感謝の気持ちがなくなってきたら毒されているということ【小さな成長2938】

スポンサーリンク

毒されてくると、感謝できなくなる。

感謝より怒りが込み上げてくる。

腹の立つことが増える。

腹を立てている時点で、毒されている。

今いる環境に、心を乱されている。

怒りが抑えられないほどになってはいけない。

イライラする状態は、すぐ爆破してしまう。

キレて、しなくていいことをやってしまう。

キレたら終わりなのは分かっているのに、キレてしまう。

キレるということは、すでに限界を超えているということ。

キレたら、末期だ。

キレるということは、その環境から抜け出せないほど重症ということである。

気分転換しているのにキレるなら、大幅にキャパを超えているということ。

真面目な人ほど、こんなんじゃいけないと自分で自分を責める。

自分を責めるのは楽だから、自分を責める。

自分を責めているうちは、根本は解決しない。

感謝の言葉を考えることができなくなってきたら、危険信号である。

■成長するために<2938>
感謝できなくなる前に、気づこう。

無理をして寝るより、動く日をつくる【小さな成長2380】

始めようと思っていることを実際に始めるには、また明日と思ってしまうところを何とかしたいのですが、寝ないことには、集中力が回復しないし、明日にするしかないという時があります。

寝るところまではいいのですが、寝た後の睡眠がうまくいかない。

熟睡できなくて、夜中に何度も目が覚めます。

睡眠不足になりたくないと思って、できるだけ目を閉じていようとします。

何となく寝ているような寝ていないような日々が続くと、精神的に辛くなります。

夜中であっても、目が覚めたら起きてしまうという日を、1週間の中で1日つくりましょう。

いつまでも憂鬱な状態では、しんどいです。

1週間に1日だけ、早く起きて、行動時間の長い日をつくってみるのです。

筋トレやストレッチ、散歩もして、体を動かす日を決める。

たくさん動く日を決めて、へとへとになるまで動いてみるのです。

寝ないといけないと思って、消極的になってしまいます。

寝るのは、置いておいて、行動するのです。

1日決めて、自分の目指すことを徹底的に行なう。

他のことはしないで、1つのことに集中する。

毎日はできなくても、週に1日、寝るのを考えない日をつくってペースを立て直すのです。

■成長するために<2380>
週に1回、睡眠を気にしない日をつくろう。

憂鬱な時 に気分転換をしても、毎日を一気に変えない限り、また明日も同じ憂鬱を繰り返す。【小さな成長2082】

憂鬱な時 に気分転換をしても、根本は変わりません。

憂鬱な原因は、今の生活にあります。

今の生活をもとから変えないとだめです。

Continue reading “憂鬱な時 に気分転換をしても、毎日を一気に変えない限り、また明日も同じ憂鬱を繰り返す。【小さな成長2082】”

早起きは、気持ちいい。【小さな成長1224】

早起きの気持ちいいところは、まだみんなが寝ていることです。

周りが寝ているうちに起きると、得をした気分です。

暗いうちに出かけると道路もひっそりしています。

少し天気がぐずついているときも、本降りになる前に駅につくことができます。

いつも渡る道路は、トラックが走っています。

薄暗いので、高速道路のインターにいる気分です。

まだ、空いているインターでうどんを食べるといい気分です。

電車も早朝の時間は、らくらく座れます。

カラスが、かーかー鳴いているのが聞こえます。

電車の中でギューギューにならなくてすみます。

喫茶店も空いているしコンビニも空いています。

オフィスの電気を一番最初につけると気分がいいです。

「おはようございます」とみんなが出てくるころには、仕事の態勢に入っています。

仕事に入るまでが、疲れていないので、仕事もはかどります。

同じ仕事をやるにも、仕事に入るまでの流れを変えましょう。

気持ちのよい朝をつくりましょう。

朝の気分を変えると、毎日の生活もいつもとちがって見えるのです。

■成長するために<1224>
早起きをして、気持ちのよい朝にしよう。