ラストチャンス。一つに集中しラストチャンスを手に入れる【小さな成長3215】

スポンサーリンク

決別を決めた後は、いくらでも演じればいい。

期限を決める。

この日と決める。

この日という日が決まると人は変わる。

目標をつくると楽だ。

目標を定めず思うがままにというのは意外とつらい。

目標があると困るというわけでもない。

目標を定めその目標に向かって前進する。

苦手な人種をまた一つ克服すればいい。

自分の苦手を克服する。

ここから先はやりたいことに磨きをかける。

やりたいことをやっていると、二度と同じことはやりたいとは思わない。

完全に興味がなくなる。

その分一つに集中できる。

一つのことに時間を費やすことができる。

一つのことを徹底してやっている人は強い。

一つのことを貫くというのは大変である。

目標を定め一つを徹底してやる。

ラストチャンス。

ラストチャンスと自分に言い聞かせて臨むことだ。

■小さな成長<3215>
最後のチャンスを何としてもものにしよう。

目標を立てる時は心が感じることにする。頭で考え立てた目標は続かない【小さな成長3209】

新たな目標を立てる。

叶わないことはやり方を変える。

目標を立てたが叶わなかったこと。

続かなかったというのは、そんなに落ち込むこともない。

続かなかったということは続けようと自分に無理をしていたということ。

自分に無理をして続けていることは、何れ続かなくなる。

続かなかったことで、自分の好きなことも分かる。

続かなくてもがっかりすることはない。

続かなかったことで他の目標が立てられる。

少し遠くに次の目標を設定する。

これからどうするかのんびり感じていく。

星や朝日を見ながらこれからどうしようか感じていく。

頭でいろいろ考えることというのは無理が生じる。

自分の心は無理だといっているのに、自分の頭が無理を許さない。

しかし、自分の頭が無理にやらせていることは何れ続かなくなる。

自然を感じるところへいって自分の心に聞いてみることだ。

これからどうするか。

目標も、頭が考えた目標を立てるのではなく心が感じる目標を立てる。

自分の心に素直に。

■小さな成長<3209>
心が感じる目標を立てよう。

今日しなければいけないことを先に終わらせる。必ずしなければいけないことは結局しなければいけない【小さな成長3108】

近い目標をつくって、前進していく。

遠い目標と近い目標の両方を用意する。

近い目標の手前にやらなければいけないことがある。

やらなければいけないことは、結局必ずやらなければいけない。

そういう必ずやらなければいけないことは、後に残すと面倒なので先に終わらせる。

やらなければいけないことを終わらせることを考える。

やらなければいけないことを終わらせるのに、今日しなければいけないことを考える。

時間があればと考えるが、時間は待っていても増えない。

今ある時間でできることをやるしかない。

今ある時間で何年かかるか考える。

今日どれだけの時間をかければ何年で終わるのか考える。

今日何もしなければ、何も終わらないのだから。

■成長するために<3108>
今日しなければいけないことをしよう。

行動力を上げるには付き合う人を変える。付き合う人を変え目標を達成する【小さな成長3106】

行動力を上げていく。

行動力を上げるには慣れること。

慣れると行動力が上がる。

嫌なことも慣れてしまえばそうでもない。

目標をつくると不思議なもので行動力が上がる。

700日の目標をつくったあとは、もう少し近い目標をつくる。

二ヶ月後三ヶ月後の目標をつくる。

二年というのは長い。

途中で飽きる。

途中でマンネリ化する。

途中で嫌になる。

途中で嫌にならないように、近い目標もつくる。

近い目標をつくり、目標を達成していく。

自分の性格にあった生き方にしないと長続きしない。

モチベーションというのは下がる。

続けるとモチベーションは下がる。

モチベーションを下げないようにしていくには、自分にあった行動の仕方にしないといけない。

付き合いというのは面倒くさい。

いちいち相手にしてはいられない。

相手にしないことだ。

相手にせず、自分の行動力を上げることを考えていく。

三ヶ月先に目標があれば、行動力も上がる。

行動力が上がれば、暇な人を相手にしている時間はなくなる。

付き合う人が変われば、自分も変わる。

付き合う人を変え、自分の行動力を上げ目標を達成していくことだ。

■成長するために<3106>
暇な人にならないようにしよう。

夢を叶えるのも悪くないんじゃないか【小さな成長3041】

この間、市バスに乗ったら、女性運転手であった。

この4月から働くことになったフレッシュなようで、隣でベテランがサポートしていた。

最近は、バスにほぼ毎日乗るが女性運転手は珍しい。

2ヶ月くらい前に1回女性運転手が運転していて、そのときも珍しいなと思って記憶に少し残っている。

この間のフレッシュな女性運転手は、とても落ち着いていた。

バスは遅れはしたが、乗客としては落ち着いて運転してくれるのが一番である。

二種免許を持っているわけだから、そもそも運転はうまい。

長く運転手を続けてほしいものだ。

こういう手に職を持つのもいいんじゃないかと思った。


■成長するために<3041>
子供の頃からの夢を叶えよう。