寝ているうちに時間は経つ。疲れている時は考えるより寝てしまうことだ【小さな成長3235】

スポンサーリンク

深くは考えないことだ。

いくら考えても答えのないことがある。

いくら考えても答えのないことで思い悩むことはない。

考え過ぎないことだ。

難しいことを考えて心を痛めてはいけない。

難しいことを考えるよりも寝る。

睡眠というのは実にいい。

寝ているうちに時間が経つ。

自分の好きなこと。

自分の世界。

自分が1人になれる空間。

自分の時間。

寝ている時は、1人になれる。

寝て忘れることだ。

■小さな成長<3235>
難しいことを考えるより寝よう。

体の疲れを取る。好きなことは体の疲れを取って始める【小さな成長3135】

ぼーと一日を過す。

ひたすら一日寝る。

とにかく寝る。

寝て新たに好きなことをスタートする。

自分の好きなことを徹底的にする。

休んでリフレッシュし自分の好きなことを徹底的にやる。

休んで好きなことを再確認する。

疲れてくるといろいろなことを考え始める。

いろいろなことを考えるのは疲れているから。

いろいろなことを考えている時は、体を休めることだ。

寝て体の疲れを取る。

疲れていないと思っても疲れている。

十分体を休めることだ。

■成長するために<3135>
体の疲れを取って、好きなことを再開しよう。

疲れている時は人と関わらない。疲れている時に人と関わると関係が悪化する【小さな成長3118】

疲れている時は人と関わらないことだ。

疲れている時に人と関わると関係が悪化する。

疲れている時に人と関わると、しなくていい喧嘩になる。

疲れている時に人と関わると、言わなくていいことを言うことになる。

疲れている時は、独りで静かにしていることだ。

関係を修復しよう何ていうことはしないことである。

疲れている時に関係を修復しようとすれば、ますます関係は悪くなる。

体が疲れてくると、やる気もなくなる。

体が疲れている時は鈍感になることが大事である。

体が疲れてくると、精神も疲れてくる。

精神が疲れてくると、悪い方向へ物事を考えるようになる。

疲れている時は、喧嘩も起こる。

疲れというのは簡単には取れない。

疲れてくると悪い面ばかり見える。

疲れている時は、何も言わないことだ。

疲れている時は、何もしないことだ。

疲れている時は、疲れを取ることも大事だが、誰とも関わらないというのが大事である。

疲れている時は、独りでいることだ。

疲れている時は、独りになって静かに過ごすことだ。

■成長するために<3118>
疲れている時は、独りでいよう。

湯船にたまにはつかって疲れを取る【小さな成長3058】

疲れた時には風呂に入って寝る。

難しいことを考える前に寝る。

いろいろな人間関係、仕事、生活。

考えるのはやめにして湯船につかる。

考えなくてもいいようなことがほとんどだ。

疲れが取れるのは風呂に入ったあと。

風呂というのは不思議なもので、1日の疲れが取れる。

これから暑い季節になるとシャワーだけになりがち。

シャワーだけだと疲れが取れた気がしない。

湯船につかって1日の疲れを取ることだ。

■成長するために<3058>
たまには湯船につかろう。

疲労困憊なときに決断してはいけない。疲れているときは自分でも信じられない決断をする【小さな成長3031】

疲れているときは決断しないことだ。

疲れていると自分でも信じられない決断をする。

疲労が極限の状態だと、もういいやどうにでもなれというような状態ではなく、迷わずに決断する。

その決断は、極限のときにしかしない決断。

普通のときには思いもしない決断を、極限に追い込まれているとする。

そんな極限に追い込まれた決断などしないほうがいい。

極限ではなくても、疲れているときはよくない決断をする。

寝不足な生活をやめることだ。

寝不足は、よくない決断をする。

疲労というのは決断にはよくない。

寝ると疲れが取れる。

1日休みの日をつくって寝る。

時間を気にしないで寝る。

寝ると、あんなに重たかった体の疲れが取れる。

寝ることの大切さ。

寝ることができれば大概のことは我慢できる。

寝て体が軽い状態になれば、いい決断ができる。

寝不足になると、我慢していても我慢以上にイラっとすることが増える。

イラつかないようにするには寝ることである。

眠いのを我慢しながら起きているのは非常につらい。

残業し過ぎると、寝る時間がなくなる。

残業が多いと、寝る時間が減ってイライラして余計なことに金を使う。

寝不足ではいい生活ができない。

時間を気にしないで寝る。

時間を気にしないで寝たあとは体が軽い。

体が重いというときは、体は疲れている。

体が疲れていると決断力が鈍る。

いい決断が、体が疲れているとできなくなる。

体が疲れていて疲労困憊だと間違った決断をする。

体力の消耗が激しいときは、自分でも信じられない決断をする。

そういう非常に疲れているときの決断は、あとで後悔する。

疲れているときは、決断してはいけない。


■成長するために<3031>
決断は、体を休めてからしよう。