何倍ものスピードで終わらせていく。

ますます人の働く場は無くなっていく。

今のところ、私は文句を言う機械には会ったことがない。

いちいち文句を言う人間に比べたら、機械のほうが比べ物にならないくらい扱いやすい。

感情は、動物固有のものかと思うとそうでもないのか。

最近のスマートフォンは、使っている人に合わせて学習していく。

持ち主の声を認識する。

人は、どんどん関わりにくくなっていく。

感情を表に出せば、病気だ壊れていると言われるわけだから、感情を消すことが21世紀を上手に生きるコツである。

コミュニケーションをとらないというのも、実は21世紀なんだと感じる。

感情を持つ機械。

感情を消す人間。

田舎では、見知らぬ人にも子供は元気に挨拶する。

昭和を感じる。

挨拶が良いか悪いかは置いておいて、いいものを取り入れていく。

22世紀へ向けて、ぼんやりと考えていく。

機械とうまくやっていく必要がある。

■成長するために<2993>
22世紀に向けて、ぼんやりと考えよう。

未知の新たな挑戦を開始する。自慢話を始める前に【小さな成長2983】

器の大したことのない人は、自慢話が増える。

昔は昔はと、話していることが何十年も昔の話ばかりだ。

今がない。

未来がない。

自慢話は、やめることだ。

自慢話に本人は気づいてない。

誰も自慢話をしていますとは教えてくれない。

自分で気づく。

年を取ると自慢話が増える。

知り合いの話が増える。

あいつは社長になった、あいつは部長になったという話ばかり。

昔はああしたこうしたと武勇伝が増える。

口を開く前に、未知の新たな挑戦を開始することだ。

■成長するために<2983>
自慢話はやめ、新たな挑戦を始めよう。

言葉の暴力。心を深く傷つける。争っても疲弊するだけ。自力で生きるチャンスだと考える【小さな成長2975】

強い物言いで相手を支配しようとする人が、たいがいの職場にいる。

相手をコントロールし支配しようとする。

自分の都合のいいように相手をコントロールしようとする。

世の中には文句の言えない人がたくさんいる。

文句を言いたくても言えない人がたくさんいる。

言葉の暴力は、深く人を傷つける。

殴るのは、見えるから分かりやすい。

心を言葉で傷つけるのは、目に見えない。

人をゴミのように扱う人間がいる。

言葉の暴力を振るう人は、自分より弱い人間を見つけて攻撃する。

何も言い返さない人間を見つけて言葉で攻撃する。

心を深く傷つけられ、うつや引きこもりになっていく。

心を深く傷つけられ、働くのが嫌になっていく。

言葉の暴力は、分かりにくい。

組織に頼らずに、自力で生きる世界。

争っても、さらに疲弊するだけ。

自力で生きる。

言葉の暴力を受けて深く傷ついたら、逆にチャンスだ。

自力で生きる気持ちが強まる。

静かに淡々と自力で生きる気持ちが強まる。

■成長するために<2975>
淡々と自力で、生きよう。