寝ているうちに時間は経つ。疲れている時は考えるより寝てしまうことだ【小さな成長3235】

スポンサーリンク

深くは考えないことだ。

いくら考えても答えのないことがある。

いくら考えても答えのないことで思い悩むことはない。

考え過ぎないことだ。

難しいことを考えて心を痛めてはいけない。

難しいことを考えるよりも寝る。

睡眠というのは実にいい。

寝ているうちに時間が経つ。

自分の好きなこと。

自分の世界。

自分が1人になれる空間。

自分の時間。

寝ている時は、1人になれる。

寝て忘れることだ。

■小さな成長<3235>
難しいことを考えるより寝よう。

寝る。とにかく寝る。とことん寝て目指す好きなことの行動を開始する【小さな成長3223】

自分がイメージしていることを実現するにはどうすればいいのかと思う時がある。

簡単に思っていることは実現しない。

思っていることを試していくというのは大事なのだが、思っているうちに月日は流れる。

一年365日は早い。

一日は24時間。

寝る時間に6時間くらい。

寝る時間というのは、快適に生活していくのになくてはならない時間。

寝ることで、翌日の行動へつなげることができる。

寝ることで、イライラやいざこざを回避できる。

イライラしたりもめごとになったりしては、せっかくの毎日がもったいない。

ただでさえ、年々月日の流れが早くなっていくのだから、自分の心が嫌な思いをする時間をつくってはもったいない。

快適に明日の挑戦へつなげるには寝る。

気分が乗らないなら、とにかくたくさん寝る。

とことん寝る。

好きなだけ寝れば、あとは行動するのみである。

なかなか行動できないなら、まだ寝足りないんだ。

自分の体が欲するだけ寝ると良いんだ。

■小さな成長<3223>
とことん寝て、好きなことを再開しよう。

動物の睡眠時間。動物はいつ寝ているのか考えるのも面白い【小さな成長3039】

3日間くらいひたすら寝ていると、仕事をしなきゃなという気になる。

3日間くらい寝ると、さすがに頭が痛くなる。

寝過ぎなのだろう。

ブログかラジオか忘れたが、睡眠時間の取り過ぎも体に良くないというのがあった気がする。

体に良くないというよりも、脳に良くないのだろう。

3日間寝てばかりいると頭が痛い。

ふと思ったが、猫は寝ているのか。

寝ているのか、それとも目をつむっているだけなのか。

猫は、体を休める天才なのだろう。

確か猫は、餌を捕る工夫をしない動物だった気がする。

努力しない発想というのは大事だ。

頭を痛がっている猫を、見たことがない。

私は、猫を家の中で飼ったことがないので、寝過ぎで頭が痛い猫を見たことがないだけなのか。

7時間8時間寝る動物は、人間以外にどんなのがいるのだろう。

牛や犬の睡眠時間は短い気がする。

そもそも、動物は熟睡など本来はしないのだろう。

熟睡していたら、外敵に襲われる。

野生の動物を見る機会がかなり減った。

人間は、70年80年生きる。

人間に比べ、猫や犬や牛は10年生きればかなりの長生き。

動物の睡眠時間。

猫や犬や牛は、生きている時間が人間に比べ短い分普段は寝ないのか。

寝ない分活動時間を増やすのか。

それとも、いつも寝ているのか。

動物の睡眠時間を考えるのも面白いものだ。

■成長するために<3039>
1日動物の様子を観察しよう。

横になって2日間寝る。椅子に座ったままでは熟睡できない【小さな成長3029】

体を休める日が必要と感じるときがある。

3週間くらい毎日休みなく働くと、さすがに体はボロボロになる。

体は疲れ切る。

とにかく時間の許す限り寝たいと思う。

朝起きる時間を気にしながら寝ると熟睡はできない。

椅子に座って寝ても熟睡はできない。

椅子に座って寝ないといけないときがある。

椅子だとほとんど寝ることはできない。

誰が歩いている音。

ドアの閉まる音。

掃除の音。

寝ないわけにはいかないから、椅子に座って目をつむる。

目をつむって目にはタオルを置いて、光を目に入れないようにする。

光が目に入ると脳は休まらない。

光が目に入らなければ、眠れなくても脳は休まる。

寝ないで徹夜すると、次の日仕事中にうとうとする。

眠れなくても目をつむって、目に光を入れない時間を5時間なり6時間なりつくれば、仕事中はかろうじてうとうとしないですむ。

明日が休みというときは起きる時間を気にしないで寝ることができる。

1日休みでは、明日から仕事になる。

2日休むことである。

2日休んでとことん寝る。

横になって寝るというのはとても大事である。

椅子に座ったまま寝るのでは体の疲れは取れない。

横になって手足を伸ばして眠ることにできる場所というのは必要である。

寝る場所と時間。

場所があっても寝る時間がなくては疲れは取れない。

寝る時間を2日つくる。

2日寝て体の疲れを取ることだ。

■成長するために<3029>
横になって寝る2日間をつくろう。

8時間毎日眠れる時間をつくる。睡眠時間を削る生活は精神を蝕む【小さな成長3025】

6時間一度も目が覚めずに寝ることができると気持ちがいい。

寝た気がする。

8時間くらいの余裕を睡眠時間に充てれば、ゆっくり眠ることができる。

前日寝ないと、翌日は眠れる。

1日寝なければぐっすり眠れるが、そういう睡眠の仕方は寝ない時間が疲れる。

体は疲れていれば、体が自然に寝てくれる。

寝るタイミングや起きるタイミングを毎日一定にしておく。

朝、4時半起きも、毎日なら普通になる。

朝4時半に起きるわけだから寝るのも早い。

夜9時には寝る。

私は、最近は睡眠時間を削る生活はしない。

寝る時間を大事にしている。

夜9時前に寝るようにすると夜眠れる。

たまに12時前に目が覚めるが、まだ12時前かと得した気分でもう一度安心して眠ることができる。

睡眠時間を削る生き方は、心が疲弊する。

感情のアップダウンは、精神を蝕む。

睡眠時間が少ないと、感情の起伏が激しくなる。

睡眠時間が少ないと、小さなことにイライラし始める。

睡眠時間が少ないとキレやすくなる。

睡眠時間は、削らないことだ。

早寝早起きは、静かな生活ができる。

心の疲れが癒される。

睡眠時間を削る生活は、そろそろやめにすることだ。

■成長するために<3025>
早寝早起きし、心の疲れを癒やそう。