目標に迷うなら今を全力でやる。次の目標は全力でやることで見えてくる【小さな成長3251】

スポンサーリンク

目標ができて目標に向かってスタートする。

目標ができたら、目標を見失わないようにする。

目標というのは大事である。

目標があることで頑張れる。

目標ができてからの道のりは長い。

簡単には目標に到達しない。

どうやって目標を達成するか。

やりたいことの実現には時間がかかる。

いつかこうなる時がくるだろうと思うことがある。

気持ちを新たに目標に向かって進もうと思う時がある。

目標に向かって前進する。

目標の達成は、簡単ではないからやりがいがある。

目標を高く設定し、日々少しずつ前進する。

目標が高いと、全然目標まで届かないと思う時がある。

前に進まないと思っても、とにかく始めることだ。

前に進まないと思っても、とにかく続けることだ。

目標は高く。

目標が低いと後悔する。

「あの時もっと頑張れば良かった」と25年経って後悔する。

始めることで、気持ちは切り替わる。

始めることで、前へ進める。

始めたら最後までやる。

始めたら終わらせる。

まずは続けられるよう毎日のすることは最小限にする。

やろうやろうと思っていたことが先延ばしになる。

途中で集中力が切れる。

目標を達成するのに大切なのは、最初の目標を立てる部分。

無理な目標があるのではない。

最初に立てた目標が間違っていることがある。

目標というのはやっかいで、やってみないと間違っていたかは分からない。

目指すべき目標なのかどうか、最初は分からない。

20年の遠回りは辛いものだが、20年遠回りして確信することがある。

目指す目標ではなかったということ。

20年の遠回りをして、方向転換を考える時がくる。

30年前の志が低かったんだと気づく。

何十年も遠回りして、最初に戻ってくる。

長い間遠回りをしたおかげて、次の目標が見えてくる。

目指す目標が分かれば迷いはない。

あとは毎日少しずつ前進するだけだ。

■小さな成長<3251>

全力でやってより高い志を立てよう。

ラストチャンス。一つに集中しラストチャンスを手に入れる【小さな成長3215】

決別を決めた後は、いくらでも演じればいい。

期限を決める。

この日と決める。

この日という日が決まると人は変わる。

目標をつくると楽だ。

目標を定めず思うがままにというのは意外とつらい。

目標があると困るというわけでもない。

目標を定めその目標に向かって前進する。

苦手な人種をまた一つ克服すればいい。

自分の苦手を克服する。

ここから先はやりたいことに磨きをかける。

やりたいことをやっていると、二度と同じことはやりたいとは思わない。

完全に興味がなくなる。

その分一つに集中できる。

一つのことに時間を費やすことができる。

一つのことを徹底してやっている人は強い。

一つのことを貫くというのは大変である。

目標を定め一つを徹底してやる。

ラストチャンス。

ラストチャンスと自分に言い聞かせて臨むことだ。

■小さな成長<3215>
最後のチャンスを何としてもものにしよう。

意識して嫌なことをやめる。好きなことをやる日を意識して増やす【小さな成長3059】

好きなことをやる日を意識して増やす。

つまらないことにイライラしないことである。

イライラしないことが大事である。

イライラする人とは関わらないことである。

イライラするところには無理をして行かない。

喧嘩は買わない。

喧嘩を売ってくる奴というのは小物である。

意識して好きなことをやる。

好きなことに集中していく。

気をつけないと、嫌なことが増えていく。

嫌なことがあっても気にしない。

嫌なことがあっても、好きなことをして忘れる。

嫌なことのない生活を手に入れる。

嫌なことのない生活を手に入れるには好きなことを徹底的にやる。

好きなことを徹底的にやって、好きなことだけやって生きていけるようにする。

苦しいからといって、我慢をして嫌なことはやらない。

死ぬまで好きなことをして生きていけるスタイルをつくる。

週3回嫌なことをやったら、週4回好きなことをやる。

週3回を週2回でいいようにする。

嫌なことをやり始めると不思議と毎日嫌なことする生活になる。

毎日嫌なことをやって1年が終わる。

毎日嫌なことをやって2年が終わる。

気をつけないと嫌なことだらけな毎日になる。

意識して嫌なことはやらない。

好きなことをする日を意識して増やしていくことだ。

■成長するために<3059>
好きなことをする日を増やそう。

敗者の言葉「やっても無駄」。行動力をなくさず挑戦する。無駄かどうかはやってみなければ分からない【小さな成長2999】

自分が挑戦し失敗した。

現実を思い知る。

やっても無駄と諦める。

諦めると行動力がなくなる。

挑戦しなくなる。

行動力をなくさないことだ。

挑戦することだ。

無駄をしないようにしようとすると、行動力がなくなる。

わざわざ無駄なことをすることはないと思うときがある。

「無駄かどうかは、やってみなければ分からない」

約15年前、20代後半の頃、20代前半の女性に言われた言葉である。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

仕事を一通りこなすと、やっても無駄と感じることがある。

自分がやって失敗した。

失敗の経験があると、やっても無駄と切り捨てる。

その女性に「やっても無駄だよ」と言った。

「無駄かどうかなんて、やってみなければ分からないじゃないですか」

と言い返された。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

自分の失敗を、人に押しつけてはいけない。

人生を賭ける挑戦をし、戦いに敗れる。

同じ道を辿ろうとする若者に、お前らにできるわけないだろと言う。

私も19歳になろうという年に、40代の敗者に言われた。

「やっても無駄だ」

「お前らにできるわけないだろ」

自分ができなかったことを、若者に偉そうに言ってはいけない。

その40代の敗者は、旧帝国大学で博士までとった成功者である。

博士をとり、さあこれからという段階になり、戦いに敗れた。

自分の才能の無さを思い知る。

現実は、そんなに甘くないということを知る。

上には上の秀才がいる。

信じられない頭脳を持つ天才がいる。

現実を知り、挫折する。

負け組。

負け組、敗者。

敗者のままではいけない。

敗者なら敗者らしくしていることだ。

これからという若者に、戦いに敗れた敗者が分かったようなことを言ってはいけない。

やっても無駄というのは、行動力を失った敗者の言葉なのである。

■成長するために<2999>
20年前敗れたことに、再挑戦しよう。

ライバルは自分自身。20年前の自分に負けていないか【小さな成長2998】

最近、いい接客をよく目にする。

今日、階段でつまずいた。

つまずいたはずみで、コーラはこぼれ食べ物はグチャグチャになった。

するとすぐスタッフが新しい食べ物に替えてくれた。

「服は汚れませんでしたか」

と気遣ってさえくれた。

この「服は汚れませんでしたか」

は、接客について考えていないと言えない言葉である。

「怪我はございませんか」

聞き間違えてはいないのだが、

「聞き間違えました」

客は、悪いと思っている。

客の誇りを傷つけない接客。

最近は、20代からやる気をもらう。

20代は、やる気に満ちている。

40代の自分が、20年前の自分に負けていないか。

ライバルは、自分自身である。

■成長するために<2998>
20代の自分に負けないようにしよう。