失敗した時は基本に戻る。基本に戻り低い目標からクリアする【小さな成長3267】

スポンサーリンク

意志が弱いと思う時がある。

「ああまたやってしまった」とがっかりする

がっかりするが、落ち込んではいられない。

悩んでばかりはいられない。

失敗した時は基本に戻る。

一番最初に戻る。

最初に戻り目標も低くする。

一気に階段を駆け上がろうとし怪我をする。

失敗した時は目標を低くし、低い目標をクリアすることからやり直す。

落ち込んだ時は、基本に戻るチャンスである。

基本に戻り、自分の能力向上を考える。

意志の弱い部分を鍛え、能力を高める。

知識が増えると、基本を忘れ失敗する。

迷った時は基本に戻り、最初からやり直していくことだ。

■小さな成長<3267>
基本に戻り鍛え直そう。

目標に迷うなら今を全力でやる。次の目標は全力でやることで見えてくる【小さな成長3251】

目標ができて目標に向かってスタートする。

目標ができたら、目標を見失わないようにする。

目標というのは大事である。

目標があることで頑張れる。

目標ができてからの道のりは長い。

簡単には目標に到達しない。

どうやって目標を達成するか。

やりたいことの実現には時間がかかる。

いつかこうなる時がくるだろうと思うことがある。

気持ちを新たに目標に向かって進もうと思う時がある。

目標に向かって前進する。

目標の達成は、簡単ではないからやりがいがある。

目標を高く設定し、日々少しずつ前進する。

目標が高いと、全然目標まで届かないと思う時がある。

前に進まないと思っても、とにかく始めることだ。

前に進まないと思っても、とにかく続けることだ。

目標は高く。

目標が低いと後悔する。

「あの時もっと頑張れば良かった」と25年経って後悔する。

始めることで、気持ちは切り替わる。

始めることで、前へ進める。

始めたら最後までやる。

始めたら終わらせる。

まずは続けられるよう毎日のすることは最小限にする。

やろうやろうと思っていたことが先延ばしになる。

途中で集中力が切れる。

目標を達成するのに大切なのは、最初の目標を立てる部分。

無理な目標があるのではない。

最初に立てた目標が間違っていることがある。

目標というのはやっかいで、やってみないと間違っていたかは分からない。

目指すべき目標なのかどうか、最初は分からない。

20年の遠回りは辛いものだが、20年遠回りして確信することがある。

目指す目標ではなかったということ。

20年の遠回りをして、方向転換を考える時がくる。

30年前の志が低かったんだと気づく。

何十年も遠回りして、最初に戻ってくる。

長い間遠回りをしたおかげて、次の目標が見えてくる。

目指す目標が分かれば迷いはない。

あとは毎日少しずつ前進するだけだ。

■小さな成長<3251>

全力でやってより高い志を立てよう。

行動を開始するなら今から。行動を開始しモヤモヤを吹き払う【小さな成長3249】

思っていたようにいかない時がある。

こうなるようにと想像していたが思ったようにいかない。

思ったようにいかなくて、そのうち何もしなくなる。

何もしなくなると、モヤモヤは増えるばかり。

目標というのはかなり大変なこと。

大変ではあるが、できないことではない。

頭の中がモヤモヤしてきたら、まずは行動を開始する。

いろいろ迷うことがある。

いろいろ考えることがある。

そういう頭の中のモヤモヤは一旦置きとにかく始める。

明日にしようと思うことを今から始める。

今から始めてモヤモヤを吹き払う。

1日や2日で達成できる目標ではない。

目標を達成するのは簡単ではない。

目標を達成するのは簡単ではないのだから、とにかくまずは始める。

今からできることを、少しでも毎日続けていくことだ。

■小さな成長<3249>
行動を開始したら、続けよう。

時間帯を選ぶ。自分が動ける時間帯にすぐに行動を開始する【小さな成長3246】

目標が決まったら、2、3日の間に行動を開始する。

この日と、決めた日を手帳に書き込む。

思ったことはすぐに始めないと、やる気がなくなる。

やろうと思ったけれども、どうもやらないという時がある。

自分は駄目だなと思わないことだ。

自分の中のうまく行動できる時間帯に行動する。

どうしても寝坊するという時は、寝坊を直すよりも、まずは自分が行動できる時間帯にやろうと思ったことを始めていく。

1日の中でも得意な時間帯と不得意な時間帯がある。

自分のすぐには直らないことを直そうとするとは、なかなか大変だ。

何かをしようと思った時には、自分が動ける時間帯にすぐに動く。

早起きして何かしようというのは、早起きできない人にはつらいこと。

最初からつらいことを直そうとすると、すぐにくじける。

最初は、寝坊はいいことにする。

まずは、自分が動ける時間帯にやろうと思ったことを開始することだ。

■小さな成長<3246>
自分が得意な時間帯に、行動を開始しよう。

目標を定めたらすぐに行動を開始する。躊躇していると反対されやる気を失う【小さな成長3245】

学生の頃諦めたことというのは、大人になってからとても良い目標になる。

子供の頃諦めたこと。

子供の知識と経験では限界だった。

大人になり、様々な経験をしている。

大人になり得た経験は、大いに役立つ。

目標が思うように達成できないのは目標が小さいからだ。

子供の頃、学生の頃思った目標というのは大きい。

大人たちに話すと、皆口を揃えて「やめておきなさい」と言う。

大人たちは、さも分かったかのように「そんなの無理に決まっている」と言う。

子供の頃の大人は、親や学校の先生、近所のおじさんおばさん。

子供が、大人たちの想像できないことを言えば、言われた大人たちは理解できるはずもないから、とりあえず「やめておきなさい」と無難なことを言う。

大人のせいにしても仕方がない。

それが大人というもの。

今度は自分が大人になったのだから、気兼ねなく子供の頃の夢を叶えればいい。

自分の好きなこと、やってみたいことというのは往々にして反対されやすい。

反対されるような人には話さなければいい。

下手に話して反対され、やる気を失ってはいけない。

人に話すより、さっさと始めてしまうことだ。

■小さな成長<3245>
目標を定めたら、やる気を失う前に始めよう。