急ぐより休む。急いで一生をおかしくするより休んでのんびり好きなことを再開する【小さな成長3072】

何か違うと感じることがある。

違和感を覚える。

何か違うと感じる時は寝て、目覚めてから考え直す。

目覚めた後、違うと分かる。

何か違うと思う時は待つ。

急ぐことはない。

走ろうかと思った時は立ち止まる。

青の点滅を待つ。

急ぐと事故を起こす。

事故を起こすと一生がおかしくなるビデオを免許証の書き換えの時に見る。

急ぐと一生がおかしくなる。

行動を起こす時でも、おかしいと思うことは身の回りで起こる。

偶然を大事にしない。

偶然を何かいいことが起こると思うのは間違いの元。

行動を起こす時でも、行動を起こさない。

待って、次を見る。

急ぐと一生がおかしくなる。

3日くらいゆっくり休んで、それから好きなことを再開する。

急ぐより休むことだ。

■成長するために<3072>
急ぐより寝よう。

迷ったら進むのをやめる。引き返して安全なルートを進む【小さな成長3008】

失敗したなと思うときは、次からやらなければいいだけの話。

迷ったあげく失敗するときがある。

自分の思い込みで間違える。

一度失敗しても、懲りずに同じようなことをする。

これは前もやったような気がするというのは当たっている。

そこから先は、前進するのではなく引き返すことだ。

次こそはうまい抜け道があるのではないかと勘違いする。

うまい抜け道はなく、今回も行き止まりなのだ。

引き返して安全なルートを進むことだ。

■成長するために<3008>
迷ったら、引き返そう。

敗者の言葉「やっても無駄」。行動力をなくさず挑戦する。無駄かどうかはやってみなければ分からない【小さな成長2999】

自分が挑戦し失敗した。

現実を思い知る。

やっても無駄と諦める。

諦めると行動力がなくなる。

挑戦しなくなる。

行動力をなくさないことだ。

挑戦することだ。

無駄をしないようにしようとすると、行動力がなくなる。

わざわざ無駄なことをすることはないと思うときがある。

「無駄かどうかは、やってみなければ分からない」

約15年前、20代後半の頃、20代前半の女性に言われた言葉である。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

仕事を一通りこなすと、やっても無駄と感じることがある。

自分がやって失敗した。

失敗の経験があると、やっても無駄と切り捨てる。

その女性に「やっても無駄だよ」と言った。

「無駄かどうかなんて、やってみなければ分からないじゃないですか」

と言い返された。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

自分の失敗を、人に押しつけてはいけない。

人生を賭ける挑戦をし、戦いに敗れる。

同じ道を辿ろうとする若者に、お前らにできるわけないだろと言う。

私も19歳になろうという年に、40代の敗者に言われた。

「やっても無駄だ」

「お前らにできるわけないだろ」

自分ができなかったことを、若者に偉そうに言ってはいけない。

その40代の敗者は、旧帝国大学で博士までとった成功者である。

博士をとり、さあこれからという段階になり、戦いに敗れた。

自分の才能の無さを思い知る。

現実は、そんなに甘くないということを知る。

上には上の秀才がいる。

信じられない頭脳を持つ天才がいる。

現実を知り、挫折する。

負け組。

負け組、敗者。

敗者のままではいけない。

敗者なら敗者らしくしていることだ。

これからという若者に、戦いに敗れた敗者が分かったようなことを言ってはいけない。

やっても無駄というのは、行動力を失った敗者の言葉なのである。

■成長するために<2999>
20年前敗れたことに、再挑戦しよう。

考えていても迷いは消えない。考えるより行動することだ【小さな成長2991】

立ち止まらないようにする。

立ち止まって考えると、いいことがあるようで大したいいことはない。

止まると、迷いが多くなる。

行動することだ。

行動に移していくことだ。

立ち止まると迷い始める。

迷っている時間がもったいない。

歩くと気分転換になるのは、行動しているから。

ずっと座っていると、色々なことを考え始める。

じっと考えるのは、何もすることが無くなったときにする。

やることが毎日あるときには、考えない。

疲れて寝てしまうぐらいが丁度いい。

寝ると疲れがとれる。

寝るのは薬になる。

寝ると楽になる。

毎日、必ず寝るようにする。

徹夜はしないことだ。

徹夜すると、いい仕事ができない。

無駄な喧嘩が起こる。

疲れたら寝る。

寝てから行動する。

毎日の行動を積み重ねていくには、行動力が欠かせない。

疲れてくると、口で呼吸し始める。

意識して鼻で呼吸してみることだ。

疲れてくると、下を向き始める。

意識して顔を上げてみることだ

疲れてくると背中が丸まり始める。

意識して背筋を伸ばすことだ。

意識して行動していると、心地よい疲労感がある。

疲れたら、寝たらいい。

心地よい疲れのあるほうが、気持ちが充実する。

気持ちが充実し、さらなる行動へつなげることができる。

嫌な思いをしたらどうしようと悩むことはない。

嫌な思いをしたら、もうやらなければいいだけのこと。

嫌な思いをしたら、迷いが1つ減る。

もう二度とやらないと決断できる。

考えるより、今すぐ行動を開始することだ。

■成長するために<2991>
考えるより、行動しよう。

ガキにならないよう気をつける。待って最短距離を摑む。思ってもすぐに始めないことだ【小さな成長2980】

自分の感覚を信じない。

自分の感覚は信じないことだ。

自分の感覚というのは怪しいのである。

決断するときは、それで間違いないと思って決断する。

実際は、追い込まれて決断する。

追い込まれて決断したものは間違いである。

間違いではないと思っている時点で間違っている。

自分が正しいと思ってやっていることを否定されると腹が立つ。

腹が立つということは、図星を指されたのである。

腹が立ったら省察するいい機会だ。

腹が立つということは、短慮ということ。

短慮とは浅はかということ。

相手の思う壺。

ガキは、待つことができない。

早く早くと強請る。

ガキにならないよう気をつけることだ。

何かしたいと思ったとき、思ったらやらずにはいられないのはガキと同じである。

金がある分、ガキよりも厄介だ。

失敗は、敢えてすることはない。

最短距離のイメージは大事だ。

待って、最短距離を手に入る。

待って、最短距離を摑むことだ。

■成長するために<2980>
じっと待って、最短距離で行こう。