好きなことは誰も振り向かないようなこと【小さな成長2776】

スポンサーリンク

人と同じことをすることはないんだなあと、自分の好きなことを貫いて60年70年生きている人の話を聞くと思います。

人と同じことをすることはないし人がびっくりするようなことをして目立つこともありません。

毎日例えば時間があるのは仕事が終わって夜中で、自分の好きなことをするのも丁度夜中が都合がいいから毎夜淡々と続けているというようなことです。

好きなことを続けるというのは淡々としています。

朝でも夜でも自分の好きなことをするのはよくて、続けようと思って続けるわけでもなくて、こうしたら好きなことに熱中してできるかなと思って始めたら自分が思っていたのは違ったというようなことです。

夜が遅くても好きなことをしていると朝は早く目が覚めます。

それでも、自分よりも早く起き始める人がいて朝早い人の小さな音で目が覚めます。

朝早い人は、いつも同じ時間に音が聞こえてくるので目覚まし代わりになります。

朝目が覚めてラジオをつけて少しボーとしながらコーヒーを入れて1日が始まって、そのうち頭も回り始めます。

淡々と好きなことを朝スタートするというのがいいなあというのが、朝のラジオを聴いていて思う。

小さなことを淡々と毎日続けましょう。

好きなことは、誰も振り向かないようなことです。

夜も遅くまで思わず続けてしまうようなことです。

続けているうちに40年50年たっていたというのは、毎日気合いを入れていては続きません。

淡々と今日も好きなことを静かに始めていくうちに、いつの間にか40年たっていたというのが肩に力が入っていなくていいのです。

■成長するために<2776>
淡々と静かに今日も好きなことを始めよう。

毎日続けようと思っていることは、夜寝る前でもできるくらい簡単にする【小さな成長2559】

1日が始まったら、朝しようと思っていたことをさっそく始めましょう。

45分くらいでできることを毎日続けましょう。

朝の短い時間でできることをコツコツ毎日続けましょう。

朝、難しいことをしようとすると続きません。

ぼーとしながらでもできることを続けていくことです。

毎日続けることは、気合いを入れるようなことはではありません。

気合いを入れなければいけないようなことは、疲れるので続かないのです。

できるだけ自然に無意識にできるような状態にしていきましょう。

ご飯を食べたり歯を磨いたりすることは自然なことです。

頑張ってやろうとすることではありません。

お風呂に入るのも頑張ってすることではありません。

毎日続けることは頑張ろうとしなくてもできる状態にしていきましょう。

いいも悪いもなくて、ただ淡々と続けるということを考えて続けていくのです。

毎日続けることは、気合いを入れるのをやめることです。

気合いを入れれば、できるしそれなりに結果も出せます。

しかし、そういう気合いを毎日365日、10年も20年も毎日できるかというと、そんなことはできないし、毎日続けようとはとても思えません。

リラックスしながら、ボーとしながらいつの間にか始めているようなそういう状態でもできることを続けていくことです。

本当に続けようと思っていることは、気合いを入れないことです。

頑張らないことです。

好きなドラマや映画を見ているような感覚で、毎日やろうと思っていることを始めていくことです。

どんなに体調が悪くても歯磨きは毎日しています。

体調がよくないから今日は歯を磨くのはやめておこうとは思いません。

歯を磨かないと気持ちが悪いし気持ちが悪いという感覚もなく、歯は磨いています。

そういうものを見つけるというのが、難しいです。

自分が続けようと思っていることを、歯磨きのように続けられるようにしていくことです。

面倒くさいことでは続きません。

いろいろ準備しなければいけないことも続きません。

歯ブラシと歯磨き粉があれば歯磨きができるように、自分が続けようとしていることも簡単にしていくことです。

歯磨きは、気合いを入れて準備をしてやっていることではありません。

疲れてもう寝ようと思う時に、ごそごそ始めるようなことです。

自分が毎日続けようと思っていることも、疲れてもう寝ようという時に始めてみることです。

その時に、やろうと思えないなら、まだやり方が難しいのです。

もっと簡単に楽にできる方法にしていくのです。

毎日続けようと思っていることは、寝る前の疲れている時でもできるようなにしていくことです。

気合いを入れて始めようとしていることは、続かないのです。

■成長するために<2559>
毎日続けようと思っていることを、夜寝る前にやってみよう。

モチベーションのことを考えないでやっていることを毎日淡々と続ける【小さな成長2498】

モチベーションを高めようとしないことです。

モチベーションを高めようとしなければいけないことというのは、そもそも好きなことではないのです。

モチベーションを高めようとしなくてもやっていることを考えてみることです。

好きなことはモチベーションのことは考えないでやっています。

朝起きてぼーとしていて、眠いしだるいし体が重いという時でも、起きだして歩きだして、コーヒーを飲みながら始めようと思わなくても始めていることが好きなことです。

だるくてもやっていることを、続けることです。

だるいし体が重いし体調が悪いしという時でも毎日続けていることが、実は好きなことです。

好きなことは、好きなことと意識しないで毎日続けていることです。

淡々と毎日できることを、見つけましょう。

365日淡々とできることを探しましょう。

今日も思ったようにはいかなくてがっかりしてしまうけれども、それでもまた明日もやっていることを明日もあさっても続けていくのです。

憂鬱でも続けていることを、体がだるくてもやっていることを淡々と毎日続けていきましょう。

淡々と毎日続けていることは、モチベーションのことなど考えないでやっています。

毎日続けていることは、疲れるというようなことも考えません。

疲れていてもやっていて、疲れるしんどいというようなことを考える対象にならないのです。

疲れるしんどいと思うようなことは、モチベーションを高めてやっていることです。

扉を開ける前に、気持ちを切り替えてモチベーションを高めてとやっていることは、そこまでたどり着くまでに気持ちはどんどん憂鬱になっていきます。

でも、扉の前にきたらやる気を出していかないといけないから、気持ちを切り替えてモチベーションを高めていかないといけない。

そして、終わって扉を開けて出た後は、ぐったりと疲れる。

寝て疲れを取って、また重たい足取りで扉へ向かう。

そういうアップダウンを繰り返していると、おかしくなります。

毎日淡々と続けていることは、そういう気持ちのアップダウンがありません。

むしろぼーとしながらでも始めていくうちに、気持ちが少し軽くなってくれるようなことです。

そういうぼーとしながらでも、毎日続けられるものを、続けていくのです。

■成長するために<2498>
だるくてもしていることを、続けよう。

目が覚めたら集中して1日をスタートする。毎日続けて4ヶ月後に結果を出す【小さな成長2492】

毎日のペースを早めていきましょう。

ペースをアップして、次の目標さらに次の目標と終わらせていきましょう。

疲れたら休めばいいのです。

眠たくなったら寝るといいのです。

休息を取った後、寝た後に加速するのです。

集中力は1日中は持ちません。

1時間2時間と集中すれば、集中力が低下するのは当たり前のことです。

やる気はどこにいても高めることができます。

実は、机に向かわなければやる気が出ないというわけでもなくて、机に向かっていなくても座っていても寝ていてもやる気は出すことができます。

やる気と同じように継続する力もモチベーションを高く保つことで、続けることができます。

一仕事終わった後、少し休憩しようという気持ちは誰にでもあります。

休みたい気持ちがある時には休むといいのです。

休んで、気持ちを切り替えてもう一度集中する。

我慢しながら続けても集中できません。

集中する時には徹底的に集中して休む時には思いっきり休んで、疲れを取って再度集中していく。

集中できない時に無理をして集中しようとするよりも、集中できる周期を早めていくのです。

1日の中で集中できる時間というのがあります。

その集中できる時間がくるペースを早めていくのです。

ペースを早めていって、1秒でも無駄にできないぞという気持ちへ持っていくのです。

疲れているところから集中するというのは楽ではありません。

寝て体調を元に戻してから集中するほうがらくです。

気持ちが乗って入る時というのは頑張れるのです。

休んだ後に気持ちを乗せていきましょう。

疲れている時に前進しようとしても、時間を有効に使えないし集中力も高まらない。

しっかり休んで、休んだ後に集中して取り組む。

疲れを取った後ならよしやるぞという気持ちも出てきて、モチベーションを上げやすいのです。

寝た後に長く集中してみましょう。

寝た後の目覚めてからがチャンスです。

昨日よりも今日、長く集中してみましょう。

昨日よりも今日、早く起きてみましょう。

1週間前と比べてもあまり差はありませんが、1年前と比べると、確実に前進できています。

続けていることは、前へ進んでいるのです。

今日も集中していきましょう。

残り4ヶ月間毎日前進を続けて、目指している目標に何としても到達するのです。

■成長するために<2492>
毎日前進して、4ヶ月後に結果を出そう。

目標を達成した自分をイメージしながら1週間ごとの行動をチェックし目標を達成する【小さな成長2430】

気持ちの切り替えの日をつくったら、そこから続けていきましょう。

翌日も継続することです。

3ヶ月というのは、モチベーションを高めていく上で大事です。

3ヶ月後の目標を意識していきましょう。

3ヶ月後というのを、いつでも設定するといいのです。

目標を定め直すことで、モチベーションが上がります。

6ヶ月後はすぐにきてしまいますが、その前の3ヶ月後の目標を意識して、3ヶ月後を意識したら、その前の1ヶ月後、1ヶ月後を見据えたら半月後、1週間後というふうに各期間での目標を見直していきましょう。

その日の目標というのが、毎日あります。

今日1日で取り組むことというのがありますから、その日の目標をクリアしていくために早く起きて行動を開始しましょう。

1日の集中力を高めていくには、スタートを早くしていくこと、スタートしたら最後まで終わらせることを意識しましょう。

早起きはできるようになります。

やろうとしていることがあって、何としても結果を出そうと強く思っていると目が覚めたら起きようと思えて、実際目が覚めたら起き出すことができるようになります。

早く起きることができるようになったら、今度は、継続して早く起きることです。

毎日早く起きましょう。

毎日早く起きて、その日その日のやることを終わらせていきましょう。

毎日の起きた時間やその日取り組んだことを簡単にメモして見直しできるようにしていきましょう。

1週間続けて書いていくと、頭の中で思っていることが実際にできているか見えてきます。

何ができていて何ができていないかをチェックして、修正していきましょう。

できていないことには、原因があります。

やろうと思えばできることができていない時には、どこに問題があるのか自分を見つめ直すことです。

できないと悩むよりも、できない原因を書いてみて何ができていて何ができていないかをメモしていくと、意外とできていないというわけでもないということに気づきます。

できないという気持ちが前にきてしまっていて、できている部分が見えなくなってしまうのです。

10あったらいくつできているのかチェックしていきましょう。

1週間に1度、見直す時間をつくりましょう。

1週間ごとにチェックして翌週に向けて修正していくのです。

チェックする曜日と時間をあらかじめ決めておきましょう。

カレンダーに書き込んでおいて、その時間がきたら、1週間の見直しをしましょう。

毎週必ず見直しをして、次の1週間、今月の目標2ヶ月後3ヶ月後半年後の目標を達成していくためにやり方を工夫していきましょう。

早起きや毎日の行動を継続して安定して行なっていけるよう、何としても半年後、今年中に結果を出せるよう集中していくことです。

目標を達成したあとの自分をイメージしておきましょう。

もうできている自分をイメージしておくというのは大切です。

もうできている自分とそれに追いつく自分がいて、切磋琢磨していくのです。

■成長するために<2430>
目標を達成したあとの自分をイメージして、前進しよう。