家族は他人と考える。イライラは家族を破壊する【小さな成長2941】

家族は他人と考えることだ。

仕事で大変だったこと、今まで苦労しないつもりでも苦労したこと、本音を話したり愚痴をいったり家族についしてしまう。

家族なんだからと考えてしまう。

社会の中で我慢している分を、家族にぶちまけてしまう。

会社で我慢した分家族に当たり散らしていては、家族は幸せでなくなる。

イライラは、家族を破壊する。

家族、家庭はすべての礎。

家庭がぎくしゃくすれば、仕事にも身が入らなくなる。

そうなると、家族家庭にさらに八つ当たりという悪循環。

家庭内に不平不満をぶちまけていては、幸せになれるはずがない。

家族や家庭に不平不満をいわないことだ。

家族を他人と考える。

他人に不平不満をぶちまけることはそうそうない。

友達にも不平不満をいってはいけない。

友達に不平不満をいえば、友達の家族、家庭を壊すことになる。

家に帰ってきてまで、我慢したくないという。

家族に八つ当たりしてはいけない。

家族への八つ当たりこそ、我慢しなければいけないのである。

家族に八つ当たりすれば、家族は崩壊する。

家の中に、外でのイライラを持ち込まない。

イライラした状態のまま、家に戻ってきてはいけない。

ストレス発散は、家族や友人とやってはいけない。

1人でストレス発散はやる。

家族や友人には何も話さず、1人で風呂や温泉にでも入って、ストレス発散をすればいいんだ。

■成長するために<2941>
家族や友人の前では、絶対にイライラしないようにしよう。

普段から感じよくは、捨てたもんじゃない【小さな成長2923】

感じ悪くしても、いいことなんてたいしたない。

しかし、同じ世界で同じ職場で毎日同じことを繰り返していると、どんどん感じ悪くなっていく。

なんでどうしてなぜが増えていく。

そういう自分が感じ悪くなっていく世界に、いつまでもいてはいけない。

感じ悪くならないように、感じよくしなきゃというのは、非常に疲れる。

職場では、感じの悪い奴が持て囃される。

普段感じの悪い奴が、たまに感じがいいと、あいつって意外と感じいいじゃんとなる。

普段感じのいい奴が、たまに感じ悪くなると、何あいつ実は感じ悪いじゃんとなる。

職場では、感じのいい奴は、損である。

ただ、だからといってわざわざ感じ悪くすることもない。

わざわざ感じ悪くしないと人間関係が面倒くさい世界は辞めるといい。

感じの悪い奴が、ちやほやされると嫉妬するわけである。

だが、考えてみるといい。

知らない土地で初めて出会う人に、感じ悪くできるか。

せっかく旅に出て、わざわざ感じ悪くして気持ちが弾むか。

職場で、普段感じの悪い奴は、そもそも持っているものは感じがいい部分かもしれない。

しかし、初めての出会いで自分の気持ちが充実するのは、普段感じよくを心がけている人間である。

初めての土地で、感動の出会いがある。

そういう時に、最高の笑顔ができるかどうか。

初めての出会いは、最初で最後である。

一生の記憶に残る出会いがある。

普段から、初対面で感じよくを訓練していないと、いい出会いで活かせないのである。

■成長するために<2923>
堂堂と普段から、感じよくしよう。

辞める決断をして行動を開始する【小さな成長2582】

笑顔でいるというのは、実はかなり疲れます。

笑顔でいるのは、最小限にしておきましょう。

昼間は、笑顔でいないといろいろと面倒な時があります。

なので笑顔でやり過ごしていきますが、その笑顔を続けていくと、精神的に疲れていきます。

笑顔も自分に負担のないように無理はしないようにしておきましょう。

元気を強要される時があります。

元気でいるというのは、とても疲れます。

でも、世の中は元気でいないといろいろと面倒くさいことが多い。

笑顔でいたほうが体にいいと言われても、無理に笑顔をつくることを続けていると、その時間が終わったあとどっと疲れて精神的な負担が大きくなります。

そして、昼間になると無理をして笑顔をつくって、夜は疲れて何もする気が起こらなくて、休みの日は、疲れを取るのに精一杯という状態になる。

また仕事の時は、無理をして笑顔をつくり、仕事が終わったらどっと疲れて夜や休みの日は精神の疲れを何とかして取るという悪い流れにどんどんはまっていく。

元気が苦手な人ほど、無理をして元気でいようとします。

いろいろな本にも、元気を出したほうがピンチを乗り切れるとか体にもいいとかそういうようなことが書いてあります。

そういうことも素直にやって、実際にピンチを乗り切れたり元気になった気がしたりします。

でも、その元気を出す笑うというのを無理をして続けていると、逆に精神的な負担が大きくなっていくのです。

毎日、嫌な時間を乗り切るために無理をして元気になって笑顔をつくって嫌な時間を耐えていくような状況になってしまいます。

無理をして笑顔をつくらなければいけない環境には、長い期間はいないことです。

長い期間そこで過ごせば過ごすほど、何もできなくなっていきます。

耐えに耐えて、でも、そのうちあの人はおかしいと言われるようになって、何もかも嫌になる。

そういう環境を長い期間耐え続けてきたのなら、自分に優しくなりましょう。

周りと合わせることはないし、無理に笑顔でいることもない。自分の思うように自由に生きていきましょう。

自由に生き始めていく時には、何を言われても気にしないことです。

今まで耐えてきた期間の苦しみに比べれば、何を言われてもかわすことなど他愛もないことです。

もし、もう少し耐える必要があるという時には、その期間は我慢をして耐えましょう。

そして、耐える期間を決めて、辞める時には迷わずに辞めましょう。

辞める時までの間に、準備を進めましょう。

辞めたあとのことを想定して、準備しましょう。

辞めると決めると、体が動くようになります。

呪縛から解き放たれます。

同じことを繰り返さないように、できることを試していきましょう。

辞めるという決断が、次のステージへ導いてくれるのです。

■成長するために<2582>
辞める決断を、しよう。

ストレスが1番のピークに達した時、笑顔で耐えて自分を守る【小さな成長2452】

自分の目標に集中しましょう。

環境が変わると、気をつかうところがたくさんでてきて疲れます。

疲れますが、プラスに考えて体や心を慣らす場にしていくのです。

ただし精神が崩壊するような環境の場合は迷わずに、堂々と逃げましょう。

逃げるが勝ちとも言いますから、逃げることは生き残るために大切なことです。

文句を言いそうになったら、そこはぐっとこらえて笑顔でありがとうございますと言って踏みとどまりましょう。

つらい時には、自分の目標を思い出すことです。

目指す目標を思い出して、目標に向かって前進する時間を充実させて、 つらい状況を凌ぎましょう。

一日中何も前進できない日々が続いてしまうと、落ち込みが大きくなって悪循環から抜け出せなくなります。

悪循環に陥らないように、毎日の生活の中で自分1人の時間を確保していくことです。

1日30分でも1時間でもいいから1人になる時間をつくる。

1人になって、目標に向かって前進する時間を何とかして苦しいけれども、毎日つくっていきましょう。

悪い流れに押し戻されてしまいそうな時に、踏ん張って前進していくには、体力がいります。

頑張ろうとする時には、どうしても睡眠時間がなくなってしまいがちです。

寝不足は、一瞬で状況が最悪になります。

キレないようにするには、睡眠時間だけは削ってはいけません。

つらい時期というのは、キレないということが1番大切です。

つらい状況を、十分に寝るようにして耐えていきましょう。

耐えながらも何とかして毎日目標に向かう時間をつくって、少しでも前進させましょう。

つらい時には、耐える寝る前進するです。

歩みだけは止めないようにしましょう。

歩みを止めなければ、時間はかかるけれども目的地に到着できます。

キレてしまって前進できなくなると、そこでストップしてしまいます。

つらい時間を耐えたら、すぐにお風呂に入って疲れを外に出すようイメージして体と心の疲れをとるようにして、その後寝て、目が覚めたら目標に向かって前進しましょう。

つらい時間を耐える時には、笑顔を忘れないことです。

ストレスが1番のピークに達しようとした時に、笑顔になりましょう。

笑顔で耐えて、自分の大切な時間が奪われないように自分を守っていくのです。

■成長するために<2452>
笑顔で、自分を守ろう。

最後まで笑顔を忘れない。笑顔で新たなスタートを切る【小さな成長2316】

好きではないことをしているうちに、時間がなくなってしまいます。

自分がやろうと思っていることができないと、そのうち漠然と日々を過ごすことになります。

悩む時間が増えるのは、うまくいっていないからです。

好きなことが軌道に乗り始めると、悩まなくても試すことがうまく回り出すという好循環に入ります。

うまくいっていないと、試すことが成果が出なくて、落ち込んでいきます。

うまくいかなくて考え方が後ろ向きになって、新しいことに挑戦しようと思わなくなってしまうのです。

時間を確保するには、好きなこと以外はやらないと決めることです。

どうしても好きではないことをやってしまって、時間がなくなってしまうのです。

好きなことだけやると決めても、好きなこと以外もしないといけない時もあって、好きではないことが増えていきます。

迷い始めたら、嫌なことはしないことです。

好きなことを、生活の中心にしていきましょう。

ため息が出るということは、好きなことをしていないということです。

ため息をやめるのではなくて、ため息の出る環境にいるのをやめましょう。

好きなことをしたいけれども、これもあれもと思っていると、何もできなくなります。

好きなことをするために必要なことを始めましょう。

自分のしたいことをするために必要なことを揃えたら、あとはもう悩むこともなくなります。

悩まなくてもいいように、好きなこと以外は考えなくてもいいように、嫌なことは先に解決してしまうことです。

思い悩んでしまうことは先に終わらせて、好きなことで一日を過ごせる生活を手に入れましょう。

楽しいことを、一日の始まりにできるようにしていくことです。

やめますと宣言する

楽しくないことをやめるのは、そんなに難しいことでもなくて、やめますと宣言することです。

人に何か言われたり思われたりするのが気になって、やめられないでいるのです。

やめますと宣言したら、あとは頭を下げておくことです。

円満にやめることが、大切です。

頭を下げて、ありがとうございましたと感謝しながら、やめることです。

頭を深く下げれば、文句を言わずにすみます。

やめるのに、文句を言っても疲れるだけです。

綺麗さっぱりやめて、気持ちよく新たな環境でスタートを切ることです。

次のスタートは、今から始まっています。

気持ちのよいスタートを切るために、最後まで笑顔でいることです。

笑顔でやめて、新たな気持ちで、好きなことを始めるのです。

■成長するために<2316>
最後まで、笑顔でやめよう。