今日しなければいけないことを先に終わらせる。必ずしなければいけないことは結局しなければいけない【小さな成長3108】

近い目標をつくって、前進していく。

遠い目標と近い目標の両方を用意する。

近い目標の手前にやらなければいけないことがある。

やらなければいけないことは、結局必ずやらなければいけない。

そういう必ずやらなければいけないことは、後に残すと面倒なので先に終わらせる。

やらなければいけないことを終わらせることを考える。

やらなければいけないことを終わらせるのに、今日しなければいけないことを考える。

時間があればと考えるが、時間は待っていても増えない。

今ある時間でできることをやるしかない。

今ある時間で何年かかるか考える。

今日どれだけの時間をかければ何年で終わるのか考える。

今日何もしなければ、何も終わらないのだから。

■成長するために<3108>
今日しなければいけないことをしよう。

一つに集中する。どうでもいいことに神経は使わない【小さな成長3075】

のんびりというのはいいものだ。

待ち合わせものんびりする。

見知らぬ土地見知らぬ場所。

どうでもいいようなことは忘れる。

自分がいつも見る景色とはまったく違う景色。

過ごしやすい季節になった。

いろいろなことを考えるというのは疲れる。

いろいろなことを考えてもどれも実はどうでもいいようなこと。

一つを成功させる。

一つに集中する。

いろいろなことを考え始めたら全部やめる。

全部やめにして、一つのことに集中する。

一つを短期間に集中してやる。

一日の中で集中してやる。

集中してやったあとはのんびりする。

いろいろなことを考え始めるとのんびりしている暇がない。

どうでもいいようなことに神経を使わないことだ。

■成長するために<3075>
全部忘れよう。

迷ったら進むのをやめる。引き返して安全なルートを進む【小さな成長3008】

失敗したなと思うときは、次からやらなければいいだけの話。

迷ったあげく失敗するときがある。

自分の思い込みで間違える。

一度失敗しても、懲りずに同じようなことをする。

これは前もやったような気がするというのは当たっている。

そこから先は、前進するのではなく引き返すことだ。

次こそはうまい抜け道があるのではないかと勘違いする。

うまい抜け道はなく、今回も行き止まりなのだ。

引き返して安全なルートを進むことだ。

■成長するために<3008>
迷ったら、引き返そう。

面白い仕事はない。仕事に期待しない。仕事は楽しくないのが当たり前【小さな成長3004】

仕事に楽しみを求めると仕事が嫌になる。

仕事は楽しくないのが当たり前である。

自分の時間を売って金に換えているのである。

ああなったらどうしよう。こうなったらどうしようと、いろいろ悩むことはない。

仕事は、悩まなくていいようにできている。

無理をしないのが一番である。

自分のペースで仕事をするのが一番である。

仕事ができないと思われているんじゃないかなんて考えるから仕事ができなくなる。

堂堂と自分のペースで仕事をするといいんだ。

達人は、誰に迷惑をかけようが関係ない。

常にマイペースだ。

マイペースで、人生60年を貫いている。

見習いたい肝の据わった人物だ。

どこに行っても、淡々と仕事を自分のペースでこなす。

仕事を速くやらなきゃなんてことは考える必要はないんだ。

速くやってもマイペースでやっても、貰える金は同じである。

人を扱き使う奴の悪魔の囁きに騙されてはいけない。

人並み以下で丁度いい。

人並み以上に仕事ができると面倒くさい。

同じ時給で面倒くさいことを頼まれる。

いくら仕事をしても時給は変わらない。

いくら仕事をしても、クビになるときはクビになる。

いちいちテンションを上げながら仕事をしているとうつ病になる。

仕事は、淡々とやることだ。

朝から晩まで同じことを繰り返すのが仕事だ。

テンションを上げながらやっていては体が持たない。

いちいち毎日テンションを上げながら仕事をしていては心が持たない。

静かに淡々とやる。

静かに淡々と時間が過ぎるのを待つ。

仕事は、面白くないのが普通なんだ。

面白い仕事というのはないと思っておけば気が楽だ。

実際、面白いと思うような仕事はないのだから。

■成長するために<3004>
仕事に期待するのはやめよう。

寝て食べて働くを充実させる。うまくいかないときには【小さな成長2995】

自分の好きなことを続けていくには、休息や食べ物が必要である。

車も、メンテナンスしないと壊れるし、燃料がないと走らない。

人間も、毎日寝ないと動けないし、食わないと力が出ない。

好きなことをするには、毎日の睡眠や食は欠かせない。

腹が減っていては、やる気もでない。

腹いっぱいに食べることはない。

疲れたときは、休憩がいる。

休憩しないで、8時間ぶっ通しでは倒れはしないまでも、ふらふらする。

もしかすると、本当に倒れる。

4時間連続で働くのも無理がある。

毎日続けるには、毎日安定した生活がいる。

普通に寝て普通に食べて普通に働く。

当たり前のことなのだが、当たり前のことが当たり前にできないときがある。

いろいろことを試しても、うまくいかないときがある。

そういうときは、基本の寝る食べる働くを充実させることである。

■成長するために<2995>
寝て食べて働こう。