毎日同じ時間に同じことを積み重ねる。とにかく始めることで成果が出る【小さな成長2982】

結果は、簡単には出ない。

簡単には大きな成果は出ない。

毎日淡々と続ける。

基礎体力は、一朝一夕では付かない。

毎日同じ時間に積み重ねることで基礎体力が付く。

継続する力が付く。

毎日毎時間続けることで、成果が出始める。

何かをやろうとしている。

何かを始めている。

続かない。

腰が重い。

そういうときは、時間までにとにかく仕上げる。

とにかく始める。

スタートのテーマやタイトルは考えない。

とにかく始める。

とにかく時間までに終わらせる。

毎日、とにかく始めるとにかく終わらせるを積む重ねる。

毎日同じ時間を何年も積み重ねる。

毎日同じ時間を何年も積み重ねれば、自然と体が動く。

まずは、とにかく始めること。

始めれば、終わらせることができる。

始めないことには、終わらせることもできないのだから。

■成長するために<2982>
とにかく思ったことを、毎日始めよう。

若い人との出会いと共に年配の人との再会も増えていく【小さな成長2920】

私も、いつの間にか43歳になっていて、周りは私よりも若い人が増えた。

まだまだ高級店へはなかなかいけないから、周りで接する人は、20代の若い人が多い。

コンビニへ行けば、バイトをしているのは、深夜は、近くの大学に通っている大学生。

夕方にコンビニへ行けば、近くの高校の女子高生。

日中のパートで見かける人も、私よりも若い人が多い。

若い人にぞんざいな態度をとっていると、敬語が使えなくなる。

敬語は、大切である。

40歳を過ぎて中盤に差し掛かると、若い人と接することも増えるが、同時に年配の人と接する機会も増える。

人生の大先輩たちとの再会が増える。

70歳を過ぎても商売を続けている人。

病で倒れ1年も2年も病と夫婦で支え合い闘い、30年40年続けてきた商売に戻ってきて2人で慎ましく働き続けている。

たぶん、まだ生きていると思うから、またね

痛いとか苦しいとか辛いとかは、一切口に出さず、お客様を最高の笑顔で迎え入れる。

腰が痛くて足を引きずりながら、いつもの商売を続けていた。

■成長するために<2920>
どうやって恩返ししていくか、考えていこう。

今日明日死ぬかもしれない。悔いのないように生きる【小さな成長2892】

変に知っている人ができるとあいさつが面倒くさい。

そういう輩は無視に限る。

最初から無視することだ。

愛想をよくしていいことなど何も起こらない。

トラブルに巻き込まれるだけである。

わけの分からない奴は相手にしないことだ。

ギャーギャーわめいている奴を、あいつはいいところもあるなんて思ってはいけない。

そういう甘いところを見せるから相手がつけあがるのである。

叩き切ることはそういうことをしようとするのは公序良俗に反するからやってはいけないが、おまえ叩き切るぞと無言で睨みつけてやれば雑魚は寄ってこない。

20年前から、パソコン1台あれば何でもできる時代だと言われていたような気がするが、確かに今はパソコン1台あれば生きていける。

そういう時代だ。

スマホがあればなお便利だが、パソコン1台とネットにつながる環境を手に入れれば何でもできるし生きていける。

あとはやるかやらないか。

やれるかやれないかはその人次第。

私も20年前は、どうやってパソコン1台で生きていけるのか想像がつかなかった。

が、今は、リアルに想像できるし実際にやっている。

やりたいと思ったことは簡単にはできない。

18年前にぼんやりと人に話してみたら全否定された。

全否定されてやっぱりやめておいたほうがいいかと思ううちは、やめておいたほうがいい。

まだそういう時期ではないのだ。

18年という月日が経ちスペックは数段上っている。

誰に何と言われてもやる。

まあ、もう誰も何も言わないが。

18年から20年くらい経って、みんな年をとった。

死んだ奴もいる。

今日明日死ぬかもしないわけだ。

やりたいことをやらないともったいないのである。

ただし、公序良俗違反なことはしないように。

■成長するために<2892>
悔いの残らない人生を、スタートしよう。

続かないのが当たり前と考えて新しい方法を試していく【小さな成長2794】

朝、今日の夜は早く寝ようと思います。

寝る前に食べると朝の気分はよくないし朝なかなか起きることができなくなるから夜はできるだけ食べないほうが朝がらくです。

夜食べると朝がつらいというのは分かっているのに夜食べてしまいます。

最近夜は我慢していたからたまにはいいかと思ってしまう。

それで夜食べて朝がっかりする。

そういうことを何度も繰り返します。

いろいろ理由をつけて夜食べてしまうわけです。

それでも、夜を変えたいという思いがあります。

仕事が遅かったり大変だったりすると食べて飲んでストレスを発散してしまいます。

食べたいという欲求はなかなか抑えることができません。

なかなか毎日の習慣は変えられないわけですから、逆にいろいろ毎日違う方法を試していきましょう。

毎日同じことをしていれば飽きて当たり前です。

夜食べてしまうというのは、今までやってきたことに飽きてきたのです。

こうすればうまくいくということはなくて、飽きてしまえば続かなくなります。

続ける期待をしないことです。

続かないのが当たり前と思っておくのです。

続かないのが当たり前と思えばがっかりも少なくてすむのです。

■成長するために<2794>
続かないのが当たり前と思って、がっかりを減らそう。

好きなことは誰も振り向かないようなこと【小さな成長2776】

人と同じことをすることはないんだなあと、自分の好きなことを貫いて60年70年生きている人の話を聞くと思います。

人と同じことをすることはないし人がびっくりするようなことをして目立つこともありません。

毎日例えば時間があるのは仕事が終わって夜中で、自分の好きなことをするのも丁度夜中が都合がいいから毎夜淡々と続けているというようなことです。

好きなことを続けるというのは淡々としています。

朝でも夜でも自分の好きなことをするのはよくて、続けようと思って続けるわけでもなくて、こうしたら好きなことに熱中してできるかなと思って始めたら自分が思っていたのは違ったというようなことです。

夜が遅くても好きなことをしていると朝は早く目が覚めます。

それでも、自分よりも早く起き始める人がいて朝早い人の小さな音で目が覚めます。

朝早い人は、いつも同じ時間に音が聞こえてくるので目覚まし代わりになります。

朝目が覚めてラジオをつけて少しボーとしながらコーヒーを入れて1日が始まって、そのうち頭も回り始めます。

淡々と好きなことを朝スタートするというのがいいなあというのが、朝のラジオを聴いていて思う。

小さなことを淡々と毎日続けましょう。

好きなことは、誰も振り向かないようなことです。

夜も遅くまで思わず続けてしまうようなことです。

続けているうちに40年50年たっていたというのは、毎日気合いを入れていては続きません。

淡々と今日も好きなことを静かに始めていくうちに、いつの間にか40年たっていたというのが肩に力が入っていなくていいのです。

■成長するために<2776>
淡々と静かに今日も好きなことを始めよう。