相手に気を使い過ぎない。相手に気を使い過ぎると嫌になって長続きしない【小さな成長3236】

スポンサーリンク

相手に気を使い過ぎないことだ。

相手に気を使うというのは、とても疲れる。

疲れる割にあまりいいこともない。

気を使い過ぎると、知らず知らずのうちに相手に求めてしまっていけない。

誰しも良く見られたいと思う。

良く見られたいと思って空回りする。

無理は、空回りになる。

自分の気持ちに無理しないことだ。

自分の気持ちを大事にする。

自分の気持ちを押し殺してまで、相手のために何ていうことをやっていては関係が長続きしない。

自分の好きなことを大事にすることだ。

自分の好きなことを我慢しても、あとで反動がくるだけだ。

■小さな成長<3236>
相手のためというのは、ほどほどにしておこう。

お勧めに期待しない。期待するとがっかりが増える【小さな成長3113】

これがいいよと勧められることがある。

驚くことでもないが、勧められたことは大したお勧めではない。

どちらかというと最悪な部類に入る。

お勧めに期待すると、がっかりが増えて楽しくない。

勧めている本人は、比較的いいんじゃないかと思っている。

いいかどうかは、自分でやってみなければ分からない。

自分で経験してみると、想像とはまったく違うことはよくあること。

実際経験すると、がっかりする。

世の中の情報も、いいように書かれていたり紹介されていたりする。

悪いことは、書けないし言えないのである。

いいことばかり書いてあると怒っている人がいる。

実際は、いいことしか書けないのである。

人のお勧めは当てにはならない。

自分で経験していくことだ。

人に勧められたことがあまり良くなくても気にしないことである。

お勧めは当てにはならないのだから。

■成長するために<3113>
お勧めに期待するのはやめよう。

嫌なことをしなくていい日を増やすし好きなこと中心の日々にしていく【小さな成長3098】

どうすれば好きなことが毎日できる生活にできるか考える。

好きなことと、やらなければいけないことがある。

やらなければいけないことは後回しにしても、結局やらなければいけない。

明日は憂鬱だという時がある。

どうしても我慢してやらなければいけない。

我慢してやらなければいけないことは、憂鬱になる。

憂鬱になることはそのつもりでいる。

かなり憂鬱になると思っておく。

気持ちの準備をしておく。

自分のテンションもさげておく。

嫌なものを好きにはなれない。

慣れというのは嫌なことだが、慣れておくしかない。

できれば嫌なことはやりたくはない。

嫌なことに慣れて、嫌なことをやる日を減らしていくことだ。

■成長するために<3098>
嫌なことはそのつもりでやろう。

感覚を鈍感にする。感覚が敏感だと喧嘩になる【小さな成長3073】

喧嘩を避ける。

喧嘩にならないように気をつける。

感覚が敏感だと言わなくていいことを言う。

一言多くなるのは、敏感だから。

毎日ご機嫌ならいいが、気分の良くない腹の虫の居所の悪い日というのがある。

そういう今日は喧嘩しそうだと思う日は、衝突をさける。

人と関わらないのが一番である。

人と関わらないで一日過ごせればいいが、そういうわけにもいかない。

ムカつく時というのはどうしてもある。

今日は、腹の立つことが多い日と感じた時は、口数を減らす。

無理に人と関わらない。

夜がくるまで人と関わらないで過す。

不機嫌というのは疲れる。

できるだけ不機嫌にならないようにしていく。

喧嘩を売られないようにする。

人混みにいくのはやめる。

混んだところというのは、喧嘩になる。

混んだところは、イライラした人の固まりである。

そんなイライラしたところにわざわざいかない。

睡眠不足は、喧嘩の元。

イライラしたところには行かないのが一番であるが、どうしてもいかなければいけない時がある。

どうしてもイライラした場所に行かなければいけない時は、事前にたくさん寝ておく。

寝ておくと鈍感になれる。

敏感は事故の元。

たくさん寝て鈍感になっておくことだ。

■成長するために<3073>
感覚を鈍感にしよう。

好きではないことは一切しない。迷う嫌だ面倒くさいと思うことは好きなことではないのだからしない【小さな成長3044】

好きではないことは一切やらないと決めておくと迷わなくて済む。

迷うことというのは、そもそも好きではないんだ。

迷うことはやらない。

どうでもいいことはしない。

どうでもいいことに悩む時間がもったいない。

面倒くさい人間関係に悩む時間がもったいない。

好きではないのだから無視すればいいし一切相手にしない。

自分の好きなことに没頭する。

好きなことは時と共に変わる。

8年前は好きと思っていたことでも、時と共に好きではなくなっていく。

好きではなくなったのならやめる。

もっと面白いことを見つけてしまったのだから仕方がない。

飽きっぽいのによく続いたと自分を褒めてやればいい。

どうでもいいこと。

どうでもいいことにイライラしてはもったいない。

■成長するために<3044>
好きではないことはやめよう。