休む年なのか行動する年なのかをよく考える【小さな成長2940】

休む年なのか行動の年なのかを、よく考えることだ。

新年になると、今年の目標を立てる。

たいがい目標は、達成できないまま終わる。

今年も何もできなかったとがっかりする。

行動するばかりが目標ではない。

何もしないというのも、立派な目標である。

即決断即実行というのは、聞こえはいい。

特に、これから何かをやろうと考えている人にとっては、背中を押される言葉だ。

よく考える必要がある。

自分にとって、行動を起こしていい年なのか悪い年なのか。

30年40年と生きていれば、いい年とよくない年が周期的に起きていることに気づく。

自分の過去を客観的に振り返ることだ。

■成長するために<2940>
行動していい年なのか、じっくり考えよう。

本に書いてあることも18年19年くらい経つと分かってくる【小さな成長2924】

最近、驚くことが増えた。

驚くといっても、びっくりするという単純なことではない。

18年前、いや19年前か。

その頃、本を読んで、感じたこと、これは今までの自分の考え方とは違うなというなものがあった。

私は、割と単純なので、感じたことを大事にする。

あの頃は、北海道の田舎から、本州の大学へいって、さらに大学院のマスターへ進んで、そろそろ学生時代も終わる頃。

のんびりしたもので、これからどうしようとぼんやり考えてはいたものの、勉強よりもバスケばかりしていた。

今はまったくできないが、大学生活の終わり頃になってようやく興味を持った遊びもあって、よく朝までやった。

18年、19年前に思ってこんな生き方があるのかと、本で知って、やってみようと思って、そのあと社会へ出てやった。

実際は、そんな本のようにはうまくいかないことばかり。

本に書いてあることなんてうそばかりだなと働きながらよく思った。

しかし、約20年経ち、あー、本に書いてあったこと、結構当たってるなと思えるようになってきた。

まあ、はずれていることもよくあるが。

■成長するために<2924>
自分の心に熱い炎を燈してくれる本に出会おう。

石ころのように小さな好きなことのモデルをつくり今すぐ行動に移す【小さな成長2918】

好きなことも、モデルチェンジしていく。

小さく始めて、好きなこともモデルチェンジしていこう。

どんどん好きなことのモデルを新しくしていく。

Androidのスマホは、春夏とか秋冬でどんどんモデルが新しくなっていく。

iPhoneも、何年かに1度新しくなる。

自分の好きなことだけ、昔のままではもったいない。

自分の好きなことは、まさに自分が好きで自由に誰に気兼ねすることなくやっていること。

なら、モデルも1週間前からバージョンアップしていても全然おかしくないし、たくさんバージョンアップしたい部分が、好きなことで毎日が埋め尽くされると自然と出てくる。

有言実行には、大きいのと小さいのがある。

大きなでかい目標というのは、一気には達成できない。

しかし、小さな石ころみたいな誰も振り向かないくらいの目標なら、すぐ行動に移せる。

行動に移すというのは、めちゃくちゃ大事だとここ1週間はとてもすごく思う。

やろうと思ったことを行動に移すと、思っていたのと全然違うという新たな発見がある。

すると、ならこうしてみるとどうだろうという次のアイデアが出てきて、新モデルの行動を開始できる。

行動に移すことで、さらに次のモデルへいける。

思っていることを、頭の中で考えているだけでは、旧モデルのままなのである。

■成長するために<2918>
行動に移すせるくらい小さなモデルにしよう。

プチ目標を立てて毎日を楽しく過ごしていく【小さな成長2817】

その日の目標を書き出しましょう。

その日の目標は1つだけにしましょう。

目標がたくさんあるとどれも達成できないまま1日が終わってしまいます。

毎日のプチ目標をつくっていくのです。

プチ目標は小さな目標でいいのです。

ちょっと頑張ればできるようなことにしておきましょう。

プチ目標は、2日続けて同じことは目標にしないことです。

毎日同じ目標だと飽きてしまうし、目標達成というのは楽しくないと続きません。

プチ目標を考えたら、友達に今日はこんなことをするよという話のネタにしてしまいましょう。

翌日になって、どうだった?こうだった。やっぱり無理だった。意外とできたよという話ができます。

職場の仲間だと、職場で話すことは仕事の話になりがちです。

仕事の話ばかりではつまらないし仕事の話は大概愚痴になります。

愚痴や悪口噂話、疲れた暑い寒いというようなことばかりでは仕事が楽しくありません。

仕事は、毎日同じことの繰り返しなのだから、早く仕事を覚えて、楽しく仕事をしましょう。

仕事は覚えないと楽しくありません。

早く仕事を覚えて楽しく毎日を過ごしましょう。

プチ目標は、簡単な目標でいいのです。

できたほうがいいけれども、できなくてもいい。

プチ目標はプチチャレンジです。

目標を何としても達成するとなると気合いが入ってしまいます。

できたら嬉しいかなという目標にして試してみる。

できなければ、もっと目標を下げて試していきましょう。

目標が高いと挫折します。

目標を低くしてできてもできなくてもいいけれども、できればできたらいいなということを楽しみながらやっていくのです。

■成長するために<2817>
プチ目標で、毎日を楽しもう。

目標をつくって慣れてしまった毎日に新たな刺激を与える【小さな成長2774】

目標があるとやる気がアップしてくれます。

毎日同じことの繰り返しではどうしてもあきてくるし、何も目指すものがないというのもつらいのです。

自分の好きなことで目指すものができると毎日が引き締まります。

今までも好きなことをいつまでにと思ってやってきて、でも続けているうちにどうしても何となくになってしまう。

それが、具体的な目標ができるとその目標をどうやってクリアしようかと考えて行動を起こすことができます。

新たな目標ができると、毎日の目覚めも変わってきます。

好きなことを始めた最初のころは新鮮だった日々も毎日を過ごすうちに普通になってしまいます。

毎日刺激があっては疲れてしまいますが、たまに刺激が加わると平凡になってしまった毎日が違ってきます。

本当にできるだろうかと臆病になることはありません。

失敗もあるしうまくいった部分もある。

全部失敗ということはないのです。

今までの中でうまくいった部分に目を向けることです。

うまくいかなかったことはあきらめて、別な発想で取り組むことです。

時間は無限にあるわけではないから何でもかんでもやっている場合でもありません。

的を絞るには今までやってきた経験が必要です。

何も知らないところからでは間に合いません。

今まで何度も挑戦してきて失敗しているから、省けることは省いて目標達成に向け最短距離で進めるのです。

■成長するために<2774>
目標達成に向け、最短距離で前進しよう。