体質を変える。体質を変えるきっかけをつかむには外に出て好きなことで頑張っている人を見ることだ【小さな成長3218】

スポンサーリンク

好きなことを一週間続ける。

体を動かし汗を流す好きなことを一週間続ける。

一日1時間半から2時間くらい好きなことで心地良く汗を流す。

そうすると体質が変わり始める。

体質が変わり始めるが、やめるとすぐ元に戻る。

それでも、自分の体質は変えられるんじゃないかと気づくきっかけになる。

体質が変わり始めた時、自分が持っている体の力に気づける瞬間がある。

私は鼻が悪い。

アレルギー性鼻炎である。

アレルギーというのは予防すればするほどアレルギー持ちになる。

病院でアレルギーの検査をする。

アレルギーの検査をすると、ご丁寧にこのアレルギーとこのアレルギーとこのアレルギーがありますと教えてくれる。

アレルギー予防にマスクをして薬を飲んで花粉が飛ぶ季節は外出を避けてとやっていると、そのうちどこにも行けなくなる。

アレルギーの検査をすると今度はハウスダストのアレルギーがありますとなる。

そうすると、家にも住めなくなる。

私は病院に行くのはやめにした。

マスクをするのもやめにした。

マスクをしなくなって気づくのは、マスクをしているのって変だなということ。

マスクをして帽子までかぶり始めたら変質者と思われる。

マスクをしただけで人相は分からなくなる。

マスクに帽子では人相はまったく分からない。

マスクと帽子を取った時の素顔を見て驚く。

マスクと帽子をつけた人ほど、人のことを怪しいと言う。

マスクと帽子をつけた人は、自分自身が変質者になりかけていることに気づけなくなっていく。

マスクに帽子、ダメ出しの花粉予防サングラスともなれば、警察に呼び止められても仕方がない。

病院に行けば行くほど病気になる。

精神までおかしくなる。

病院に行くのは結構面倒くさいことなのに、病院に行かなきゃいけないとなっている精神状態。

洗脳。

依存症。

市販の薬で十分。

市販の薬は自分のアレルギー性鼻炎に合うものと合わないものがある。

たまに新しいアレルギー性鼻炎の薬を買って試してみると合わないことがある。

アレルギーの薬も飲み過ぎないようにする。

一日3回と書いてあるが、一日1回。

飲まなくていい日は飲まない。

自分の体が持つ力を引き出すには、汗を流すことだ。

一週間、好きなことで毎日汗を流すと鼻炎の薬を飲み忘れる日がある。

一日薬を飲むのを忘れるというのは、鼻炎が気にならなくなっているということ。

自分の体自身が鼻炎に対応してくれている。

汗を流すというのは楽ではない。

運動すれば、体は疲れる。

1時間半も動きっ放しでは疲れるだろうと思う。

それが、好きなことだと不思議とできてしまう。

好きなことで汗を流したあとのシャワーやお風呂は実に気持ちが良い。

楽をして体質を変えようというのは無理な話である。

楽して痩せる。

寝ている間に痩せる。

というのは、そんなことはあるはずがない。

もしかすると痩せるのかもしれないが、代わりにどこかが悪くなっていそうだ。

寝ている間にも人は汗をかくというが、運動をして流せる汗の量とは比較にならないだろう。

寝ていては心拍数も大した上がらない。

寝ているのに心臓がバクバクし始めるのなら「どこか悪いんじゃない?」となる。

寝ているのに心臓がバクバクするんじゃ、そういう時こそ早く病院へ行かないといけない。

小学校の体育でランニングがあった。

走っているうちに汗が出て呼吸も変わってくる。

元々人間というのは、体を動かすことが好きなはずである。

子供を見ていると、よく走っている。

子供は、すぐ走りだす。

親に注意されても駆け出したくて仕方がない。

それが、体が成長するにつれて走らなくなる。

気持ち良く外で好きなことをしながら汗を流していると、同じく気持ち良く汗を流している人を見かける。

テニスをしている人、ランニングをしている人、自転車に乗っている人。

この間、汗だくになりグチャグチャな顔になりながらも一生懸命走っている太った女性を見かけた。

こういう人には心を打たれる。

頑張れと応援したくなる。

たとえ途中で挫折しても、何度でも挑戦し直したくなる。

■小さな成長<3218>
外に出て頑張っている人を見よう。

心がおかしくなっても、やがて生まれ変わる自分がいる【小さな成長3157】

この人は、言葉がきつい時があると分かっていればその人のきつい口調は大した気にならなくなる。

誰でも突然人が変わる。

そう分かっていれば心の準備ができる。

誰でも切れる時があると分かっていれば、心に余裕ができる。

いい人になる時は気をつける。

いい人を演じていると感じの悪い人になる。

いい人を演じると素の自分に戻った時に嫌な人になる。

かといっていい人をやめることもない。

元元いい人というのはいろいろ考えている。

世の中を良くしようというのは話が大きくなる。

世の中のような大きな話ではなく。

会社や趣味で出会った仲間。

いい人を突き通せばいい。

いい人を演じていると疑心暗鬼になる。

こんなんでいいのかと暗闇に堕ちる。

いい人何てやってらんないなと思う。

いい人をやっていると二重人格と言われる。

どこかで心がおかしくなる。

心がおかしくなっても、あまり落ち込まないことだ。

■小さな成長<3157>
心がおかしくなる時期を乗り越えよう。

汚いところに気づく。綺麗なところに住んでモチベーションを上げる【小さな成長3005】

汚いことはやめる。

汚い言葉遣いをやめる。

汚い生活をやめる。

丁寧に話をする。

綺麗にするとモチベーションが上がる。

汚い言葉を使うと、モチベーションが下がる。

モチベーションの下がることはやめる。

自分の中でモチベーションが下がるときがある。

自分が嫌だなと感じるのは、人とは限らない。

自分の行動にも嫌だなと感じるときがある。

自分の選択にも嫌だなと感じるときがある。

嫌と感じたときに、リッチな人ならどうするかを考える。

貧乏神が憑くと物を溜め始める。

要らないものを溜め始める。

ゴミを捨てることだ。

ゴミは、いつの間にか溜まっていく。

そのうち使うと思っていても使わない。

結局、引っ越しのときに一生懸命捨てることになる。

紙が意外とゴミになる。

紙は、すぐに捨てることだ。

紙も溜まると重い。

部屋に物を置かないようにする。

嫌なことはやらないに越したことはない。

嫌なことはやらないと決めていても嫌なことはある。

嫌なことになったら、割り切って終わらせる。

次からは二度とやらない。

嫌なことを割り切ってやるときは、淡々と終わらせる。

部屋の掃除は、物を捨てることから始める。

部屋が汚れてくると掃除をしなくなる。

掃除をしなくなるのでますます汚れる。

最初は、嫌だなと感じていたのに、汚い部屋に住むのが普通になる。

汚いことに気づくことだ。

汚い物を捨てることだ。

汚い場所を掃除する。

汚い場所からは引っ越す。

綺麗なところに住んでモチベーションをアップしていくことだ。

■成長するために<3005>
綺麗なところに住んで、モチベーションを上げよう。

大都市東京に覚悟を決めて住む。大都市東京と田舎は世界がまったく違う【小さな成長3000】

大都市東京に住むには、覚悟がいる。

大都市東京で10年20年と生活し、その後田舎で暮らすには、想像もできない覚悟がいる。

最近感じるのは、大都市東京と田舎の格差は拡大するばかりということ。

時代は21世紀。

さらに22世紀へ向け視野を広げる必要がある。

未だにスマートフォンを毛嫌いしている人がいる。

今は、時計にもメガネにもコンタクトレンズにもコンピューターが入る時代。

最近は、スマートフォンを持っているのは時代遅れなんじゃないかと私は感じている。

と言う私も、ようやくスマートフォンで電車の改札を通れるようになった。

今までは、PASMOでしか定期が作れない区間に住んでいた。

無理矢理JRを使えないこともなかったのだが、かなり遠回り。

定期代が毎月2万円を超えるのはつらいかと感じていた。

今は、月2万円以上通勤に使う。

JRに乗るので、モバイルSuicaにできる。

職場の自動販売機も、SuicaとPASMOが使える。

自動販売機でSuica支払いができるので、小銭はいらなくなった。

携帯電話が財布換わりというのは、10年くらい前から言われていたような気がする。

コンビニエンスストアでも、多くの客が電子マネーで支払いをしている。

釣り銭のやり取りがないから速い。

小銭をいちいち財布から取り出すのは、並んでいる後ろの客に迷惑である。

電子マネー専用のセルフレジを、たくさん作ってほしいものだ。

現金使用お断りのコンビニエンスストアがあってもいいんじゃないかと思う。

田舎で電子マネーが使えるのは、コンビニエンスストアくらいか。

田舎では、依然としてガラケーを使っている人が多い。

都会でガラケーを使っていては、かなり不便である。

仕事のやり取りも、今はスマートフォンが当たり前。

ガラケーを使っている人は、仕事にも乗り遅れる。

仕事もろくにできなくなる。

10年くらい前は、メールが間に絡んだ。

今は、すべてネット上で完結するので、メールも必要ない。

スマートフォンがないと、友達付き合いもできなくなる。

待ち合わせは、LINEでやるのが当たり前。

地図アプリで簡単に待ち合わせ場所へ行ける。

東京や大阪で生活して、18年くらいが経った。

大阪は2年くらいだから、ほとんど東京で生活してきた。

大都市暮らしが長くなり、田舎で言葉が通じなくなった。

日本語を話しているのだが、田舎で日本語が通じない。

東京には、田舎者が多い。

地方から出て来た人がたくさんいる。

田舎者が、東京へ出てくるときには覚悟がいる。

覚悟して東京へ出てこないと、大都市には住めないと逃げて田舎へ帰ることになる。

逆に、大都市東京で3年でも7年でも生活することができれば、もう田舎には帰る気がしなくなるだろう。

大都市東京で経験値を上げ、これから田舎に帰って一旗揚げようというときは覚悟がいる。

大都市東京と田舎の差が、想像もつかないくらいにある。

これからどうするかを決めるのは、自分自身である。

■成長するために<3000>
覚悟して、大都市東京に住もう。

敗者の言葉「やっても無駄」。行動力をなくさず挑戦する。無駄かどうかはやってみなければ分からない【小さな成長2999】

自分が挑戦し失敗した。

現実を思い知る。

やっても無駄と諦める。

諦めると行動力がなくなる。

挑戦しなくなる。

行動力をなくさないことだ。

挑戦することだ。

無駄をしないようにしようとすると、行動力がなくなる。

わざわざ無駄なことをすることはないと思うときがある。

「無駄かどうかは、やってみなければ分からない」

約15年前、20代後半の頃、20代前半の女性に言われた言葉である。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

仕事を一通りこなすと、やっても無駄と感じることがある。

自分がやって失敗した。

失敗の経験があると、やっても無駄と切り捨てる。

その女性に「やっても無駄だよ」と言った。

「無駄かどうかなんて、やってみなければ分からないじゃないですか」

と言い返された。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

自分の失敗を、人に押しつけてはいけない。

人生を賭ける挑戦をし、戦いに敗れる。

同じ道を辿ろうとする若者に、お前らにできるわけないだろと言う。

私も19歳になろうという年に、40代の敗者に言われた。

「やっても無駄だ」

「お前らにできるわけないだろ」

自分ができなかったことを、若者に偉そうに言ってはいけない。

その40代の敗者は、旧帝国大学で博士までとった成功者である。

博士をとり、さあこれからという段階になり、戦いに敗れた。

自分の才能の無さを思い知る。

現実は、そんなに甘くないということを知る。

上には上の秀才がいる。

信じられない頭脳を持つ天才がいる。

現実を知り、挫折する。

負け組。

負け組、敗者。

敗者のままではいけない。

敗者なら敗者らしくしていることだ。

これからという若者に、戦いに敗れた敗者が分かったようなことを言ってはいけない。

やっても無駄というのは、行動力を失った敗者の言葉なのである。

■成長するために<2999>
20年前敗れたことに、再挑戦しよう。