大都市東京に覚悟を決めて住む。大都市東京と田舎は世界がまったく違う【小さな成長3000】

大都市東京に住むには、覚悟がいる。

大都市東京で10年20年と生活し、その後田舎で暮らすには、想像もできない覚悟がいる。

最近感じるのは、大都市東京と田舎の格差は拡大するばかりということ。

時代は21世紀。

さらに22世紀へ向け視野を広げる必要がある。

未だにスマートフォンを毛嫌いしている人がいる。

今は、時計にもメガネにもコンタクトレンズにもコンピューターが入る時代。

最近は、スマートフォンを持っているのは時代遅れなんじゃないかと私は感じている。

と言う私も、ようやくスマートフォンで電車の改札を通れるようになった。

今までは、PASMOでしか定期が作れない区間に住んでいた。

無理矢理JRを使えないこともなかったのだが、かなり遠回り。

定期代が毎月2万円を超えるのはつらいかと感じていた。

今は、月2万円以上通勤に使う。

JRに乗るので、モバイルSuicaにできる。

職場の自動販売機も、SuicaとPASMOが使える。

自動販売機でSuica支払いができるので、小銭はいらなくなった。

携帯電話が財布換わりというのは、10年くらい前から言われていたような気がする。

コンビニエンスストアでも、多くの客が電子マネーで支払いをしている。

釣り銭のやり取りがないから速い。

小銭をいちいち財布から取り出すのは、並んでいる後ろの客に迷惑である。

電子マネー専用のセルフレジを、たくさん作ってほしいものだ。

現金使用お断りのコンビニエンスストアがあってもいいんじゃないかと思う。

田舎で電子マネーが使えるのは、コンビニエンスストアくらいか。

田舎では、依然としてガラケーを使っている人が多い。

都会でガラケーを使っていては、かなり不便である。

仕事のやり取りも、今はスマートフォンが当たり前。

ガラケーを使っている人は、仕事にも乗り遅れる。

仕事もろくにできなくなる。

10年くらい前は、メールが間に絡んだ。

今は、すべてネット上で完結するので、メールも必要ない。

スマートフォンがないと、友達付き合いもできなくなる。

待ち合わせは、LINEでやるのが当たり前。

地図アプリで簡単に待ち合わせ場所へ行ける。

東京や大阪で生活して、18年くらいが経った。

大阪は2年くらいだから、ほとんど東京で生活してきた。

大都市暮らしが長くなり、田舎で言葉が通じなくなった。

日本語を話しているのだが、田舎で日本語が通じない。

東京には、田舎者が多い。

地方から出て来た人がたくさんいる。

田舎者が、東京へ出てくるときには覚悟がいる。

覚悟して東京へ出てこないと、大都市には住めないと逃げて田舎へ帰ることになる。

逆に、大都市東京で3年でも7年でも生活することができれば、もう田舎には帰る気がしなくなるだろう。

大都市東京で経験値を上げ、これから田舎に帰って一旗揚げようというときは覚悟がいる。

大都市東京と田舎の差が、想像もつかないくらいにある。

これからどうするかを決めるのは、自分自身である。

■成長するために<3000>
覚悟して、大都市東京に住もう。

裸の王様になっていることは、誰も教えない【小さな成長2943】

やたらと、注意書きの多い店がある。

禁止事項が、歩くとあちこちに書いてある。

歩かなくても、色々な場所に貼ってある。

そういう店は、従業員に対してもあれは駄目だこれはやってはいけないと、あちこちに貼り紙してある。

命令形で、

〜するな!

と書いてある。

ビックリマークが、


!!
!!!
!!!!

とたくさん力強く描かれている。

従業員がいなければ、店は回らないのにかなりの上から目線。

雇ってやっているのは俺様だ!

俺様が経営者だ!!

俺様がリーダーだ!!!

俺様の言う通りにしろ!!!!

というのが透けて見える。

そういう経営者やリーダーは、裸の王様。

自分が、裸になって街を歩いていることにまったく気づいていない。

■成長するために<2943>
裸で街を歩いていることに、気づこう。

ものを新たなステージへいく時に持っていかない。必要なものは必要な分だけその都度買う【小さな成長2901】

いらないものは、持ち越さない。

いらないものは捨てて、新たなステージへいく。

いらないものを処分していくのだけれども、捨てきれずに持っていくことがある。

新たな場所へ持っていったけれども使わない。

使わないまま、結局捨てることになる。

最初から、持っていかないことだ。

捨てにくいものがある。

特に冷蔵庫や洗濯機が捨てにくい。

リサイクルに出そうとしても、古いものは買い取ってはもらえない。

冷蔵庫や洗濯機は、捨てるのに金がかかる。

新たな場所へいく時には、冷蔵庫や洗濯機は持っていかないようにする。

必要なら買えばいい。

そして、古くなる前に買い換える。

必要がないならもう買わなくてもいい。

今は便利な世の中だし、冷蔵庫や冷凍庫代りにスーパーやコンビニを使えばいい。

冷えない冷蔵庫は、電気の無駄使いである。

仕事をするのに机や椅子がなくたって、茶店はそこいらにある。

茶店がないなら、ダンボールをひっくり返して使えば机代りになる。

ものは持たないことだ。

必要なものを必要な時だけ、その都度買えばいい。

もしかすると使うかもしれないと思ってとって置いたものが、結局使わずにダンボールの中に残っているのである。

■成長するために<2901>
新たなステージへ行く前に、捨てよう。

自分の好きなことを部屋から飛び出して外で大いに前進させる【小さな成長2867】

好きなことを徹底的に毎日やっていると、好きなことをできない日があると早く家に帰って自分の好きなことをしたくなります。

仕事も早く終わらせて、同僚を待つことなくさっさと帰って自分の好きなことを始める。

私は最近、スマホのWi-Fiは使わずに、フリーのWi-Fiを使っています。

家にいる時にはインターネットは使わない。

外に行ってフリーのWi-Fiで大いに仕事をする。

そうすると気づけるのが、行動にメリハリができるということです。

いつでもネットにつながるのは便利なんだけれども、いつでもつながると思っているのでいつでも仕事ができると思って家でもダラダラしてしまう。

結局1日中家でダラダラ動画を見たりゲームをしたりで何も自分の仕事へつながらない。

動画やゲームをしたレビューでも書けばいいのだろうけれども、家に1日中いると仕事をしようという気よりもダラダラしていようという気になって、仕事をしないまま終わってしまう。

家でのネットはオフにして、外へ出るようにすると時間も限られているので集中して仕事ができます。

フリーのWi-Fiは、1日何回とか1時間を3回とかいろいろあって面白い。

その時間内で仕事を終わらせないと接続がオフになってしまう。

そうなるとせっかく仕事をしたのにという気持ちになるし、とっとと仕事をしようという気になってくる。

その場所が飽きたら新しい場所へ行って、新しい仕事をする。

移動すると気持ちの切り替えになって、再度集中し直すことができる。

歩いていると、色々新しい発見があるし仕事のヒントが見つかるし、これネタにできるなっと思いついて早く次のフリーでWi-Fiがつながる場所へ行きたくなる。

最近は、耳からはもっぱらBBC Radio 4が聞こえてくる。

今も、ビートルズが流れている。

ビートルズは、私が高校の時に一生懸命下手くそだけど歌っていたのを思い出す。

高校の時も中学の時も英語はできなかったけれども、英語は好きで勉強した。

高校の時同じだったか隣のクラスだったか忘れたが(私の行っていた高校は1学年2クラスしかなくてみんな知り合いみたいなものだった)、かわいい女の子がいてその子の家へ電話をかけてビートルズを熱唱した。

今思えばバカなことをやっていたなと笑ってしまう。

この記事も今、マクドナルドで書いている。

一度家に帰って、Macを持ってマクドナルドへやってきた。

集中して仕事をするのはとてもいい。

部屋を飛び出して、どんどん自分の好きなことを前進させる。

そうすると毎日が待ち遠しくなってくる。

■成長するために<2867>
外で自分の好きなことを思いっきりしよう。

立ちながらでも好きなことができる方法を考える【小さな成長2797】

どこでも好きなことができるようにというのは、考えてはいたけれども、徹底していなかったなと思うときがあります。

時間ができると、どこでも好きなことをと考えなくても机に向かう時間がたっぷりあるから、机に向かっていないときには何もしないでいたり他のことをしていたりします。

もう一度徹底的にどんなときでも好きなことをやる工夫をしていきましょう。

電車の移動中、電車の中でも立ちながらでも好きなことをやっている気がします。

毎日電車の中で立ちながらやっていることは同じことです。

毎日同じことをしています。

十分電車の中でも好きなことをしているかと思うとそうでもなくて、立ちながらでもできることをやっています。

机に向かうようなことは机に向かえるときにしかできないと無意識に考えて、電車の中で立っているときには机に向かうようなことはやっていません。

机に向かって黙々とやっていることが本当は1番やりたいことなのに電車の中では机に向かうようなことはやっていない。

立ちながらでもできることしかやっていない。

パソコンでやっていることはパソコンでやっています。

パソコンでやっていることは、なかなか電車の中ではできません。

昔は、電車の中でも座れるときにはノートパソコンを広げてというのがあったけれども、今はスマホやタブレットがあるので電車の中でノートパソコンを広げている人はほとんど見ない。

いつの間にか電車の中でノートパソコンは使わなくなっています。

スマホがあればパソコンでできることが何でもできるかと思うとそうでもなくて、AndroidやiOS用のアプリを探さないといけません。

意外とパソコンでやっていることがスマホだとできないのです。

パソコンだとサクサクできることがスマホだとできない。

そうなるとスマホで電車の中で立ちながらできる好きなことは限られてきます。

机に向かう時間がたくさん取れるならいいだろうけれども、電車の行き帰りに往復3時間もかかるようなときには何とかしないといけません。

真剣に立ちながらでも机に向かっているような好きなことをやっていく必要がある。

電車の中や移動時間の3時間を真剣に好きなことに費やしていきましょう。

最初はサクサクできなくても、探していけば便利なツールに巡り会えるものです。

最初からパソコンでやろうと考えていると思いつきません。

スマホで何とかしてサクサク自分の好きなことができないか徹底的に取り組んでみるのです。

■成長するために<2797>
スマホで好きなことができる環境を真剣に整えよう。