毎日続けていることをゆっくりやる。ゆっくり100回200回繰り返す【小さな成長2964】

時間を決めて仕事をする。

時間を決めて仕事をすることだ。

私が8年前から配信しているこのメールマガジン『一日一読 小さな成長メルマガ』は、毎日の仕事。

毎日配信すると決めて、もう8年が過ぎた。

早いものだ。

この間、旅をしている最中に1ヶ月半ほど配信できなかったが、それ以外は毎日8年間配信してきた。

基本これからも、このメールマガジンは、毎日配信していこうと思っている。

毎日続けると、何がいいのだろう。

8年続けていても、これがいいですとは言えない。

毎日続けるというのは、面倒くさいことである。

掃除にしても、掃除をしたくない日がある。

このメールマガジンを、これからも毎日配信できるかは分からない。

あまり片意地を張って気合いを入れると疲れる。

疲れるやり方は続かない。

このメールマガジンを配信し始めた頃は、気合いが入っていた。

今は、まったく気合いは入れていない。

全力投球を意識して、毎日生活した時期もあった。

野球選手やスポーツ選手の超一流が、全力で試合に臨む。

ああいう真似は、かなりしんどい。

もっと楽に毎日続けることだ。

そのうちああいう超一流になれればいいかなくらいのことを、心の隅に思っておく。

手抜きは、どんどんやることだ。

掃除を全力投球てやっていると突き指する。

仕事も、走ってばかりでは指先を怪我する。

怪我をしては、続けられなくなる。

怪我をしないように、動作をもっとゆっくりにしてみる。

ゆっくり毎回同じ動作を繰り返す。

10回20回100回200回と淡々と続けていくと、ゆっくりでも筋肉痛になる。

続けられるペースで、毎日淡々とゆっくりやっていくことだ。

■成長するために<2964>
ゆっくり、毎日続けよう。

一日一読 小さな成長メルマガ配信登録・解除
【PCからは】⇒http://www.mag2.com/m/M0087613.html
【携帯からは】⇒http://mobile.mag2.com/mm/M0087613.html

★最新エントリ★

●ホームレスを馬鹿にしない。ホームレスになりたくてなる人はいない【小さな成長2963】

ホームレスを馬鹿にしない。ホームレスになりたくてなる人はいない【小さな成長2963】

●心が折れたら綺麗な場所で未来へ向けた決断をする【小さな成長2962】

心が折れたら綺麗な場所で未来へ向けた決断をする【小さな成長2962】

●心も壊れるのが自然なのか。好きなことをすぐ始めないのは老い。暇な時間をつくる前に行動開始だ【小さな成長2961】

心も壊れるのが自然なのか。好きなことをすぐ始めないのは老い。暇な時間をつくる前に行動開始だ【小さな成長2961】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎発行者 しまぷー
◎ホームページ http://s115.jp/
◎ツイッター https://twitter.com/Shimapoo_jp/

※本メールマガジンの著作権は、発行者しまぷーに帰属する。
私的利用の範囲を超える使用の場合は、発行者までメルマガ返信にて連絡要。

※行動、決断などは、自身の責任で行うこと。
本メルマガに起因する如何なる損害や損失などに対して、発行者は責任を負わない。

※人生はフィクションのようなもの
本メールマガジンはフィクションである。実在の人物や団体などとは関係ない。

Copyright (C) 2008-2017 s115.jp All Rights Reserved.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

腹が立ったら口を開く前に寝る【小さな成長2937】

喧嘩になる前に寝る。

腹が立ったら、口を開く前に寝る。

腹が立ったら、話す前に寝る。

腹が立ったら寝るのが一番。

腹が立っているときに話したら負けである。

相手を立てておけばいいんだ。

腹が立ったら、笑い飛ばす。

笑ってんじゃねえっといわれても、笑っておく。

自分が一番キレやすい時間帯を知ることだ。

自分は、どういう時にもろいのか。

自分を知るのは、簡単なようで難しい。

頭で考えているのと、実際やることは違う。

追い込まれているときに、素の自分が出る。

■成長するために<2937>
追い込まれているときは、我慢しよう。

今日明日死ぬかもしれない。悔いのないように生きる【小さな成長2892】

変に知っている人ができるとあいさつが面倒くさい。

そういう輩は無視に限る。

最初から無視することだ。

愛想をよくしていいことなど何も起こらない。

トラブルに巻き込まれるだけである。

わけの分からない奴は相手にしないことだ。

ギャーギャーわめいている奴を、あいつはいいところもあるなんて思ってはいけない。

そういう甘いところを見せるから相手がつけあがるのである。

叩き切ることはそういうことをしようとするのは公序良俗に反するからやってはいけないが、おまえ叩き切るぞと無言で睨みつけてやれば雑魚は寄ってこない。

20年前から、パソコン1台あれば何でもできる時代だと言われていたような気がするが、確かに今はパソコン1台あれば生きていける。

そういう時代だ。

スマホがあればなお便利だが、パソコン1台とネットにつながる環境を手に入れれば何でもできるし生きていける。

あとはやるかやらないか。

やれるかやれないかはその人次第。

私も20年前は、どうやってパソコン1台で生きていけるのか想像がつかなかった。

が、今は、リアルに想像できるし実際にやっている。

やりたいと思ったことは簡単にはできない。

18年前にぼんやりと人に話してみたら全否定された。

全否定されてやっぱりやめておいたほうがいいかと思ううちは、やめておいたほうがいい。

まだそういう時期ではないのだ。

18年という月日が経ちスペックは数段上っている。

誰に何と言われてもやる。

まあ、もう誰も何も言わないが。

18年から20年くらい経って、みんな年をとった。

死んだ奴もいる。

今日明日死ぬかもしないわけだ。

やりたいことをやらないともったいないのである。

ただし、公序良俗違反なことはしないように。

■成長するために<2892>
悔いの残らない人生を、スタートしよう。

続けようと気合いを入れると続かない。1日で終了してもいいやというくらいの気持ちでいることだ【小さな成長2880】

続けるというのは大変で、生活が変わると続けることができなくなります。

環境が変わっても続けられるようにしていくには、毎日続けようとすることは最低限にしておくことです。

掃除というのも、毎日続けるのは大変。

3年くらいできたことでも、そのあと住むところ仕事、人間関係が変わって続けられなくなる。

毎日続けるにはたくさんやらないことです。

玄関の掃除というのも、続けるのが難しい。

新しいことを始めようとする時は、往々にして気合いが入っている。

気合いを入れて始めたことというのは続かない。

今まで自分の生活を振り返ってみると、気合いを入れて始めたことは続いていないのです。

何かを毎日やろうと思った時には、気合いは入れないことです。

そして、毎日続けようとも思わないことです。

毎日続けるというルールは、続けるのが大変です。

そういうルールは、最初からつくらないことです。

何となくやってみようかなと思ったことを何となく始めていくのです。

いつやめてもいい。

明日できなくてもいい。

今日始めて今日終わりになってもいい。

それくらいの軽い感覚で始めていくのです。

だらだら続けているうちに、8年くらい気づくと続けられていたり続けられていなかったりする。

5年くらい毎日続くと、続けないのももったいなくからまあやっておくかというくらいの気持ちもでてきて何となく続けられるようになる。

いつやめていい。

それくらいの気持ち、1日で終了それくらいの気持ちでのんびり始めてみるのです。

■成長するために<2880>
明日できなくてもいいやというくらいの気持ちでいよう。

自分の生き様を大事に毎日を生きていく【小さな成長2858】

遠回りはしたけれども、それはそれでよかったのかなと思う時があります。

20年前は、凄い人のことを凄いなと思うことが多かったけれども、最近は20年前に凄いと思っていた人が凄いとは単純には思わなくなってきた。

メルマガも始めた当初は、メルマガを配信している読者数が7千とか1万とか、そもそもメルマガを配信していること自体が凄いなと思ったけれども、相互紹介の依頼をすると、丁寧に対応してくれる人もいたが、高飛車な人、メルマガの最後にただひな型を貼り付けただけのような人と、感動よりもがっかりすることが多かった。

メルマガを始めた時はテンションも高い。

でも、そのうち疲れてきて疲れる割に読書はたいした増えないので、ただ毎日淡々と書くことにした。

私のメルマガも毎日書き続けて、今年の11月で丸8年になる。

記事の数は2850を超えた。

一気に2850ページを書くのは無理だけれども、無理せず毎日コツコツ書いていけば、10年で3650ページを超える。

このお盆の時期、時間ができたので久し振りにメールを開いて要らないものは整理しようと思った。

相互紹介で受信するようにしていたメルマガもどれも読んでいないので購読は解除することにした。

相互紹介をしたメルマガで続いているのは限られている。

メルマガを続けるのは難しいんだなと思ったりもする。

相互紹介で感動したのは1人だけである。

まだ読んでいるのは彼女のメルマガだけである。

彼女に相互紹介のメールを送った時に英語で返信がきて、実際の相互紹介もめちゃくちゃ感動したのを今でも覚えている。

あれは、東京飯田橋で昼食をとっている時だった。

客が気に入るように書いているメルマガは読んでいてもつまらない。

その人の生き様が出ているメルマガは、読んでいて新たな発見がある。

10年で1人くらいいい出会いがあれば、それで十分なのではないだろうか。

■成長するために<2858>
自分の生き様を、大事にしよう。