愚痴をやめると、集中力が上がる。【小さな成長905】

スポンサーリンク

時間を、意識しましょう。

やらされている状況から、自分でやる状況へ変えましょう。

自分でやるようにすると、取り組み方が変わります。

「よし、15分で終わらせるぞ」と、始めます。

21分に始めれば、36分に終わりです。

暗算力もつきます。

スタートしながら、時計を見て素早く計算です。

時間を区切ると、頭が刺激を受けます。

気持ちが変わります。

集中します。

普段、時間を意識していない時よりも集中していることが分かります。

頭が回転していることが分かります。

頭に浮かんだことを、すぐに書き出します。

手をとめないことです。

手をとめると、頭の回転もとまります。

手がモーター替わりです。

手を高速で動かして、頭を回転させましょう。

集中力の上げ方を、学ぶことです。

集中力のある人は、文句を言いません。

文句や愚痴は、集中力を下げます。

愚痴をやめると、集中力が上がります。

仕事の終わり間際に、面倒くさい仕事がきます。

この時に、嫌な顔をするのをやめてみることです。

逆に、「面倒くさいことを引くぞ」とワクワクしてみることです。

本当に面倒くさい仕事を引いて「よし」と気分をのせるのです。

集中力が上がります。

集中しているので、スラスラ解決策を提案することが出来ます。

集中しているから、頭が高速で回転してくれます。

お客様にも「本当にありがとうございます」と、大感激してもられます。

「面倒くさい」と思うから、余計に時間がかかるのです。

嫌々やると、時間貧乏になるのです。

■成長するために<905>
「面倒くさい」ことをニコニコやって、時間を手に入れよう。

生まれ変わりたかったら、好きなことだけすればいい。【小さな成長424】

生まれ変わるのは、かんたんです。

好きなことだけすればいいのです。

好きなことだけするようになると、生まれ変われます。

今までの自分の発想を、やめることです。

生まれ変わるには、法の範囲で、なんでもありです。

生まれ変わるのは、いつということはありません。

気づいたときが、生まれ変わるときです。

自分の好きなことを始めると、10年もがくことになります。

10年うまくいかないことが、好きなことです。

10年うまくいかなくても、それでもしていることが好きなことです。

「やらなければいけないこと」は、好きなことではありません。

「やらなければいけないこと」をすべてやめればいいのです。

かんたんです。

「そんなこといっても」と、いいます。

「そんなこといっても」といっているうちは、本気ではないのです。

追い込まれている人は、悩んでいるヒマがありません。

今日決めなければ、終わりです。

本気で自由になりたいと思ったらリスク覚悟で始めることです。

会社を辞めるのは、リスクです。

今、正社員がブランドです。

企業は、正社員でかつ今まで転職したことのない人しか、採用しません。

あとは、すべて書類選考で落とします。

今、正社員で働いているのは、ステータスです。

大学進学に失敗し、地方の大学にしか受からなかった。

小さな地方の中小企業にしか就職できなかった。

その会社で10年コツコツチャレンジしつづけ、実績をつくっていけば、一発逆転、超一流企業に転職するチャンスがあります。

もちろんその10年の間に、会社に行きながら大学院に入って共同研究をし、ドクターも取るくらいの根性が要ります。

でも、会社にいるうちは、会社の奴隷です。

ブランドを捨てて、自由になる道を進むか、自由を捨ててブランドにしがみつくかは自分次第です。

たとえ日雇い労働をしてでも、好きなことを始めた人は、目の輝きがちがうのです。

■成長するために<424>
引っ越しの日雇い労働から、スタートする。

毎日の変化は、少しずつ。【小さな成長110】

習慣化のレベルを、上げていきましょう。

毎日つづけられるのは、習慣になったからです。

習慣化できたら、つぎはレベルアップをはかりましょう。

もうすでに習慣になっているのですから、ムリはしないことです。

ムリをして、急激にレベルをあげようとすると、ダイエットのようにリバウンドします。

1ミリずつ1秒ずつ、毎日レベルアップをはかっていけばいいのです。

■成長するために<110>
毎日1秒、変わろう。

前向きな話しを、する。【小さな成長36】

後ろ向きな話しをしだすと、どんどん後ろ向きになっていきます。

後ろ向きな話しに対して、「いや、それは違うよ。もっと、こう考えなよ」とも言えません。

後ろ向きな話しには、相手を荒立てないように「そうだねぇ」と相槌を打つことになります。
Continue reading “前向きな話しを、する。【小さな成長36】”

何か一つ、良いことをする。【小さな成長32】

何か一つ、良いことをする。【小さな成長32】

人は、ちょっとしたきっかけで、あっという間に生まれ変わることができます。

本の一行であったり、映画の一シーンであったり、言葉であったりいろいろです。

でも、生まれ変わっても、すぐ元に戻ってしまいます。

「昨日はあんなに感動したのになあ」という感覚です。

生まれ変わってからが、大切です。

そこからは、コツコツ長い道のりです。

毎日の積み重ねになっていきます。

一日一つ、小さな何か良いことを、していきましょう。

■成長するために<32>
良いことをできないか、探してみよう。