金運を上げるには好き嫌いで決めないようにする。物を捨て毎日掃除することから始める【小さな成長2955】

いくら金運のある高価な物を買っても、掃除ができなければ逆効果である。

好き嫌いで決めるとうまくいかない。

私は、以前好きか嫌いかで決めていた。

好きか嫌いは、自分の環境に左右される。

自分の金運に左右される。

自分に金運がないと、信じられないものを好きになる。

金運を上げるには、好き嫌いで決めないほうがいいと最近分かってきた。

金を生み出す力のなさそうな人間は、金運のなさそうなものを好む。

精神的につらい状況は、よくない。

精神的につらい状況が長く続くと、金運が逃げていく。

旅はいいような気がするが、旅で気をつけることは、よくない運をもらってしまうこと。

自分のレベルを上げていくには、運のないものに近づかないことだ。

運のない人間にも、近づかないこと。

自分の今までの友達、家族、知り合いを見渡してみる。

金をもっていても、金運のなさそうな人間はたくさんいる。

先祖からもらった金運で、今を何とかやり繰りしている輩はたくさんいる。

自分が、今金をもっていなくても、焦ることはない。

しかし、金運がないというのは苦労するから金運は、意識して上げていく。

金運を上げて、金を生み出す力を磨く。

物を捨てると、いい厄落としになる。

新しい物を買う前に、捨てる。

新しい物は、金を生み出す力をもっていそうな物にする。

ただし、自分が金運をもっていないといい物は買えない。

今持っている物を綺麗に捨てて、できるだけ金運のある物を買うようにする。

そのとき気をつけることが、掃除。

掃除のできない人は、物は買ってはいけない。

まずは、掃除を毎日できるようにすること。

いくら金運のあるいい物を買っても、ホコリだらけにしては、余計に金運を下げるだけである。

■成長するために<2955>
金運のある高価な物を買う前に、1年間毎日掃除をできるようになろう。

アイデアは捨てる。アイデアは無限に湧き出てくる本当に好きなら【小さな成長2887】

朝起きてすぐに自分の本当に好きなことを開始することだ。

コーヒー1杯を入れている時間も惜しいと思うことが本当に好きなこと。

好きなことを仕事にというのは大変な気がするようだがそうでもない。

好きなことは自分の仕事にできる。

覚悟も必要はなくて、私は覚悟なんてものは思っていない。

好きなことをするのに、覚悟とか死に物狂いとかそんなものはいらない。

そんな大変なことを考えなければできないようなことは、そもそも好きなことではない。

好きなことは、目が覚めたらすぐにやりたい。

いつ寝たか覚えていなくて、夢中で好きなことを昨日の夜もしていてそのうち寝ている。

肩に力が入っていると、好きなことに勢いがなくなる。

好きなことは考えなくてもできる。

考えている時間がもったいない。

アイデアが、考えないと出てこないようでは、好きなことではないんだ。

好きなことは、アイデアが次から次へと湧き出てきて早くやらないともったいない。

ただし、もったいないからといって、取っておく必要はない。

アイデアは、無限に出てくる。

いくらでも捨てることができる。

そういうことが、自分の本当に好きなことなんだ。

■成長するために<2887>
自分の好きなことは、いくらでもアイデアを捨てよう。

カチンときてすぐに行動しない。よく考え自分の中で納得のいくものにしてから行動を起こす【小さな成長2854】

無理な行動をしていると疲れるし結局うまくいかなくなります。

無理な計画を立てたり目標を設定したりするよりも今の実力でできる方法を考えましょう。

今の自分の力でどうすれば考えていることができるかを考えると知恵をしぼることができます。

無理な行動が好きで無理を自慢してしまいます。

無理なことはたいした自慢にはならないし自慢というのは聞いていてうんざりするのです。

自慢話をしないように気をつけましょう。

初めて出会った人にいきなり自慢話をする人がいます。

適当に話は合わせて聞いていますが、いきなり自慢話から始める人に魅力はありません。

この人とはもう2度と会わないと思います。

自慢話はしないけれどもこの人凄いなと思う人とは、また10年後20年後に会いそうだなと感じます。

人の考えに合わせることはないし人を批判する必要もありません。

批判を始めると時間を無駄に使うことになります。

批判を始めるとムシャクシャしてしまうのでリバウンドして貴重な1日が台無しとなります。

批判せずスルーすることです。

しつこい相手は徹底的に無視することです。

無視することは最初は勇気がいりますが、慣れてくると簡単にできるようになります。

無視できるようになると平常心を保てるようになっていきます。

今まで何か言うにしても心臓がドキドキして手が震えていたのが、心臓のドキドキはなくなり手も震えなくなります。

どうぞご自由にというスタイルでいくことです。

好かれようとは思っていませんからときっぱり言うことです。

文句もその場ですぐに言うことです。

文句を言わずに溜め込むから精神的におかしくなるのです。

ただ文句を言う時には、1回目は我慢することです。

いきなり文句を言うと失敗します。

カチンときた時にそのまま勢いに任せて文句を言うと、この人何?おかしいんじゃないとなってしまいます。

文句を言う前に情報収集をすることです。

文句を言うに値することなのかどうかをよく考えることです。

行動を起こす前に一度よく考えましょう。

行動を起こすのはそれからでも遅くありません。

よく考えて自分の中で納得のいくものにしてから行動を開始するのです。

■成長するために<2854>
よく考えてから動こう。

自分の好きなことに専念していく【小さな成長2789】

自分の好きなことに専念していくことです。

自分の好きなこと以外をやっているといつまでたっても自分の好きなことは前進しないのです。

一生懸命やっていれば、何でもそれなりにできるようにはなるのです。

そこそこできるようになって、そこそこ居心地もよくなって悪くもないかなと思ってしまいます。

好きで何としても達成したいということを最優先に考えて行動していくことです。

そこそこできてしまうことを、真面目にやってはいけません。

好きなことを真面目にやりましょう。

自分の目指すことが形にならないと、いつまでたっても毎日の充実感がないのです。

好きなことを前進させて、毎日を充実させていくことです。

自分の目指すことで、毎日を過ごしていくのです。

■成長するために<2789>
自分の好きなことで、毎日を充実させよう。

好きなことで続けているから勘が働く。簡単で楽なことは本当に好きなことなのか考えてみる【小さな成長2427】

これと決めたことに集中することです。

もっと楽で簡単なことをしようかなと、途中で思う時があります。

自分のやっていることが時間がかかって、時間がかかる割に結果が出なくて、簡単そうなほうへ流されそうになります。

今まで続けてきたことを中断して、楽そうなほうを始めてしまうと、今まで続けてきたことが消えてしまいます。

コンスタントに続けてきたことは、勘が働くようになります。

これはくるというのを、感じるようになるのです。

せっかく詳しくなってきたのに、そこで他のことを始めてしまってはもったいない。

結果が出ないからといって、他のことを始めてしまわないことです。

結果を出すということは大事ですが、その前に自分が好きかどうかということを考えてみることです。

楽で簡単そうなことは、本当に好きなことなのか。

今やっている今まで続けてきたことというのは、好きなことなのです。

好きで続けてきて、でもまだ成果が出ていなくて、隣を見てしまうのです。

うまくいかないことも含めて、好きなことなのです。

時間がかかっても、好きなことを続けましょう。

夜、寝るのが遅くなってしまうようなことが自分の好きなことなのです。

今まで夜寝る前にしていた好きなことを、朝へもっていくのです。

夜は早く寝て、目が覚めたら、すぐに好きなことをスタートしましょう。

朝は何時からという決まりはありません。

目が覚めれば、もうそこからは朝です。

目が覚めれば朝というのを、自分の体に覚えさせるのです。

起床時間を、カレンダーに書いていきましょう。

カレンダーではなくて、日記でもいいし、自分が毎日使っているアプリでもいいです。

早起きをしているつもりでも、ムラがあって、早起きできていない日があります。

バラつきをなくしていきましょう。

毎日記録に残して、1週間後に1人反省会を開きましょう。

続けることができるようになってきたことは、次は安定させていきましょう。

週に3回できるようになってきたら、次は週4を目指してみる。

週4の次は週5というふうに数字を上げていきましょう。

記録に残すことで、どこまでできるようになってきているのかが見えてきます。

好きなことで時間のかかることは、数字もなだらかで成果が目に見えにくいです。

数値を記録して、1週間前はどうだったか。1ヶ月前はどうだったか見ていきましょう。

好きなことをコンスタントに続けることと、数字をよくしていくことを並行してやっていくのです。

好きなことだけれども、結果が出なくて挫けそうになったら、数字を改善する工夫を考えていくことです。

毎日同じ時間に暑くても寒くてもだるくても眠くても続けていく。

続けることで、新たな発見があり、毎日考えていることが、パッと見えてくる瞬間があるのです。

簡単で楽そうに見えることは、やってみるとつまらないのです。

毎朝、早く起きて何年も続けようとは思わないのです。

結果が簡単に出なくても、毎朝早く起きて続けている好きなことを、これからも続けていくのです。

■成長するために<2427>
結果が出なくても、好きなことを続けよう。